入園式・入学式のママの服装2021年版!スーツから小物までおすすめを紹介

入園式・入学式のママの服装2021年版!スーツから小物までおすすめを紹介

最終更新日 2021-01-28 by smarby編集部

新しい年度がはじまる4月。入園式や入学式の支度に追われるママも多いのではないでしょうか。

入園式は新しい環境へと飛び込む子どもの晴れ舞台です。と同時に、ママにとっても記念すべき育児の一つの節目。だからこそ、色はベージュがいいのか、上の子の卒園式で着たネイビーでもいいのかなど、マナーについて事前にしっかりとチェックして、準備万端でのぞみたいですよね。

ワンピースやジャケットなど入園式・入学式でのママにおすすめのセレモニースーツのトレンドから、バッグやパンプスなどおすすめの小物の取り入れ方まで、2021年の最新情報を徹底的に解説していきます。

入園式コーデのマナーをチェック

入園式・入学式のコーデの基本は「フォーマル」です。せっかく時間をかけて準備をしたのに、周りのママから浮いてしまっては台無しですよね。入園式コーデでは、まず「守るべきこと」「避けるべきこと」をしっかりと知っておきましょう。

園や学校ごとに特色があったり、独自のルールが設けられていたりするケースもあるため、先生や先輩ママにアドバイスをもらうとよいかもしれません。

ここでは、最低限押さえておきたい入園式・入学式コーデの基本マナーを、服のカラー、靴の種類、アクセサリーといったさまざまな視点から紹介していきます。

ベージュやアイボリーなど明るいカラーを選ぶ 

卒園式や卒業式が黒やネイビー中心なのに対し、入園式・入学式は白やベージュ、アイボリー、ライトグレーなど明るい色が好まれます。これは、入園式が「明るい未来を願う祝いの場」であることが関係しています。

もちろん卒園式用に購入したダーク系のワンピースを着まわしても問題はありませんが、ジャケットは明るい色にするなどして、暗いトーンだけでまとめないようにしましょう。桜が咲く春のイメージにぴったりの華やかな色なら、おめでたい日の記念写真にもぴったりです。

靴はヒール付きのパンプスがGood

靴は5cm程度のヒール付きのパンプスが定番です。スーツのカラーと合わせて一体感を出すコーディネートもおすすめですし、グレーやブラックの濃い色味で足元をピシッと引き締めてもいいいでしょう。

デザインはできるだけシンプルなものを選ぶのがポイントです。華美な装飾よりも品の良いデザインが入園式向き。

「下の子がいるからできればフラット靴がいい…」という場合は、ヒールなしでもまったく問題ありません。周りは同じ子育て世代のパパ・ママですから、子どもファーストで大丈夫。安心してフォーマルなフラット靴で入園式・入学式に参加してくださいね。

ストッキングはベージュが基本

フォーマルな場でのストッキングはベージュが基本です。4月とはいえ、まだまだ肌寒い季節。黒やグレーのタイツが恋しくなるかもしれませんが、できれば我慢したほうが無難です。黒のストッキングやラメ入りのタイツも避けましょう。

入園式の主役はあくまで子どもたち。活発なお子さんをお持ちのママは、いざという時のために予備のストッキングを準備しておくといいかもしれません。

パールネックレスやコサージュで華やかに

シンプルなスーツと靴に合わせるアクセサリーは、華やかさと上品さを兼ね備えたアイテムが鉄板です。とくに人気が高いアクセサリーはパール!パールネックレスを一つ取り入れるだけで、グッと洗練されたコーディネートに仕上がります。パールネックレスは入園式以外の冠婚葬祭などのフォーマルな場で長く愛用できるので、この機会に購入するのもおすすめです。

「みんなとは違うアクセサリーを使いたい!」というママにはコサージュもおすすめです。コサージュはデザインも豊富で華やかさもあるため、入園式にはぴったりのアクセサリーです。

バッグは落ち着いた色合いのシンプルなものを選択

意外と見落としがちなのが、バッグの色味と素材です。トータルコーディネートを意識するのであれば、バッグまでしっかりと気を配りましょう。

バッグもできるだけシンプルで上品なものがおすすめです。ブラック、ネイビー、ベージュなど落ち着いたカラーを選びましょう。大きな柄やロゴの入ったデザイン、毛皮やパイソンなどの素材は避けたほうが無難です。

子どもが小さいと、どうしても持ち物が多くなりがちです。下の子がいると尚更でしょう。そういうときはメインのフォーマルバッグにプラスして、シンプルなサブバッグを用意するといいでしょう。

ヘアスタイルは清潔感を心がけて

ヘアスタイルは清潔感を意識しましょう。時間に余裕があれば美容院でセットしてもいいですが、入園式前のバタバタで、そんな余裕なんてないママがほとんどではないでしょうか。とはいえ、ボサボサ頭では論外。できればお子さんと一緒にいても崩れにくい、清潔感のあるヘアスタイルを心がけましょう。

そのとき、アップやハーフアップにするとフォーマル感がアップするのでおすすめです。ヘアアクセサリーを取り入れる場合は、キラキラしたタイプではなく、落ち着いたデザインや素材を選んでください。

幼稚園・保育園の入園式にぴったりな髪型アレンジ!20代~40代まで年代別におすすめを紹介

予算はどのくらい?

そしてなんといっても、ママたちが気になるのは「他のママたちは、入園式のママのコーデにどれくらいお金をかけているの…?」という予算感ではないでしょうか。

入園式・入学式におすすめなママ向けのフォーマルスーツは、1万円程度から品揃えが豊富にあります。予算設定は、きょうだいの有無や使用期間から検討するのがおすすめです。

保育園・幼稚園入園から小中高の入学式……と考えると長いですが、今の体型をずっと維持できるとも限りません。また、フォーマルスーツのトレンドも年々変わっていきます。なるべく「今の自分」に合わせつつ、少なくとも数年間は着用できるシンプルなデザインのものを選ぶといいでしょう。

入園式のママコーデにおすすめのスーツ8選   

ママにぴったりの動きやすさと機能性を兼ね備えたフォーマルスーツ8選をご紹介。スーツの後に小物の紹介もしていますので、最後までお見逃しなく。

20代ママは程よい可愛さで気分を上げて♪

最初に紹介するのは、ハレの日に華やかさをプラスできる可愛らしいセットアップパンツスーツです。「おしゃれはしたいけれども、目立ちすぎたくない…」そんな控えめで可愛らしいママには、シンプルで品の良いこちらのセレモニースーツがおすすめです。

ブラックとネイビーの2色展開で、卒園式にもぴったり!税込み9,000円を切る安さも大きな魅力です。柔らかなドレープ感が美しい、メイドインジャパンの一着です。

20代~30代のママに!ワンピース+ジャケットで楽チンきれい

こちらも一万円を切るセットアップアイテム。お腹周りのサイズの変化を気にしなくていいのがうれしい、ワンピースとジャケットのセットです。

ジャケットは2種類のデザインがあり、ノーカラージャケットはセレモニー感満載で、時代に左右されない王道アイテムです。きょうだいがいて長く愛用したいママは、このワンセットがあれば安心ですね。ワンピース単体として着用もできるので、ちょっとしたイベントやパーティーにも着まわせます。

かっちり感のある上品な定番ツイード素材

続いては、上品かつ定番のツイード素材が魅力の「2Wayツイードセットアップスーツ」です。特に淡い春色カラーはレディースファッションのランキング上位に食い込む人気のアイテム。7号~19号までの幅広いサイズ展開もママにはうれしいポイントです。

大きなネップが織り込まれたツイード素材は、手触りがよく高級感があります。フレアタイプのスカートは上品さの中にフェミニンさもあり、可愛らしいデザインが好きな20代~30代のママに支持されています。

ブレードがコーデを引き締める洗練スタイル

エレガントで洗練されたスタイルがお好みのママには、楽天でランキング1位を獲得したこともあるこちらのセレモニースーツがおすすめです。デコルテがすっきり見えるラウンドネックジャケットは、袖の長さが絶妙!トレンドをばっちりと押さえていて、一枚でこなれ感を演出してくれます。

スカートは裏地がしっかりしていて、淡いカラーでも安心して着用できます。かっちりとしたタイトスカートですが、タックのおかげで窮屈になりすぎずないのもママにはうれしいポイントです。20代~30代の幅広い年代のママが違和感なく着こなせるデザインです。

爽やかなサックスやグレーで個性を演出

入園式ではベージュやアイボリーといった王道カラーが人気ですが、あえて明るめの別の色を取り入れるのもアリ。人とはちょっと違うカラーのフォーマルスーツを着ることで、子どもがママを見つけやすいといったメリットもあります。緊張しやすいお子さんであれば、大勢の中からママを見つけることができると安心できるかもしれません。

せっかくなら好きな色を着たいという人にもおすすめです。

きちんと感×モードな30代からの「大人かっこいい」ママに

「フォーマルでも自分らしさを出したい」「あまり堅苦しくならずにトレンド感を取り入れたい」というママの願いを叶えるセレモニースーツがこちら。着るだけできちんと感とモード感が絶妙にミックスする、進化系フォーマルウェアとして人気が出ているパンツスーツのアンサンブルセットです。

ウエストがキュッと締まったデザインで、着痩せ×足長効果も期待できます。周りのママに一目置かれる、ワンランク上の着こなしができるでしょう。

30代~40代にも!シンプルでリラックス感のあるパンツスーツ

お次は、コスパに優れたパンツスーツです。ジャケット、ブラウス、パンツの三点セットで一万円を切る価格設定は驚きの一言。ジャケットの種類も豊富で、入園式はもちろんさまざまなセレモニーイベントに着まわしができます。

ブラウスは肌なじみの良いシフォン素材を採用していて、有名百貨店のポップアップストアでも評価された安心の品質。30代~40代のママを上品に演出してくれます。不定期でセールも開催しているので、要チェックです。

セミフォーマルにも着まわせるベージュのセットアップ

入園式以外でも着まわしがしやすいセミフォーマルスーツを探しているなら、こちらのセットアップはいかがでしょうか。特徴はなんといってもスカート。裾にスリットが入ったタイプでトレンド感満載でありながら、上品さもしっかりとキープ。丈が長めなので、年齢を重ねても美しく着こなせます。

全体的にシルエットが美しく、小物が映えるシンプルなデザイン。コスパも抜群です。

長く愛用できるゆったりベージュスーツ

「フォーマルだけどファッションも楽しみたい!」というママには、長く愛用できそうなゆったりベージュスーツがおすすめ。ポイントはなんといっても美しいシルエット!メリハリのあるフレアトップスからゆったりとしたパンツへと流れるラインは、脚が短い、背が低い、太りやすいといった悩みをバランスよく覆い隠してくれます。

ジャケット、トップス、パンツ、ベルトの4点セットなので、コーディネートに迷うことなくピシッと着こなすことができるでしょう。

ワンピースだけでも着られるエレガントコーデ

最後に紹介するのは、今も昔も愛され続けるエレガントコーデのフォーマルスーツです。パイピングデザインが目を惹くジャケットはアクセサリーとの相性も抜群!手持ちのパールアクセサリーや時計、コサージュがしっくりと馴染むでしょう。

ジャケットとワンピースにスリットが入っていて動きやすい点も、先輩ママから高く評価されています。シンプルなワンピースは単体で着てもちょっとおめかししたい日などに重宝します。

入園式コーデをランクアップさせるおすすめ小物

入園式コーデの仕上げは「小物」選びで決まります。入園式コーデをランクアップさせるおすすめ小物4選を紹介します。

上品さが際立つパールネックレス

大人の女性の必須アイテムといっても過言ではないパールネックレス。入園式のようなフォーマルな場はもちろん、お稽古の発表会やちょっとしたお呼ばれでも活躍すること間違いなしのジュエリーアクセサリーです。

こちらは天然の貝核を使用し、本パールエッセンスを何層にも塗上げて仕上げた一品。本真珠のような照りと重量感がありつつ、リーズナブルな価格で入手できるのが魅力です。

年代やファッションを問わず使えるコサージュ

きちんと感を出したいのであれば、コサージュは外せません。年代やファッションを問わず使えるコサージュは、入園式というフォーマルの場にこそ相応しい王道アイテムといえるでしょう。先生や祖父母世代からの受けも抜群です。

こちらはパールとビーズをふんだんに使ったフラワーコサージュ。パールネックレスを持っていないという人が、ネックレスの代わりにつけるアクセサリーとしてもおすすめです。

シンプルで美しい5cmヒールパンプス

シンプルなヒールパンプスって意外とありそうでないですよね。子どもと一緒に歩く入園式では、履きやすさも大事なポイントです。

こちらのヒールパンプスは安心の日本製。心地良さを徹底的に追求した極上の仕上がりで、足の痛みを感じることなくセレモニーに集中できます。

小ぶりに見えてしっかり収納できるバッグ

フォーマル感と機能性を両立した、ママにうれしい、しっかり収納できるバッグです。

小ぶりな見た目からは想像できないほどたくさん入ります。底もしっかりしていて鋲もついているので、床に置くことがあっても安心です。

自分らしいスタイルで思い出に残るセレモニーを

これから入園式の支度をするという人も、こちらで紹介したようなスーツや小物をひととおり揃えれば、もう準備は万端です。入園式直前になると売り切れるアイテムも出てくるので、気に入ったものがあれば早めに購入しておきましょう。

自分らしいスタイルで、子どもと一緒に楽しい1日を過ごしてくださいね。

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami