ルームシューズは赤ちゃんにはかせていい?疑問とおすすめを紹介!

ルームシューズは赤ちゃんにはかせていい?疑問とおすすめを紹介!

赤ちゃんとのお家での生活は基本的に素足。室内で靴下を履かせると滑って転倒の危険があり、体温調節を足で行なっているので何も身につけない方が良いとされています。

夏は気にならないそんな赤ちゃんの足元事情ですが、冷え込む季節はなんだか寒そう…。ルームシューズを履かせても良いのか?履かせる場合にはいつからが適しているのか?そんな疑問にスポットライトを当てていきますよ。

【最旬】人気商品やおすすめアイテムもピックアップしてご紹介します。

Contents

 

赤ちゃんには赤ちゃんのルームシューズ事情あり!履かせる目的と意図を知ろう

冒頭で冬は寒そうと言いましたが、実は赤ちゃんにルームシューズを履かせる大前提は「靴の感覚に慣らすため」。大人がルームシューズを履く事情として、床の汚れから足を守るため・冷え対策・足裏の皮脂が床に付着するのが不快…などなど様々な理由がありますよね。赤ちゃんに限ってはこの理由は当てはまらず、いざファーストシューズを履かせるときに嫌がらないためという理由です。

もう1歩踏み込むと、お部屋で歩く練習をさせるという事前トレーニング目的も兼ねているのです。
そのため冬は冷えるからという心配から用意することはありませんよ。季節関係なくファーストシューズの前段階として導入するものであると認識しましょう!

 

赤ちゃんルームシューズの必要性について

吊るしてあるベビーシューズ

赤ちゃんにとってのルームシューズの着用目的はわかりましたね。次に必要性はいかほどなのか?あったほうがいいのかなくてもいいものか、独自に検証しました。

 

いる?いらない?実際のママの声

筆者含め、周りのママたちにアンケートをとりました。ルームシューズに関する意見をご覧ください。

友人A(2歳男の子ママ)

家族全員スリッパを履く習慣がなく、我が子に関しても室内で靴を履くということを考えたことがなかった。でもプレゼントで部屋でも履けるシューズをもらったので、折角だから履かせたよ。可愛かったし、ファーストシューズへの移行もすんなりだったので結果的に履かせてよかった!あるから使ったけど、自分では買わなかったかな。

 

友人B(8ヶ月男の子ママ)

まさに最近つかまり立ちが始まったところ。まだ足裏がペタペタしててなんとなく頼りないので、家での靴は考えていないかな。転倒したときに足首とか怪我しそうでなんか怖くて…。
すぐサイズアウトしそうだから今後も買わないかな。その分、ファーストシューズにお金かけたい!

 

友人C(1歳6ヶ月女の子ママ)

うちは1歳を迎えても歩かなくて、1歳3ヶ月でようやくファーストシューズが履かせられるくらいののんびり成長ペース。練習させたほうがいいのかとルーム用シューズを数回履かせたこともあったけど、それによって何か変わった気はしないかな…。ルームシューズのお陰かはわからないけど、実際の靴への移行は嫌がらず問題なかった。

 

筆者

我が家はスリッパを履く習慣があり、子供が興味を持ち親のを履いて危ないのでお試しに100均で購入(トレーニングを目的としたものではなく、あくまで簡易スリッパ)。たまに履いて喜んでいたが、すぐに飽きておもちゃ箱の底に入っているのが現状。ファーストシューズは抵抗なく履け、歩行も順調だったので結果的に不要だった。

 

いかがでしょうか。親の考え方や子供の成長と性格によって必要・不要の基準は分かれます。どちらが正しいという正解がないのが実際のところなのです。

筆者は当時トレーニング目的というのを理解しておらず、本人が満足するならとのことでただ目についたものを買い与えただけに過ぎませんが「足に何かを身につける」ということを知ってもらえただけでも、1つのメリットかな?と思います。

筆者の周りでは全員がファーストシューズへの移行は問題なしと答えています。子供によっては靴を執拗に嫌がる子もいると聞きますので、やはり慣れさせるという意味で成果を挙げている気はしますね!

以上の結果からのおすすめの対応としては、つかまり立ち〜ヨチヨチ歩きが始まったら1度ファーストシューズを履かせること。嫌がるようならルームシューズを導入して慣れさせる。ということ!
子供のその時の反応や成長に寄り添った柔軟な対応を心がけましょう。

 

 

履かせても発育に問題ない?

「問題ありません」!ただしそれは赤ちゃんにとって正しいシューズを履かせ、使用方法を守った場合尚且つ、大人が必ず目を離さないことが前提なので少々注意を。このあとのアイテム紹介で赤ちゃんに特化したもののみ紹介するのでご参考にしてみてください。

 

 

いつから履ける?

先にも解説しましたが、基本的にはつかまり立ちやヨチヨチ歩きが始まる頃を目安に取り入れましょう。

妊娠中に手編みのシューズを作ったなど用意したものがあれば、ねんね期に身につけても大丈夫ですよ。ただし発達を妨げないために、ファッションの1アイテムとしてや撮影用として短時間のみの着用に留めるのがベターです。

 

ルームシューズとスリッパって同じ?

混乱しないためにこの疑問も解消しましょう。同意語の2つ。実際意味合いは同じなのでしょうか?結果から言うと「明確な違いはない」そうです。

スリッパというと…

スリッパのイメージ

来客用にも出すようなこんなイメージがありませんか?
対してルームシューズは…

ルームシューズのイメージ

いまどきおしゃれデザインのこういうのを思い浮かべる方、多いのではないでしょうか。いざ購入しようと思ってネット検索するときなどは、どっちの単語で検索してもあらゆる種類のシューズが出てくるのでご安心を!
バブーシュ・ブーツタイプ・ソックス型…などなどありますよ。赤ちゃんにはどれが適しているのかは、次を確認しましょう。

 

赤ちゃん向けルームシューズはここに着目して選ぼう!

ベビーシューズ

まだうまく歩けないベビーには、注意を払うべきポイントがあります。お家の中で怪我をしてしまったら大変!赤ちゃんにとって安全であるかを第一基準に選びましょう。

 

サイズが合っているか

最も大事なポイント!サイズアウトしたら勿体無い。長く履きたい。という考えは痛いほどわかりますが、これは絶対的にNG。
歩行をさせることが前提での購入になるのでブカブカではつまずいたり靴の中で足が滑り、正しい歩行が身につかず子供の成長を妨げてしまいます。トラブルを招かぬためにも、一時だけのベビー用品と割り切って履かせる時期にぴったりのサイズを選びましょう。

 

 

靴底の素材は安全か

滑りやすい素材は×!おすすめは安全性に配慮したラバー(ゴム)素材。くにゃっと曲がる柔軟性のあるソールなら足の動きにフィットするので、尚のことよしです。

 

 

滑り止めがついているか

デコボコした加工などの工夫がされているか更にソールをチェックしましょう。バランスが危うい歩き始めの子供にとって、頼りになる滑り止めはマストです。

 

 

適度なクッション性があるか

靴底にある程度の厚みがあると疲れづらいメリットがあります。薄いソールは大人でも履き心地が悪く疲れますよね。歩行をサポートする見落としがちなポイントも少し気にしてみてくださいね。

 

 

赤ちゃんに適した形状か

数あるルームシューズの中でも最も人気で安全性が高いのは「靴下と靴の一体型タイプ」。暑い時期ならショートタイプ。寒い時期ならロングタイプという具合に履く季節に適した種類を選べますよ。

室内で履くことを前提として作られたルームシューズですが、このタイプは外でも履けるものが多いので室内・室外両用OKで使い勝手がいいところもポイント高いです。デザイン性が高く選ぶのも楽しいですよ♪

 

選ぶならこんなルームシューズ!【可愛い&安全性◎】子供思いの商品5選

数あるベビールームシューズから安全基準をクリアした、厳選人気おすすめアイテムをご紹介。出産祝いにも自信を持って贈れるデザイン性にも優れたシューズばかりですよ♪

 

1.Babyfeet(ベビーフィート)ベビー ソックスシューズ

定番中の定番、ベビーフィートのソックスシューズ!おしゃれな雑貨屋さんや子供服ブランドにも取り扱いがあることから、見かけたママも多いのではないでしょうか。抜群の認知度を誇るだけあってその安定性と安全性は確かなもの。オシャレなのでギフトにもよく選ばれています。

生体力学に基づいて、歩き始めの赤ちゃんの足に合うように設計。裸足よりもスイスイと歩けて正しい歩き方が身につくように計算されています。
ソールには通気口付きで蒸れ知らず。丸洗いもできて衛生的です。

Babyfeet(ベビーフィート)ベビー ソックスシューズ 楽天通販ページ

 

 

2.Collegien(コレジアン)フランスのルームシューズ

フランスならではのセンスの良さと感性を盛り込んだ、ベビールームシューズです。どのデザインも全体的に落ち着いたトーンとデザインで、コーディネートしやすいのが特徴!アンテナ感度の高いママ、ファッションが好きなママ、キャラクター系が苦手なママは特に要チェックですよ。

ソックスを履いているかのように軽やかにソフトにあんよにフィット。初めてのあんよで緊張して力が入りやすい足を、そっと癒してくれる今までにない感覚のルームシューズで機能面も申し分なしです。

Collegien(コレジアン)フランスのルームシューズ 楽天通販ページ

 

 

3.COMUSIN(コムシン)ベビーシューズ

なんとも愛らしいデザインに一目惚れ必須。赤ちゃんにぴったりなピヨピヨひよこちゃんと、フォーマルな場にも履いていける真っ白レースの2種類です。
靴底のゴムはおしゃぶりにも使用される抗菌TPE素材の超軽量タイプで、柔らかい感触でよく馴染みます。

また、靴の中には脱臭と通気性に優れた下敷きを用いていており、よく汗を掻く足の裏を細菌から守ってくれる作用も。
とっても楽な履き心地で歩行の練習をお手伝いしてくれますよ。

ベビー シューズ COMUSIN ゴムシン2種類 楽天通販ページ

 

 

4.Attipas(アティパス)ベビーシューズ Sneakers

アティパスの商品は縫い目がなく、接着剤も使用していないためなんでも舐めたり口に入れてしまう赤ちゃんにとってとっても優しい作り。適度に厚みを持たせたラバーソールはしっかり踏ん張れて筋力の発達をサポート!つま先のスペースを広く確保することで、幅広足のベビーにも快適な作り。

つま先からかかとまでゴム素材の靴底がしっかりと覆っているので冷気から足を守って、秋・冬にかけて特におすすめのアイテムです。
編み上げシューズを履いているかのようなデザインもおしゃれ!

Attipas(アティパス)ベビーシューズ Sneakers 楽天通販ページ

 

 

5.ムートン ルームシューズ 

今の時期にぴったり。キュートなデザインのムートンブーツがお目見えです。クマさんの足をイメージしたような見た目で、ふわっふわのムートンが足を柔らかに包み込みます。

よくしなって密着するソフトな感触のラバーが歩行をスムーズにサポート。ルームシューズとしてはもちろん、クリスマスの撮影やお出かけ・お正月の帰省にもぜひともお供させたい1足です。

ムートン ルームシューズ 楽天通販ページ

 

1に安全・2にデザイン!赤ちゃん用ルームシューズは選び方の要点をおさえて

ルームシューズを持つ赤ちゃん

赤ちゃんならではのルームシューズの正しい取り入れ方を知っていただけたでしょうか。つかまり立ちが始まったら成長が嬉しい反面、危険がたくさん!是非とも安全第一の選び方を重視してくださいね。
あんよが板につくその日まで!頼れるルームシューズと出会えますように♡

 

▼smarby取り扱いのファーストシューズはこちら▼
ファーストシューズ smarby通販ページ

 

Writer’s Profile この記事を書いた人

yukari149の記事一覧