保育園の入園準備リスト完全版◎あったら便利なアイテムも網羅!

保育園の入園準備リスト完全版◎あったら便利なアイテムも網羅!

最終更新日 2019-05-17 by smarby編集部

子供の保育園先が決まると一安心♪
入園までの数か月で準備しなければならないものがたくさんあるので、急いで準備に取り掛かりましょう!

園で準備してくれるもの、家庭で準備しなければいけないもの、手作りを求められるものなど保育園によって様々です。

この記事では、全国の保育園で平均的に求められる準備品をリストアップしましたよ。

 

保育園で必要なモノ27!入園準備リスト

基本的に保育園生活で必要になるものはそれほど変わらないので、どんなものが必要になってくるのかあらかじめチェックしておきましょう。

季節が変わると必要になるものもありますが、冬に使うモノを入園時に準備するとサイズアウトしてしまう可能性があるので、気を付けましょうね。

また、赤ちゃんの時に必要なもの、お兄ちゃん・お姉ちゃんになってから必要になるものもあります。

以下のリストをプリントアウトしていただいたら、準備が不要なものは□に×をし、準備が完了したものにはレ点をつけると一目で分かりやすいですよ。

 

せいかつ関係

  • □ 園指定の制服
  • □ 着替え類
  • □ お散歩用の帽子
  • □ 通園バッグ
  • □ ループつきお手ふきタオル
  • □ 紙おむつ・布おむつ
  • □ 文房具

園指定の制服…

指定されている制服があれば、毎日着させる服を悩まずに済むのでとても楽ですよね。園ではお着替えがほとんどないので、2,3セット準備するだけでいいですよ。

 

着替え類…

制服がない園に通う場合は、最低でも1日4セットは準備しておきたいものです。子供は服をすぐ汚したり、汗をかいたりしやすいので、園ではしょっちゅうお着替えをします。動きやすいTシャツや半ズボン、靴下、下着などを揃えましょう。

 

お散歩用の帽子…

ほとんどの園では、近くの公園までお散歩をする時間があります。その時に使う園指定の帽子があるかもしれません。もしくは黄色など目立つ色の指定があるかもしれません。購入前に確認しておきましょう。

 

通園バッグ…

ハンカチ、ティッシュ、連絡帳などを入れるものが必要です。斜め掛けにできる小さなバッグやリュックが人気♪指定のカバンがない場合は、軽くて肩部分が痛くならないかばんを選びましょう。年中さんになってから、子どもが自分で背負えるリュックを準備するようよう指定されることも。

 

ループつきお手ふきタオル

フックに掛けられるよう、ループ付きのタオルを準備するように言われるところが多いです。指定の場所に掛けておけば、使いたい時にすぐ使えて失くしにくいので便利ですよ。

 

紙おむつ・布おむつ

赤ちゃんを預ける場合、おむつは必須。ただし、園によって紙や布の指定があります。布おむつを持っていかなければいけない場合は返却用のビニール袋も一緒に預けるようにしましょう。

 

文房具

大きい子供は工作の時間が。画用紙・えんぴつ・のりなどが必要になる可能性があります。はさみは危険なので、必ず子供用の先が丸くなっているものを準備しましょう。

 

 

お食事グッズリスト

  • □ 赤ちゃんのミルク
  • □ ガーゼハンカチ
  • □ お弁当箱
  • □ 水筒
  • □ スタイ
  • □ コップ
  • □ 歯ブラシ
  • □ クッキング用のエプロン・三角巾

赤ちゃんのミルク…

預ける時間を計算して、必要分量のミルクを持って行かなければなりません。完母希望の場合は、一晩しっかり冷凍した母乳を専用バッグに入れて受け入れてくれるところもあります。

 

ガーゼハンカチ…

特に赤ちゃんを抱っこする時、食事をする時にガーゼハンカチは重宝します。赤ちゃんの汚れを取るためだけでなく、保育園の先生が汚れてしまわないように準備しておきたいものです。

 

お弁当箱

冬場、お弁当を温めてくれる園が多いです。保温器、ストーブなどで温めるので、アルミ製、ステンレス製など材質の指定があるかもしれません。また、キャラ弁を作るママが多いので、キャラ弁グッズを合わせて用意しておくといいですよ。離乳食のうちは、小さなシール容器数個でも良いかも。

 

水筒…

子供が自分1人で飲めるようなタイプの水筒を選ぶようにしましょう。ストローで飲めるもの、ワンタッチで飲めるものがおすすめです。「ふたがコップになるものを」と指定されることもあります。

 

スタイ…

おやつや昼食の時間にはすぐ汚れてしまうので、一日に2,3枚使います。洗濯のことを考えると、最低でも6枚以上は揃えておきたいですね。

 

コップ…

昼食時にお茶を配ってくれる園もあります。また、うがいをする時にも使えるので、プラスチック製の軽くて取っ手の付いた持ちやすいものを選びましょう。

 

歯ブラシ…

園によっては対応しきれないということで、3歳以下の子供にはさせないというところもあるようです。園の方針をしっかり確認しておきましょう。園で歯ブラシを用意してくれるところもありますよ。

 

クッキング用のエプロン・三角巾…

食育の一環でクッキング保育があります。子供もしっかりと料理ができるようにエプロンと三角巾が必要です。三角巾はバンダナや帽子タイプでもいいのか確認しておくといいですね。また、まだ一人では紐が結べない子が多いため、ゴムを通すよういわれることも。

 

 

おひるねグッズリスト

  • □ 布団セット
  • □ タオルケット
  • □ パジャマ
  • □ お布団入れバッグ

布団セット…

どこの保育園でもおひるねの時間があります。園によっては布団が用意されているところもありますが、家庭から持参し、園においておけるところも。お昼寝布団セットを購入すると便利ですよ。

 

タオルケット…

お昼寝には、軽くて汗を吸収するタオルケットがおすすめです。冬には掛け布団を求められることも。

 

パジャマ…

遊ぶ時と寝る時のメリハリをつけるためにも、パジャマを準備する園も。パジャマを着ると、「寝る時間だ」という意識が子供に芽生えるので、家でも寝るときにはパジャマを着用させましょう。

 

お布団入れバッグ…

毎日お布団を持っていくならバッグが必要。園においておくことが出来たとしても、週末や月末には洗濯するために持って帰らないといけないので、お布団を入れられる大きなバッグを準備しなければなりません。

 

 

季節のモノリスト

  • □ レインシューズ
  • □ レインコート
  • □ プール用タオル
  • □ 水着
  • □ お散歩ジャンパー
  • □ 遠足用レジャーシート  など

レインシューズ…

雨の日、特に梅雨になると子供は足元がビショビショになってしまいます。少しでもガードができるようにレインシューズは欠かせません。水溜りに入ることができるので、子どもも楽しい♪

 

レインコート…

同じく雨の日に服をビショビショにしてしまわないよう、レインコートを準備しましょう。小降りの中、植物の観察などをすることもありますよ。

 

プール用タオル…

夏はプールの季節!プールから出ると夏でも寒く感じることがあるので、吸水力の高いタオルを選ぶといいかもしれません。自分でふけるよう、フェイスタオルでOKという園も。

 

水着…

子供たちはプールが大好き♡名前を縫い付けるように言われる可能性があるので、女の子ならワンピースタイプでシンプルなデザインのものがいいですよ。

 

お散歩ジャンパー…

冬になると、散歩時に着るジャンパーが必要です。子供が1人で着れるものや保育士が簡単に着せられるようなものを選ぶと親切です。通園時と同じものでも良いですが、安全のため、フードなしのものがおすすめ。フードなしを指定されることもあります。

 

遠足用レジャーシート…

遠足で一番の楽しみといえば、お弁当タイム♪芝生の上に座って食べられるようにレジャーシートが必要。一人分の大きさで充分です。

 

 

あったら便利♪なアイテム

  • □ おむつスタンプ
  • □ ネームタグ

おむつスタンプ…

紙おむつを持って行かないといけないところでは、他の子のものと混ざってしまわないように一枚一枚おむつに名前を書くように言われます。毎日のことなので大変!でも、スタンプを使えばラクラクです♪

シャチハタおむつスタンプおむつポン 楽天通販ページ

 

ネームタグ…

持ち物全てに名前を書かなければなりません。でも、ペンで書けないものや書きたくないものもありますね。そんな時は粘着テープで付けられるタグが大活躍!タグに名前を書いて、服やカバンに巻き付けるだけですよ。

くまのがっこうネームタグお名前タグセット10枚パック 楽天通販ページ

 

入園グッズは”手作り”をお願いされることも!

「手作りは愛情の証」という、昔ながらの考えで”手作り品”をお願いされることがあります。

たとえば、以下のようなものは手作りになる可能性が高いですよ。

 

カバン系

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ぷちばやしさん(@petit_bayashi)がシェアした投稿

とにかく、カバンが多い!お布団入れバッグ、靴入れバッグ、お着替えバッグ、絵本バッグ、お弁当袋、コップ入れなどなど。

用途によって鞄をわけることで、子どももメリハリをつけて、次第に自分で準備しやすくなるんですね。

画像のように全部同じ布で作ると、かわいいだけでなく、先生も覚えやすいのでだれかと間違ってしまうということを避けられますよ♪

子供と一緒に布選びをして、作る過程を子供に見せてあげるようにしましょう。子供も出来上がるまでワクワクして入園が楽しみになりますよ。

様々なカバンの型紙と作り方を見られるサイトはこちら。参考にご覧ください。

Pandora House 公式ページ

 

 

クッキング用のエプロン、三角巾

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

一翠 (優子)ISSUI / Yukoさん(@issui.yuko)がシェアした投稿

毎日使うものではないですが、ママが作ってくれたお気に入りのエプロンを使用すれば、楽しくクッキングができますね♪大きなポケットを付けておくと便利ですが、「ポケットなし」と指定されることもあるので要確認。

自分で付けられるように、エプロンの付け方も教えてあげてくださいね。型紙と作り方はこちらを参考にしてください。

Pandora House キッズエプロン (110cmサイズ) 16 | 手作りレシピ・無料型紙 公式ページ

 

裁縫が苦手なママにおすすめ!コレを使えば入園準備はばっちり♪

園から手作り品を要求されても、忙しいママや裁縫が苦手なママは困ってしまいますね。

そんな時はコレを使えば簡単♪ママの助っ人を紹介します!

 

懇切丁寧な手づくりキットで楽々♪《入園・入学6点セット手づくりキット》

レッスンバッグ・体操服入れ・シューズケース・コップ入れ・お弁当入れ・ナフキンの6点が作れるキットです。

体操服入れは着替え入れとして、コップ入れはおもちゃ入れなど用途に合わせて柔軟に使いましょう。

同じデザインのキルティング生地とコットン生地、ミシン糸、作り方などが含まれているので、これだけで簡単に作ることが出来ますよ。

デザインは7つあり、性別を問わないオシャレなものなので、下の子へのお下がりにもできますね♪

入園・入学6点セット手づくりキット 楽天通販ページ

 

 

裁縫はムリ!?製作代行業者に頼んじゃおう!《te-tte》

裁縫が出来なくても、愛情不足なんて誰も思いません!代行で作ってくれる業者があるので、利用しましょう。

希望のグッズの製作キットをオーダーすれば、それを利用して業者さんが製作までして送ってくれます。

入園前の時期はオーダーがいっぱいになる可能性が高いので、早めにお願いするようにしましょう。

製作代行 te-tte 楽天通販ページ

 

入園準備品を購入する前に再チェック!

自分で準備しなければいけないものなのか、お金を徴収されて園でまとめて揃えてくれるものなのか、それとも手作りでなければならないものなのかを、園に再確認しましょう。

また、一気に全て揃えると金銭面でも厳しくなるかも。時期をずらして購入したり、知り合いに譲って頂けるものがあるかどうかなど考慮し、計画的に揃えましょう。

子供が気持ちよく入園式を迎えられるよう、チェックは入念に!

 

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami