秋生まれの女の子の名前260選!珍しい漢字・自然や芸術イメージなどセレクト

秋生まれの女の子の名前260選!珍しい漢字・自然や芸術イメージなどセレクト

最終更新日 2021-08-26 by smarby編集部

赤ちゃんの名前に、季節を連想させる漢字を取り入れたいと考えるパパやママは多いのではないでしょうか。名前ランキングで人気の名前をチェックしたり、画数や響きにこだわったり。古風なものがよいか、今っぽい名前がよいのかも悩みますよね。

名付けは楽しいものですが、人によっては決めるまでに長い時間と苦労を要するものです。

この記事では、9月・10月・11月生まれの女の子におすすめの、名付けに使える漢字や意味、名前の例を紹介します!

人とは被りにくい珍しい漢字や、秋らしい自然や芸術をイメージさせる名前が盛りだくさんです。大切な赤ちゃんに、秋生まれにぴったりの名前を贈りましょう。

秋生まれの女の子の名付けのポイント

秋生まれの女の子の名付けのイメージ

秋生まれの女の子には、ぜひ以下のポイントを意識しながら名前を決めましょう。

呼びたくなる美しい響き

名前を考えるときは、声に出して読んでみてください。かわいらしい響きだと、思わず呼びたくなります。赤ちゃんが生まれたら、毎日たくさん呼ぶことになります。

呼ばれた側の赤ちゃんも、うれしくなるような名前がいいですね。情緒を感じる秋に似合う、美しい響きを考えましょう。

小さいうちは、あだ名を使う機会も多いもの。名前をつけるときには、ぜひあだ名も一緒に考えてみてください。

「千秋(ちあき)ちゃん」なら「ちーちゃん」、「美月(みづき)ちゃん」なら「みーちゃん」など、あだ名の響きもかわいい名前だといいですね。

しあわせを願う画数

秋生まれに関わらず、親としては画数も気になるところですよね。名前は、生涯の運勢を大きく左右します。いくつか名前の候補を決めてから、画数を比べてみてください。名付けの本やネットで姓名判断できますよ。

ただし画数にこだわりすぎると、好きな名前がつけられなくて煮詰まってしまう場合もあります。どの程度画数にこだわるのか、あらかじめ夫婦で話合っておきましょう。

秋生まれの女の子の名付けに使いたい【秋にまつわる珍しい漢字】5選

秋生まれの女の子の名前にぴったりな桔梗の花

同じ秋生まれでも、他の子とはひと味違う、少し珍しい漢字の名前は素敵ですね。人気の漢字を見ていきましょう。

「桔」

秋の季語でもある桔梗は、白や紫色をした星形の花を咲かせます。秋の七草に選ばれるように、日本人には馴染み深い花ですね。すっと伸びた茎の頂上に花を咲かせ、凛としています。

桔梗の花のように、清廉で芯の通った女性になってほしいという願いを、秋生まれの女の子の名前に込めてみてはいかがでしょう。読み方は、「きつ」「き」が一般的です。

「桔」という漢字を使用した秋生まれの女の子の名前例

「美桔(みき)」「瑞桔(みずき)」「桔依(きい)」「桔花(きっか)」「桔乃(きの)」「環桔(たまき)」「柚桔(ゆき、ゆずき)」「椿桔(つばき)」「桔穂子(きほこ)」「桔翠(きみ)」

「禾」

秋は、黄金色の稲穂がたなびく季節です。ふんわりと揺れる稲穂を見ていると、温かく幸せな気持ちになってきませんか?

「禾」という漢字は、実り豊かな穀物が、頭を垂れている様子をイメージして作られたと言われています。秋生まれの女の子の幸せに満ちあふれた人生を願い、「禾」を使った素敵な名前をプレゼントしましょう。

読みは、「か」または「わ」などが挙げられます。

「禾」という漢字を使用した秋生まれの女の子の名前例

「禾乃(かの)」「愛禾(あいか)」「綾禾(あやか)」「明日禾(あすか)」「一禾(いちか)」「梅禾(うめか)」「禾乙里(かおり)」「禾子(かこ)」「禾遥(かすみ)」「禾日奈(わかな)」

「椛」

紅葉の秋の主役である椛(もみじ)。色づいた山々を見ると心が躍るという人も、多いのではないでしょうか。四季の美しさを感じさせる椛は、風情がありますね。

あざやかな椛のように美しく成長してほしい、という気持ちを名前に反映させてはいかがでしょう。一般的には「もみじ」あるいは「かば」と読む「椛」ですが、名付けでは、「か」「かえで」「も」などとも読まれます。

「椛」という漢字を使用した秋生まれの女の子の名前例

「彩椛(あやか)」「一椛(いちか)」「初椛(ういか)」「椛(かえで、もみじ)」「桃椛(ももか)」「未椛(みか)」「月椛(るか)」「恋椛(れんか)」「令椛(ゆいか)」「椛香(もか)」

「茅」

のどかな地方で目にする茅葺(かやぶき)屋根。「茅」は、ススキなどのイネ科の植物の総称です。秋の季語として使われますよ。

秋風にそよぐススキは、やわらかく、ふんわり。名前に「茅」を取り入れると、柔和で穏やかなイメージをまとった女の子になれそうです。「茅」は、「かや」「ち」「ちがや」「あき」などと読まれます。

「茅」という漢字を使用した秋生まれの女の子の名前例

「茅也(かや)」「茅乃(かやの)」「茅寧(かやね)」「茅(あき、かや)」「真茅(まち)」「恋舞茅(こまち)」「咲茅(さち)」「千茅(ちあき)」「茅恵(ちえ)」「茅絵里(ちえり)」

「皓」

「皓」には、汚れない輝き、白い輝きなどの意味があります。空気が澄む秋の夜空には、月のまばゆさが際立ちます。清く落ち着いた輝きは、まさに「皓」のイメージにピッタリですね。なお、「皓」には好ましいという意味もあります。

「皓」の読みは、「こう」「きよ(い)」「しろ(い)」「ひか(る)」「あき」「てる」「あきら」「ひろ」など、たくさんありますよ。

「皓」という漢字を使用した秋生まれの女の子の名前例

「皓子(こうこ)」「千皓(ちひろ)」「皓花(ひろか)」「美皓(みひろ)」「皓菜(ひろな)」「皓美(こうみ)」「皓琉(ひかる)」「皓子(あきこ、ひろこ)」「皓華(しろか)」「皓香(ひろか)」

秋生まれの女の子の名付けに使いたい【秋の自然を連想させる漢字】5選

秋生まれにぴったりの秋の稲穂のイメージ

美しい秋の自然をモチーフにした漢字を5つ紹介します。色づく景色をイメージしつつ、考えてみましょう。

「杏」

秋の景色を思い浮かべるときに、真っ先にイチョウ並木を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。イチョウといえば、銀杏の実がなることで知られています。

そんなイチョウの木にちなんで、「杏」という漢字を使用するのはいかがでしょうか。「杏」という漢字は、かわいらしいイメージが強く、女の子の名前にはぴったりです。

「杏」という漢字には、「あん」という読みだけでなく、「きょう」という読みもあります。

「杏」という漢字を使用した秋生まれの女の子の名前例

「杏奈(あんな)」「杏樹(あんじゅ)」「杏里(あんり)」「杏花(きょうか)」「杏(あんず)」「杏唯(あい)」「杏花梨(あかり)」「杏子(きょうこ)」「心杏(ここあ)」「乃杏(のあ)」

「楓」

秋の美しい紅葉からイメージされる、「楓」という漢字も女の子の名前におすすめです。響きがかわいらしく、やさしいイメージを持たせられますよ。

「楓」の木は、手のひらのような形の葉っぱが特徴で、「もみじ」の愛称でも親しまれています。花言葉は、「大切な思い出」「美しい変化」「遠慮」など。

控え目で、大人しい女の子に育ってほしいという願いを込めて、「楓」を使った名前を考えてみてはいかがでしょう。読みは、「かえで」「か」などが挙げられます。

「楓」という漢字を使用した秋生まれの女の子の名前例

「楓(かえで)」「楓花(ふうか)」「遥楓(はるか)」「綾楓(あやか)」「千楓(ちか)」「楓詠(かえ)」「楓蘭(かえら)」「楓織(かおり、かおる)」「彩楓(さやか)」「楓純(かすみ)」

「穂」

秋には金色に輝く稲穂が収穫の時期を迎えます。稲穂は、日本人にとって馴染みが深い植物。比較的古風・和風な名前に使用されやすい傾向です。また、ほかの漢字と組みあわせやすく、女の子の名前として人気がありますよ。

「穂」とは、「穀物の穂先、実がつく部分」です。「実りのある充実した人生を送ってほしい」「地面にしっかりと根を張って、困難に負けず力強く育ってほしい」という気持ちを込めて名付けましょう。

「穂」の読みは、「すい」「お」「のり」「ほ」などです。

「穂」という漢字を使用した秋生まれの女の子の名前例

「美穂(みほ)」「穂乃香(ほのか)」「楓穂(かほ)」「菜穂(なほ)」「志穂(しほ)」「香穂(かほ)」「幸穂(さちほ)」「紫穂里(しおり)」「穂(すい)」「心穂(みお)」

「実」

秋は実りの季節でもあります。木々に木の実がなる季節でもあるので、「実」という漢字を使用するのも良いでしょう。

「実」という漢字は、他の漢字を組みあわせやすく、女の子の名前によく使われる漢字です。「美」という字も女の子らしくて素敵ですが、秋生まれの女の子には、生まれた季節にちなんで「実」という漢字を使用してみては?

「実」は、シンプルに「み」と読む場合もあれば、「まこと」「ま」などとも読ませられます。

「実りのある充実した人生を送ってほしい」という気持ちを込めて、名前に使用されることが多い漢字です。また、「真実」という言葉にも見られるように、「まこと」「真心」という意味も持たせられます。

温かくて親切な心を持った女の子に育ってほしいという気持ちにぴったりの漢字なのです。

「実」という漢字を使用した秋生まれの女の子の名前例

「心実(ここみ)」「杏実(あみ)」「琴実(ことみ)」「実咲(みさき)」「実樹(みき)」「実亜(みあ)」「実桜(まお)」「笑実(えま)」「千愛実(ちえみ)」「実歌(みう)」

「月」

秋といえば中秋の名月。秋の月の美しさを、ダイレクトに名前で表現してみてはいかがでしょうか。月をイメージする漢字には前述の「皓」もありますが、「月」を使うと、よりストレートに思いを伝えられます。

人々を見守る月のように優しく穏やかな人になってほしい、光に照らされた幸せな人生を歩んでほしい、などの思いを名前に込めましょう。

「月」は、「つき」「づき」はもちろん、「るな」や「る」と読む場合もあります。

「月」という漢字を使用した秋生まれの女の子の名前例

「月(るな)」「杏月(あづき)」「海月(かづき)」「紫月(しずき、しずく)」「満月(みちる)」「心月(みつき)」「月彩(るあ)」「月依(るい)」「凛月(りつ)」「夢月(ゆつき)」

秋生まれの女の子の名付けに使いたい【秋に実る果物の漢字】5選

秋生まれの女の子の名前にぴったりな梨のイメージ

フレッシュでかわいらしい果物のなかから、秋のイメージが強いものを5つ選びました。

「梨」

秋は、果物の美味しい季節です。秋が旬の果物は、林檎や桃、葡萄などたくさんありますが、女の子の名前に使用しやすい漢字といえば、「梨」でしょうか。

「り」という読みで他の漢字と組みあわせて使用しやすく、特に、二文字の名前を付けたい場合にはとても使いやすい漢字です。また、果物の名前でもあるため、かわいらしいイメージも持っています。

果物の「梨」の花は、純白です。そんな清らかな花のイメージから、梨には「博愛」「愛情」という花言葉があります。

「梨」という漢字を使用した秋生まれの女の子の名前例

「梨央(りお)」「梨果(りか)」「梨莉奈(りりな)」「愛梨(あいり)」「梨沙(りさ)」「会梨(えり)」「古都梨(ことり)」「早織梨(さおり)」「佳梨(かりん)」「梨心(りこ)」

「柚」

寒さで固まりがちな気持ちを、やさしくほぐす柚子の香り。「柚」は柑橘系の植物や果物の総称です。爽やかな香りの柚子には、元気さとフレッシュさを感じますね。

いつまでも瑞々しい感性を持っていてほしい、包容力があり周りの人との調和を大切にする人に育ってほしいなどの願いを名前に込めましょう。なお、「柚」は、「ゆず」「ゆ」「ゆう」などと読まれます。

「柚」という漢字を使用した秋生まれの女の子の名前例

「杏柚(あゆ)」「小柚(さゆ)」「柚友(ゆう)」「柚音(ゆうね、ゆお)」「柚姫(ゆうひ)」「柚璃(ゆうり、ゆり)」「柚香(ゆか、ゆうか)」「茉柚(まゆ、まゆう)」「風柚(ふゆ)」「柚(ゆず、ゆう)」

「桃」

女の子らしくてかわいらしい「桃」も名付けにおすすめです。「もも」という響きに加え、手のひらにすっぽり収まるピンク色の丸い形。何とも愛らしい果物ではないでしょうか。また、古来から「桃」には、神秘的な力が宿るとされています。

いつまでもかわいらしく、健やかに育つようにという気持ちを込めましょう。「桃」は、「もも」「も」「とう」「と」などと読まれます。

「桃」という漢字を使用した秋生まれの女の子の名前例

「乙桃(おと)」「桃(もも)」「胡桃(こもも)」「桃愛(とあ)」「桃羽(とわ)」「桃寧(ももね)」「桃香(もか、ももか)」「桃奏(ももか)」「梨桃(りと)」「桃果(ももか、とうか)」

「果」

秋は実りの季節。すべての果物を指す「果」を名付けに使ってみてはいかがでしょう。「桃栗三年柿八年」というように、果物が実をつけるまでには、辛抱強く待たねばいけません。

そのため、「果」という漢字には、願いを成就させる、実り多き人生を送るという意味あいがあります。

甘くおいしい果物のように、愛される人になってほしいという願いを込めましょう。なお、「果」は「か」や「は」などと読まれます。

「果」という漢字を使用した秋生まれの女の子の名前例

「愛果(あいか)」「絢果(あやか)」「果咲(かえ)」「果栞(かおり)」「果乃子(かのこ)」「果穂(かほ)」「夢果(ゆめか)」「莉果子(りかこ)」「一果(いちか)」「彩果(いろは)」

「栗」

コロンとしてかわいい栗。栗の花言葉は「贅沢」「満足」「公平」などです。栗はトゲに包まれていますが、中身はおいしいですよね。「公平に接しなさい」という意味で、花言葉が付けられたとされています。

「栗」を使った名前からは、かわいらしさと公平な心、両方を感じられるでしょう。また、「栗」には、「くり」「く」「りつ」「り」などの読み方があります。

「栗」という漢字を使用した秋生まれの女の子の名前例

「栗実(くるみ)」「未栗(みくり)」「陽栗(ひより)」「栗子(くりこ)」「栗乃(くりの)」「栗奈(くりな)」「栗(まろん、りつ)」「栗美(くるみ)」「栗花(りっか)」「栗記(りつき)」

秋生まれの女の子の名付けに使いたい【芸術の秋にちなんだ漢字】5選

秋生まれの女の子の名前にぴったりの芸術の秋のイメージ

センスある女性になってほしいという願いを、名前に込めてはいかがでしょう。芸術の秋にちなんだ漢字を紹介します。

「詩」

歌に詩をつける、詩を詠むなど、アーティスティックな「詩」という漢字。秋にふさわしい、やさしく繊細なイメージを持ちあわせています。

表現豊かな人になってほしい、細やかな感情を大切にできる人になってほしいとの願いを込めて、名付けてみてはいかがでしょう。「詩」には、「し」「うた」「ゆき」などの読みがあります。

「詩」という漢字を使用した秋生まれの女の子の名前例

「詩(うた、ゆき)」「詩杏(しあん)」「詩恵(しえ)」「詩音(しおん)」「詩紅(しぐれ)」「詩月(しずく)」「美詩(みう)」「詩乃(ゆきの)」「詩詠(ゆきえ)」「美詩乃(よしの)」

「奏」

「奏」は音と調和を表す漢字です。楽器を演奏する、ハーモニーを奏でるなど、秋の穏やかなイメージにマッチしますね。きれいな旋律は緊張を和らげ、リラックスさせます。

「奏」を使った名前は、一緒に楽しく和やかに過ごせる、周囲の人との調和を大切にするという意味あいをもちます。

「奏」には「そう」や「かなで」のほか、「か」「かな」「な」「すす」などの読みもあります。

「奏」という漢字を使用した秋生まれの女の子の名前例

「愛奏(あいか)」「一奏(いちか)」「奏月(かづき)」「奏(かなで、そう)」「奏音(かなで)」「鈴奏(すずか)」「奏渚(そな)」「心奏(みかな)」「凛奏(りかな)」「結奏(ゆかな)」

「琴」

「琴」は、古代中国から日本に伝わった弦楽器です。演奏している姿を見たことはありますか?繊細な弦を大切につまびく様は、とても優雅ですよね。

「琴」を使った名前は、美しい音色をイメージさせます。伝統楽器にちなんだ漢字でありながら、現代の感性にも合う名付けに人気の字です。なお、「琴」は、「こと」や「こ」などと呼ばれます。

「琴」という漢字を使用した秋生まれの女の子の名前例

「琴梅(こうめ)」「琴都(こと)」「琴音(こと、ことね)」「琴花(ことか)」「彩琴(あこ)」「琴織(ことり)」「琴乃羽(このは)」「澪琴(みこ、みこと)」「梨琴(りこ)」「和琴(わこ)」

「響」

「響」も音楽に関係する漢字です。「奏」と比べると「響」はより反響力が強いイメージがあります。共鳴したり、音色が変わったり。周囲を巻き込みつつ音を練りあげます。

周囲を幸せにしてほしい、よい方向に導く人になってほしい、多方面で活躍してほしいなどと、願いを込めて名付けましょう。なお、「響」には「おと」「なり」「ひびき」などの読みがあります。

「響」という漢字を使用した秋生まれの女の子の名前例

「響(おと、ひびき、なり)」「響乃(ひびの)」「季響(ききょう)」「響花(きょうか)」「響嬉(ひびき)」「響禾(おとか)」「響愛(おとめ)」「千響(ちなり)」「美響(みおと、みき、みおん)」「響華(おとは)」

「栞」

読みかけの本に挟む「栞」は、文学を匂わせる漢字です。「栞」は、手引書や案内書に使われる場合もあります。「遠足のしおり」や「修学旅行のしおり」など、子どもの頃にお世話になった人もいるのではないでしょうか。

「栞」を使った名前からは、教え導く、文学を始め芸術的センスを高めるといった意味あいがあります。「栞」は「しおり」「しお」「おり」「か」などと読まれます。

「栞」という漢字を使用した秋生まれの女の子の名前例

「絢栞(あやか)」「栞子(かこ)」「栞乃子(かのこ)」「栞帆(かほ)」「栞(しお、しおり)」「栞凪(しおん)」「朱栞(しゅか)」「花栞(はなか)」「紗栞(さおり)」「紫栞(しおり)」

秋生まれの女の子の名付けに使いたい【秋の雰囲気にぴったりの漢字】5選

秋生まれの女の子の名前にぴったりな秋の雰囲気

秋生まれを連想させる、秋の雰囲気にぴったりの漢字をセレクトしました。

「静」

騒々しい夏が終わると、静かな秋が訪れます。「澄みわたる」という意味の「青」を使った「静」という漢字は、秋の雰囲気にぴったりです。

どのような場合にも冷静に対処できる人になってほしい、自分をもった人に成長してほしいという思いを込めて女の子の名前に取り入れてはいかがでしょう。

また、「静」には「しずか」「しず」「せい」「せ」「つぐ」「か」など多くの読みがあります。

「静」という漢字を使用した秋生まれの女の子の名前例

「静依(しずえ)」「静空(しずく)」「静里香(せりか)」「静美(つぐみ)」「静加(きよか)」「静楓(しずか)」「静(しず、しずか)」「静菜(せいな)」「静蘭(せいらん)」「紗静(さちか)」

「雅」

音楽を嗜む、芸術を愛でるなど、秋には風流なものごとがよく似あいます。「雅」は、日本の伝統的な芸術、思想を反映した漢字です。上辺のみの美しさではなく、内面の充実に重きを置いています。

「雅」を使った名前からは、洗練された上品さ、落ち着いた大人に成長してほしいという思いが伝わりますね。

「雅」は「みやび」「まさ」「が」「か」「みや」「み」「ま」などと読まれます。

「雅」という漢字を使用した秋生まれの女の子の名前例

「雅(みやび、みや)」「雅月(みつき、かづき)」「雅海(まさみ)」「雅桜(まお)」「優雅(ゆうか、ゆうが)」「雅朋(かほ)」「雅凪(かな)」「千雅子(ちかこ)」「琴雅(ことみ)」「雛雅(ひなみ)」

「澄」

「天高く馬肥ゆる秋」と言われるように、秋の空は澄み渡っていて気持ちがいいですね。そんな秋の空をイメージさせる「澄」という漢字は、女の子の名付けに使うと透明感や純真な心を感じさせます。

名前に「澄」を取り入れ、ピュアな気持ちをもった素敵な人になってほしいという思いを込めてみてはいかがでしょう。また、「澄」は「す」「すみ」「きよ」などと読みます。

「澄」という漢字を使用した秋生まれの女の子の名前例

「明澄花(あすか)」「青澄(あずみ)」「椛澄(かすみ)」「澄音(きよね)」「澄(すみ、きよみ)」「澄々(すず)」「澄恋(すみれ)」「澄桃(すもも)」「里澄子(りずこ)」「澄良(きよら)」

「尋」

「尋常」の「尋」であり、素直で大人しく、整った様子を表します。静かで落ち着いた秋に、ふさわしい漢字と言えるでしょう。また、古典的な印象も「尋」の持ち味です。

「尋」を取り入れた名前には、精神的に成熟してほしい、真心あふれる人になってほしいとの狙いがあります。また、読みは、「ちか」「ひろ」「じ」「つね」などです。

「尋」という漢字を使用した秋生まれの女の子の名前例

「杏尋(あんじ)」「尋(ひろ、ちか)」「葉尋(はつね)」「万尋(まひろ)」「夕尋(ゆひろ)」「海尋(みひろ)」「千尋(ちひろ)」「尋実(ひろみ)」「尋愛(ひろえ)」「尋奈(ひろな)」

「茜」

清少納言が「秋は夕暮れ」と書き記したように、茜色に染まる秋空はとても印象深いですよね。茜とは、あかね科の多年生つる草を指します。あかねの根で染めた赤色を「茜色」と呼び、ほの暗い赤味が特徴です。

「茜」を使った名前には、穏やかさやぬくもりが漂います。思いやりのある、温かな人に成長してくれそうですね。なお、「茜」は、「あかね」「あか」「あ」「せん」などと読みます。

「茜」という漢字を使用した秋生まれの女の子の名前例

「茜(あか、あかね)」「茜璃(あかり)」「茜紬(あづみ)」「茜梨(あかり、せんり)」「乃茜(のあ)」「茜月(あつき)」「紅茜(くれあ)」「茜子(あこ)」「凛茜(りあ)」「茜花音(あかね)」

「秋」を使った秋生まれの女の子の名前

シンプルに「秋」という漢字を採用する手もあります。秋生まれということが伝わると会話のきっかけになるかもしれません。「あき」という響きもかわいいですよね。

「秋」の漢字は「あき」「しゅう」のほかに、「あ」「あい」などとも読ませられます。

「秋」という漢字を使用した秋生まれの女の子の名前例

「千秋(ちあき)」「秋菜(あきな)」「秋子(あきこ)」「秋凛(しゅり)」「秋歌(しゅうか)」「心秋(ここあ)」「秋音(あかね)」「秋英(あきえ)」「秋実(あきみ)」「咲秋(さき)」

秋生まれにぴったりなかわいい女の子の名前をつけよう

秋生まれの女の子と母親のイメージ

名付けは一生もの。生まれた季節にちなんだ漢字を取り入れると、親も本人も、いっそう名前に愛着がもてそうですね。

9月、10月、11月あたりの秋生まれの女の子には、秋をイメージさせる自然や芸術にちなんだ漢字がおすすめ。特に、果物や花には、女の子にぴったりのかわいいものがたくさんです。秋の雅さ、穏やかさを連想させるには、あえて古風な漢字を使うのもいいですね。

画数や響き、漢字のもつ意味あい、人気のある漢字を使うなどして、赤ちゃんに素敵な名前をプレゼントしましょう。

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami