【メルシーポットの口コミ】鼻吸機で1番おすすめ!使い方も簡単!

【メルシーポットの口コミ】鼻吸機で1番おすすめ!使い方も簡単!

最終更新日 2019-04-24 by smarby編集部

ママの皆さん、3歳ごろまでの赤ちゃんは自分で鼻水をかめないとご存知でしたか??小さい子供は鼻の中に毛が生えていないため、鼻水がスルスルと流れてきてしまうんです。

ウイルスのついた鼻水を放置していると風邪の原因になってしまいます。
自宅でもケアできる商品はたくさん出ていますが、私が全力でお勧めするのは、シースターのメルシーポットです。

鼻が詰まってご機嫌斜めでグズっていた赤ちゃんのご機嫌もスッキリ。使い方も簡単で、コツもいらずにママも赤ちゃんの鼻のお掃除が出来ます。
簡単ホームケアで今年の冬は風邪知らずを目指しましょう!!

 

シースターの鼻吸機「メルシーポット」とは?使い方のコツは?

メルシーポットとは、電動鼻水吸引機です。スイッチひとつの簡単操作でパワフル吸引を実現していて、赤ちゃんに優しい、コンパクトで丸みのあるデザインが特徴です。

鼻水吸引に必要十分なパワーで、安心して利用することが可能なので赤ちゃんに安心して使うことが出来ます。0か月の赤ちゃんから使用可能です。そして、メルシーポット本体とお水があればすぐに使用することが可能で、使い方もとても簡単なんです。

多くの人が出産の準備をしていて初めて目にする鼻水吸引機ですが、口で吸うものから、スポイトタイプ・ピンセット型や電動のものまでたくさんの種類のものが発売されっていて、何を購入したらいいか、それぞれどんな使い方をすべきかわからず迷ってしまいますよね。

はじめは口で吸うタイプのものを購入してみたのですが、なかなか吸えませんでした。鼻くそがたまってしまって空気の通りが少なそうな時はピンセットを使って処理を試みようもなかなか取れず…
悩んだあげく、生後5か月のころに、思い切って口コミが良かったメルシーポットを購入。購入してからは耳鼻科に連れていくこともなく、自宅のケアで済んでいます。

シースター鼻吸機 メルシーポット 楽天通販ページ

 

シースターの鼻吸機「メルシーポット」の特徴

特徴1「メルシーポットのすぐに使える簡単設計」

まず購入して感じたのが、「パーツが少ない」ことでした。大まかに本体・ボトル・チューブの3つ。
コンセントにつないでお水を用意すればすぐに使うことが可能です。機械音痴な私でも使いこなせそう!と直感的に感じました。

さらに、説明書がかわいいんです。機械音痴のため、あまり説明書などは目を通さない私ですが、メルシーポットについている《永久保存版 はじめての鼻水吸引マニュアル》がとってもかわいくて、自然とマニュアルに手が伸びていました。

中もイラストがたくさんでわかりやすい!!こういうのが欲しかったんです!というマニュアル。吸引のコツやお手入れ方法、最後のページのQ&Aまであっという間に完読してしまいました。おかげで、自信をもって本体を使用することができました。

 

 

特徴2 「不器用ママでも安心の病院に負けない吸引力」

耳鼻科同等⁻83kPAのパワフルな吸引力。赤ちゃんは鼻呼吸の為、鼻が詰まっていると呼吸が苦しく、泣くとさらに呼吸がしずらくてご機嫌ナナメに。毎回病院に連れていくこともできず、困ってしまいますよね。

メルシーポットは耳鼻科と同等の⁻83kPAで強力なねばねば鼻水も一気に吸引してくれます。新発想のベビちゃんクリップを使って手元でらくらく操作ができて、簡単にねばねば鼻水もずずっと吸引してくれます。

お風呂上りや温かい食べ物を食べた直後などは鼻腔が温まり、湿ってくるので吸引しやすくなります。我が家ではお風呂上がりのルーティンで毎日使用しています。強力なねばねば鼻水が取れると、親もうれしいですよね。

 

 

特徴3 「コンパクトで収納にも困らない」

赤ちゃんの荷物って、どんどん増えて困ってしまいますよね。
特に電化製品って大きくて重い!という印象がありますが、メルシーポットは高さが500mlのペットボトルよりも低くて重さも約0,8㎏と、とっても小さくて軽いので邪魔になりません。

我が家ではこのようにダイソーで購入したプラスチックのカゴに納めて収納しています。毎日使うものなので、簡単にお手入れができて収納にも困らないのはとっても高ポイントですよね。

 

シースターの鼻吸機「メルシーポット」の悪い口コミ

口コミ1「メルシーポットは音が大きい」

あまり書かれていませんが、とにかく音が大きいです。
引くほど大きいので、一戸建ての方は良いかもしれませんが、マンションの我が家は少なくとも夜中には使えないだろうなぁと思います。日中もあまり落ち着いて使えません。
肝心の性能ですが、ほかに使った事が無いので分かりませんがきっと良いと思います。鼻の奥からズルズル吸えるので楽しいです。
コンプレッサーの音が少し良くなれば良いなと思います。

出典:amazon カスタマーレビュー

実際に使用してみて、私も最初は音の大きさにびっくりしました。吸引の音というよりは機械の振動音がするという感じです。でも、吸引するにはこのくらいは必要なのかな?という許容範囲です。

「この音に子供が泣いてしまう」ということは我が家では今のところありません。が、この音がすると吸引されることがわかり、最近は逃げ出そうとします。
振動音なので我が家ではメルシーポットを使用する際はフローリングの上ではなく、ジョイントマットの上に本体を置いて使用するようにしています。
多少は軽減されると思います。

 

 

口コミ2「メルシーポットを使ってるときに泣いてしまう」

よく考ええたら・・・
出産したばかりで買ってしまいましたが、小児科に行けば吸引してもらえるし、買う必要はなかったように思いました。
そもそも写真ではニコニコした赤ちゃんの写真ですが、普通にギャンギャン泣きます。私には無理でした。
近くに小児科や耳鼻科がない人にはいい商品だと思います。逆に、近くに病院があるなら買う必要は全くないと思います。

出典:rakutenみんなのレビュー

メルシーポットで吸引する際は我が家もギャン泣きですが、病院で吸引しても泣くので同じ…と割り切っています。

吸われるのが嫌というよりは、抑えられるのが嫌なのかな…という感じです。
吸った後はすぐに泣き止むので、スッキリはしていると思います。

地域によっては小児の医療費は無料なので、病院で吸引して頂いても0円だったら病院でしっかりと吸引して頂いたほうが安心できるかもしれませんね。
ただ、病院でも待ち時間や来院時間を気にせず、鼻水が出るたびにすぐにケアできるのはメルシーポットの魅力の一つです。

 

 

口コミ3「メルシーポットの吸引力が弱い、吸えない」

お値段もそこそこだし吸うかな?と思いましたが吸わないです、、。
花粉症みたいなサラサラの鼻水なら吸うかもしれないです。残念でした。

出典:rakutenみんなのレビュー

サラサラの鼻水は驚くほど取れます。こんなに小さな体にこんなに鼻水が溜まっていたなんて…と衝撃を受けたのを覚えています。
特に風邪っぽい時は30分に1回くらい吸引してもしっかりと吸ってくれました。

ねばねばの鼻水はメルシーポットでも取りにくい事がありますが、マニュアルで推奨しているのが、スッキリ吸引できるタイミングで吸引するという事です。ベビちゃんクリップも上手に使いこなせば、しつこいねばねば鼻水も上手に吸引することができます。

 

シースターの鼻吸機「メルシーポット」をぜひ検討してみて!


耳鼻科に行くにしても深夜は行けませんし、価格で迷う部分はありましたが、我が家では毎日のケアで活用しているので、欠かせないアイテムになっています。
0か月から使えるならもっと早く買ってあげればよかった!というのが率直な感想です。

3歳ごろまでの子供は鼻を自分でかむことができないので、親のケアが必要不可欠です。中耳炎や結膜炎などのリスクも自宅で軽減できるので、自宅での健康管理にも役立ちます。先輩ママとして、自信をもってオススメします!

 

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami