スマートスピーカーを子育てに活用!?目から鱗な使用法をご紹介!

スマートスピーカーを子育てに活用!?目から鱗な使用法をご紹介!

最終更新日 2019-05-17 by smarby編集部

だんだんと家庭にも浸透してきたスマートスピーカー。実は、子育て世帯にとってたいへん便利なアイテムなんです。

スマートスピーカーの仕事としてまず思い浮かぶのは、家電の操作や音声検索。これらはスイッチやスマホを触らなくて良い点に大きなメリットがありますね。両手がフリーなので、ママは子供のお世話に集中できる!

さらに、スマートスピーカーのような”ロボットっぽい”アイテムは、子供が大好き。そこにあるだけで立派なおもちゃになり、料理中の忙しいママにまとわりつく時間が減ります。

他にも、子育ての面で実用的な使い方がたくさんあるんです。この記事は、実際に使用しているご家庭での使用方法を9つご紹介しましょう。

 

スマートスピーカーの”子育て活用法”9つ♪「こんな使い方できるんだ!」

いまや、スマートスピーカーのテレビCMを見ない日はないくらい!

筆者の息子は5歳ですが、「OK,google!恐竜見せて。」と話しかけると、ちゃんと恐竜のマネを…。スマートスピーカーは、幼児でもその役目をちゃんと理解できる、直感的操作が魅力のアイテムです。

家電操作だけでなく、子供の遊び相手にも、先生にもなれるスマートスピーカー。子育てでどのように活用できるのか、例をあげて紹介します!

 

1.リマインダー機能で、子供たちが自分からすすんで動く!

多機能なスピーカー

子供たちは大人の思うように動いてくれませんよね。

ママがどんなに「ご飯食べて!」「お片付けして!」と言っても、踊ってばかり遊んでばかりでイライラ…!なんてこと、よくありますよね。

スマートスピーカーに、あらかじめ「ご飯」「お片付け」「着替え」などをリマインドしておくと、時間になったらスマートスピーカーがお知らせ。子供たちは、スマートスピーカーの言うことならすんなり聞くんですよ(笑)

ママのイライラも減り、子供たちもスムーズに動き、良いことづくめです!

 

 

2.料理中はスマートスピーカーにお話してもらおう☆

「ママ―!これ読んでー!」の絵本攻撃。読んであげたいけれど、さすがに料理中に絵本は無理ですよね。絵本でなくとも、とにかく料理中は大抵のことは「待ってね」「あとでね」と言ってしまいます。

そんな時に、スマートスピーカーがあれば「おもしろい話して」と言うだけで、いろいろな話をしてくれますよ。

バリエーションも豊富なので、毎回新鮮な気持ちで聞くことができます。ジョークまで言ってくれますからね。

思わず大人も聞きこんじゃうかも!?

 

 

3.英単語をネイティブの発音で教えてくれる!

アルファベットのオブジェ

幼児の英語教育は、単語からスタートします。英単語は知っていても、発音はちょっと自信ない、というママも多いことでしょう。

スマートスピーカーはネイティブの発音なので、安心して子供に聞かせられますよ。そのうち、自分から「〇〇を英語で教えて」と質問する子供の姿が見られるかもしれません。

将来、英語アレルギーにさせないために大事なステップといえますね♪

 

 

4.赤ちゃんのごはん・うんちの記録も喋るだけでOK!

スマートスピーカーに語りかける女性

赤ちゃんの授乳時間、うんちの記録、離乳食に何を食べたか等々、新生児のうちは特に、付けるべき記録がたくさんあります。

しかし、毎回毎回スマホに入力するのも手間だし、忘れてしまうことも。

スマートスピーカーなら、話しかけるだけで記録を取ってくれますよ。授乳しながら、おむつを替えながら、赤ちゃんに「はいあーん」させながら記録が付けられるので、忘れずに毎日続けられます。

 

 

5.童謡も、子守唄も、スマートスピーカーにおまかせ♪

卓上のスマートスピーカー

スマートスピーカーに「〇〇を聞かせて」と言うだけで、音楽を流してくれます。子供の好きな童謡だってもちろん流してくれますよ。

ママが家事をしている間や、面白いテレビがない日、お昼寝前の時間など、たくさんの童謡を聞かせてあげましょう。

 

 

6.子供の着替えをさせながら、今日の天気を質問しよう

赤ちゃんの着替えを手伝うママ

小さな子供の着替えは、走り回る子供を捕まえて一枚ずつ着せていく重労働。赤ちゃんだってハイハイして、追いかけっこを楽しもうとします。

「今日寒いかな?暑いかな?」とスマホで検索している間に、子供ははるか遠くへ…。

スマートスピーカーに今日の天気を質問すれば、子供に肌着を着せながら気温に応じた服を選べます。朝の忙しい時間でもスムーズに着替えさせることができ、ママのイライラも減りますよ。

 

 

7.寝かしつけ&夜中のお世話時に照明を操作できる!

ベッドで眠る赤ちゃん

スマートスピーカーは小声でも動かせることが強み。

寝かしつけ前の絵本タイムには明るめの照明を、トントンしながら寝るのを待つ時間には暗めの照明を…といった具合に、スマートスピーカーへ話しかけるだけで部屋の明かりを調節できます。

ママは動くことなく部屋を暗くできるので、ささいなことで起きる子供も覚醒させずに済みますよ!

”寝かしつけのやり直し”は辛いですからね。

 

 

8.赤ちゃんで手が離せないときでも、LINEやメールを読み上げてくれる

パソコンのメール画面

赤ちゃんのおむつを替えているときや、抱っこしてあやしているときにLINEの通知音が鳴ったら、気になりますよね!

「たぶんどうでもいい内容だと思うけど、重要だったり、緊急の連絡だったらどうしよう?」

こんな時に、スマートスピーカーに話しかけると、LINEやメールの内容を読み上げてくれますし、返信もすることができます。

赤ちゃんのお世話がひと段落したら返信しよう、と思っていても、結局3時間後にスマホを見る羽目になったりするのが子育て。

スマートスピーカーがあれば、友人たちから孤立することなく子育てができますよ。

 

 

9.「なんで?なんで?」攻撃にうんざりしたら「スマートスピーカーに聞いてみて」

あらゆる分野に答えるスマートスピーカー

子供の「なんで?なんで?」は成長の証、とはいえひっきりなしに聞かれ続けると、ママもうんざりしてくるもの…。

イライラしてしまう前に、「スマートスピーカーに聞いてごらん」で逃げるのも手。

できるだけ相手をしてあげたいのですが、子供に100%向き合うとなると、精神的に擦り減って疲れてしまう場合も。時としてほどほどにあしらうスキルも大切ですよ。

スマートスピーカーなら、ママの罪悪感も少なく、子供の気を逸らすことができます♪

 

スマートスピーカーは、家族を笑顔に!

スマートスピーカーを子育てに活用すると、ママのストレスも減り、子供にとっては面白いおもちゃが増え、家族みんなにとってメリットがあります。

ぜひもう一人の家族として、家に迎えてみては?

 

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami