子供と年賀状を手作りしよう!マネしたくなるアイデア11選

メニュー

ご案内

子供と年賀状を手作りしよう!マネしたくなるアイデア11選

DATE
2018-12-05
WRITER
dassty

2019年はイノシシ年。年賀状は「イノ」一番に届く新年の挨拶です。

手作りの年賀状を送ると、受け取った方は手間暇かけた思いに新年早々感動してくれることでしょう。この1年お世話になった方々に感謝の気持ちを伝えるためにも、手作りに挑戦しましょ♪

この記事では、子供と一緒に作れるような遊び心のある年賀状から、受け取った人もついマネしたくなるアート性の高い手作り年賀状など、11のアイデアをご紹介します。

Contents

 

1.年賀状の基本に返る!筆でご挨拶

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sumie Katsuragawaさん(@sumie_katsuragawa)がシェアした投稿 -

筆といっても、硯を準備して達筆に書く必要はありません!筆ペンでも十分です。簡単に、”それっぽさ”を表現することができちゃいますよ。

多くの方はカラフルな年賀状を送るので、黒だけで書かれた年賀状は新鮮に映るものです。ただし、愛想がないと思われては困ります。愛情を込めて、年賀状をいっぱいに使って字やイラストを思い思いに描きましょう。

最後に自分の名前のはんこを押すと、芸術作品のような年賀状ができますよ。意外と子どもの書いた筆字の方が、芸術性が高まるかも。

 

2.童心に返った年賀状!?クレヨンで優しい印象♪

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

hitomi333unaさん(@hitomi333una)がシェアした投稿 -

大人になると、クレヨンを手にすることはほとんどありません。子供がいない家庭では、目にすることもないかも。

だからこそ、クレヨンで書かれた年賀状は新鮮!年賀状全体に絵を描き、その上に文字を書いてもいいですし、字とイラストの部分を分けて描いてもいいですね。

まるで絵本のような年賀状に、こころがほっこりしそう。

 

3.忍者からの年賀状?昔懐かしあぶりだし

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Reiko Fujitaさん(@n.waratte.b)がシェアした投稿 -

お子さんがいるご家庭に出したい《あぶりだし年賀状》は、家にあるもので簡単にできます。

用意するものはみかんと筆。みかんを小皿に絞り、みかん汁で筆を使って、文字や絵を描きます。乾かせば、出来上がり!みかんがない場合はレモンやお酢でも代用できますよ。

真っ白で何も書かれていないように見えるので、受け取った人はビックリしてしまうかも?一言、「火であぶりだしてね」とペンなどで添えておきましょう。

受け取った人がコンロなどで炙り出すと、書かれた文字や絵が茶色になって現れます。秘密の文書みたいでワクワクしますよ♪

ただし、子供が友人に送る際は必ず大人と一緒にするように注意書きを記すようにしましょう。

 

4.頭を使った手作り年賀状!名前ポエムで知的さアピール♪

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

木全 弓美子(筆文字べるっち)さん(@bellyumi_fudeart)がシェアした投稿 -

相手の名前を用いて、今年1年の感謝の気持ちや相手への思いなどを綴ってみてはいかがでしょうか。

単なるポエムではなく、あいうえお作文風にするとおもしろいですね。名前の部分は強調できるように色を変えたり、サイズを変えたりすると受け取った人はすぐに自分の名前に気づいてくれますよ。

子供と一緒に考えながら、できた詩を発表し合いましょう。作成することで子供の語彙力の向上にもつながるので、遊びと教育を兼ね備えています。

アート性もあり、大人も夢中になってしまいますよ。

 

5.子供の成長が感じられる♡赤ちゃんの手形足形アート年賀状

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

手形足形アート『petatto memory』michiさん(@michi_seno)がシェアした投稿 -

赤ちゃんが生まれたら、年賀状で誕生の報告をする方も多いですね!赤ちゃんの手形・足形を年賀状にしてみましょう♪

絵の具やスタンプ台に赤ちゃんの手ないし足をつけて、年賀状にペタッとするだけ!簡単に出来上がります。

手形や足型を元に、干支などのイラストに仕立てれば、一気に年賀状感がでますよ。

 

6.デザインは無限大!マスキングテープでおしゃれな年賀状

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ハシムラ ケイコさん(@keiko0610_)がシェアした投稿 -

マスキングテープはデザインが豊富!かわいいものが文房具店や100均一でもズラリと並んでいます。

そんなマスキングテープを使って年賀状の枠周りを彩ったり、無造作に貼ったりしてオリジナリティを出すとかわいいですよ♪1種類だけでなく色々なデザインのテープを使うと華やかになります。

また、テープだけでなく、マスキング素材のシールも販売されているので、利用するとさらにかわいさがアップ!これなら小さな子供も一緒に出来るので、親子で楽しんで作成することができますね。

こんな和柄のテープは、年賀状にもぴったりです。

カモイ/和柄マスキングテープmtsealLMTSEAL18 楽天通販ページ

 

7.子供と貼り貼り♪和紙で作るちぎり絵年賀状

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ちぎり絵作家 ウメチギリさん(@umetigiri)がシェアした投稿 -

用意するものは色和紙、のり、えんぴつ、年賀はがき。

まずは鉛筆で年賀はがきにイラストを描きましょう。そのイラストを元に色を考えます。

そして、そのイラストに貼る色和紙を手でちぎります。はさみで切るのではなく手でちぎることで、和紙の繊維が独特の味わいを醸し出しますよ。

小さい子なら、思った通りの形にちぎるのは難しいもの。そんな時は大人がちぎり直したりせず、そのちぎられた形から、イラストやテーマを想像して創り出してしまいましょう。まさにオリジナルの年賀状を生み出すことができますよ♪

雲竜染和紙20柄セット15×15cm 楽天通販ページ

 

8.子供も大人も楽しい♪けしごむスタンプセットで簡単手作り

スタンプを手作りするとあとはポンポンと年賀状に押していくだけなので、大量の年賀状でも簡単に仕上げることができます!

消しゴムやさつまいもを利用して手作りのスタンプを作ることができますが、すでにセットになっているものを使えば、準備するものもなく簡単にできますよ。

しかもかわいい図案用紙が付いているので、イラストに悩んでしまったら図案通りに彫れば簡単♪スタンプ用に彫りやすい硬さの消しゴムもついています。

小さい子どもなら掘る作業は危険なので、スタンプを押す係に任命しましょう!きっと楽しんでくれますよ♪

けしごむスタンプほるナビデラックスセット 楽天通販ページ

 

9.何の野菜か分かるかな?クイズで楽しい年賀状

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

mapleさん(@maple46oop)がシェアした投稿 -

身近にあるものでスタンプを作るのは、簡単なようでも面倒くさい。そんな方には野菜を切っただけのスタンプがおすすめ!

色々な野菜を色々な切り方にし、とにかくスタンプ台に押し付けてポンポンと押してみてください。意外とかわいいスタンプになりますよ。

特におすすめはオクラ!小さい星型がかわいい♡れんこんはイノシシの鼻のように見えるので、イノシシの図柄にしても面白いかもしれませんね。

野菜のスタンプだということを記して、「なんの野菜か分かるかな?」と問いかければ、お子さんのいるご家庭ではネタになりそう!

 

10.温かみのある花を添えよう♪押し花キットでラクラク年賀状

市販の押し花キットを使うと、落ち着いたデザインで印刷では表せない温かみを表現することができます。

まずは花を置くスペースを確保してから文字を書き始めましょう。その後、あらかじめ決めておいたスペースに花を置き、和紙フィルムを年賀状の上に載せます。

そして、上からアイロンをかければ出来上がり。9種類の花もしくは草が35輪セットになっており、和紙フィルムは10枚あるので、10枚分の年賀状を作れますよ。

1枚の年賀状にいくつかの花や草を組み合わせるとgood!旦那さんの実家やお稽古の先生などに送りたくなるような年賀状です。

はがき用押し花キット 楽天通販ページ

 

11.牛乳パックが葉書に!手触りが面白い手作り年賀状

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Satomi Satoさん(@satokana6)がシェアした投稿 -

今年は、紙から手作りしてみませんか?紙を作成するという作業を知らない子供は、「紙って作れるの!?」とビックリするかも!

手間暇は相当かかるので、覚悟が必要です。

牛乳パックの側面4つを切って、2,3日水につけておきます。牛乳パックの外と内部分を剥がし、中央の素材のみを使いますよ。

その中央の素材を小さくちぎって、水350cc程度と一緒にミキサーにかけます。ドロドロになったら、取り出し、洗濯のりを少々加えよく混ぜましょう。これで紙の原料となるパルプの出来上がり。

このパルプを、紙すきの枠に流し込みます。その際に、少量の落ち葉や折り紙などを加えると趣のある紙になりますよ。乾けば出来上がり!

年賀状として送る際は必ず上部に「郵便はがき」や「POSTCARD」の記載を忘れずに!この記載がないと62円葉書として取り扱われませんよ。

紙すきセットを使えば、パルプや枠組みなどを準備する必要がないので便利♪

紙すきセット手作りハガキ 楽天通販ページ

 

《年賀状の手作り》で、子どもに新年のご挨拶の習慣を教えよう

一枚一枚年賀状を全て手作りにするのは大変かもしれません。そんな時は、特にお世話になっている方の年賀状を手作りにするだけでも充分です。

また、子供は送る枚数が少ないはずなので、子供の分だけでも一緒に作成してもいいですね。

2018年最後の親子の手作り作業として、思い出に残るような年賀状を作ってみてください♪

 

smarby(スマービー)のアプリをダウンロードしてお買い物を楽しもう!

smarbyのアプリのダウンロードはこちらから

その他のよみもの


人気記事ランキング

アイテムカテゴリーで探す