待ちに待った出産!退院日のママの服装はどんなものがいい?

待ちに待った出産!退院日のママの服装はどんなものがいい?

出産を間近に控えたママは、ドキドキしたり不安になったり、赤ちゃんのことで頭がいっぱい!退院するときの自身の服装のことなんて、すっかり忘れているママも意外と多いのだそうです。
いざ退院の日になって「しまった!服がパジャマしかない…」とならないよう、退院時のママの服もしっかり準備しておきましょう。

 

退院時の服装は出産前のものがそのまま使える

出産後のママの体型は、子どもがうまれた直後に戻るわけではありません。赤ちゃんが外の世界に出てきても、ママのお腹はぽっこりしたまま。ゆっくりと戻っていきます。

退院日までに妊娠前のようなお腹に戻ることは、そうなさそうです。そのため、入院が著しく長引かない限り、退院時も出産直前の洋服がそのまま着られます。

また帝王切開になった場合、退院までに体調は回復していても、締めつける洋服を着るのはまだ怖いこともあるかもしれません。普通分娩予定でも緊急帝王切開になる可能性もあるので、どちらにしても退院時は妊娠中の洋服を着る予定にしておくと安心です。

入院するときに着ていた服を、病院内のコインランドリーで洗濯してそのまま着るママもいるそうです。

 

ママの退院用の服装は入院までに準備を

陣痛はいつ起こるか完全には予測できず、突然入院する可能性もあります。それを見越して、入院グッズを事前に準備しているママは多いでしょう。

パジャマや歯ブラシに骨盤ベルト、赤ちゃんの肌着やおくるみなど、準備もしっかりできているみなさん!そこに退院用のママの洋服は入っていますか? 退院のときに着るママの洋服は、早めに決めて入院グッズにいっしょに入れておくのがおすすめです。

急にパパに「あれを持ってきて!」とお願いしても、どこにあるのか把握できていないかもしれません。ママ以外にもわかりやすいようにまとめておくと、いざというときも安心ですね。

もし物が多くなってしまうようなら、入院当日に持って行く荷物と、退院までにパパに持ってきてもらう荷物にわけて準備しておきましょう。

 

ママが授乳しやすい服装がおすすめ

 

生後数日の新生児は、ママのおっぱいを求めて突然泣き出すこともあります。「帰るまでは大丈夫だろう」と思っていても、予想通りにいくとは限りません。

泣いている赤ちゃんを見て「どこか授乳室を探しておっぱいをあげたい」とか「車を停めて授乳したい」とママが思うこともあります。そのため、退院時の服装は授乳しやすいものがおすすめです。

妊娠中は活躍するワンピースも、授乳口がなければ授乳しにくいことも。セパレートタイプの洋服や、ワンピースでも授乳口がついたものなら、あらゆる事態に対応しやすいでしょう。 退院の日に向けて洋服を新調する予定のママは、ゆったりしていて産後も使えるようなものを探してくださいね。

ただし車で帰宅する場合、走行中はチャイルドシートにきちんと乗せましょう。赤ちゃんが泣きだして授乳するときも、焦らず安全な場所に停車してゆっくりと。 授乳ケープもいっしょに用意しておくと、より安心です。

 

退院時に記念撮影ができるぐらいの服装で

退院時は、病院の前で記念撮影をすることもあるかもしれませんね。赤ちゃん用には、真っ白のセレモニードレスを用意するママもいるでしょう。

ママも「これなら写真に残ってもいいな」と思えるような服装がおすすめです。退院時のスナップ写真はとてもいい思い出になるので、着心地だけじゃなく写真に残ることも意識して選んでみてはいかがでしょうか。

ママの服装は赤ちゃんが目立つような色にしたり、パパと統一感が出るようにコーディネートしてみたりすると、写真のおしゃれ度もアップしそうです。 妊娠中にゆっくり準備する時間があるなら、そんな風にあれこれ考える時間も楽しみのひとつになりますよ。

 

退院時のママの服装は出産前に楽しく準備して

退院時の服装は妊娠中の洋服が使えるので、改めて購入する必要はありません。手持ちの服でコーディネートしたり、産後に使うことを見越して思い切って新調してみたり、ママの気持ちを大切にしながら決めていきましょう。赤ちゃんとの新たな生活を思い浮かべながら、楽しく準備してくださいね!

 

▼smarby取り扱いのマタニティウェアはこちら▼
マタニティウェア smarby通販ページ

 

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami