ベビーカーのベルトカバー《必要性・活用術・人気&手作り品》全網羅

メニュー

ご案内

ベビーカーのベルトカバー《必要性・活用術・人気&手作り品》全網羅

DATE
2019-02-01
WRITER
zoe

《ベビーカーのベルトにつけるよだれカバー》が「ちょっと気になる」、「欲しい」、「手作りしたい!」と思っているママ必見。

抱っこ紐のよだれカバー(サッキングパッド)ほどメジャーでもなく、使用を悩みがちですが、その必要性や目からウロコの活用アイデアなどお役立ち情報をお届け♡

さらにベビーカー用カバーならではの選び方、手作り方法などもアドバイス。人気のベルトカバーも登場します。

ベビーカーのベルトカバーのことなら、どうぞお任せください。ぜひご一読をおすすめ!

Contents

 

ベビーカーベルトによだれカバーって必要?

そもそもベビーカーのベルト用によだれカバーは必要なんでしょうか?実際に育児を通して「必要」と感じたママと「不要」と感じたママの、それぞれの意見をまとめてみました。

必要派 不要派

 ①ベビーカーベルト本体がよだれで汚れない
ベルト本体を洗濯する手間が減る

②自分のベビーカーがひと目で分かる
 オリジナリティが出せる
 かわいい、おしゃれ

 ③ベルトの肌あたりがよくなる

①ベルトを噛んだり舐めたりする時期はわずかだから

②あまりベルトを噛んだり舐めたりしなかった
舐めても気にならないレベルだった

③カバーを付けたり外したりするのが手間

④カバーをこまめに洗濯する必要がありそう

それぞれのメリット、デメリットというべき部分が見えてきますね。ベビーカーの使用頻度や、赤ちゃんの個性などによって、必要度合いは変わってくるようです。

 

ベビーカーのベルトにカバーを使うべきママ&ベビー

ベビーカーでお出かけ中のママ&ベビー

正直、ベビーカーのベルト用よだれカバーは「絶対必用なベビー用品!」とは言えませんが(筆者の周りでカバーを使用したというママは極少数でした)、下記のいずれかに該当する場合は使用をおすすめ。

  1. よだれが多い赤ちゃんで、ベビーカー移動も頻繁
  2. ベビーカーのベルトで首や頬がこすれて傷をつくってしまう赤ちゃん
  3. とにかく可愛いものが好き、オリジナル感を大事にしたいママ

ベビーカーのデコ・ファッション感覚ととらえても楽しそうです。

 

そんな使い方も!ベビーカーのベルトカバー活用術

GOOD IDEAひらめき

ちなみにベビーカーのベルト用「よだれカバー」ですが、ベビーカー卒業後にはこんな再利用方法も。長く活用する方法があると分かれば、買おうかどうかの迷いも減りそうですね。

  1. ママ(&子供)のリュックやバッグの肩ベルトに使用して負担を軽減
  2. 車や飛行機のシートベルトカバーに
  3. ペットボトルカバーに(サイズによって難しい場合も)

他にも買い物を沢山したときのショッピングバッグや、新聞紙や雑誌を束ねて捨てるときの「持ち手」に使用するのもいいかもしれません。

 

ベビーカー用ベルトカバーのチェックポイント4

ベビーカーベルトのよだれカバーを選ぶ際には、以下のポイントをチェックしておくと安心。

 

1.留め方

ベビーカーベルトのよだれカバーの留め方は「マジックテープ(面ファスナー)」タイプと、「スナップボタン」タイプの2種。マジックテープの場合、多少のサイズ調整が可能です(ただし、露出したマジックテープ部分が赤ちゃんの肌を刺激してしまう可能性も。ご注意を)。

簡単に留め方によるメリット・デメリットをまとめました。

  マジックテープ(面ファスナー) スナップボタン
メリット♪

①サイズ調整が可能

②着脱が簡単

③金具等の凸凹がないのであたりがなめらか

①しっかり留められる

②洗濯時の扱いが楽

③リバーシブル仕様のものに出会える

 デメリット☓ 

①手先が器用&力が強い赤ちゃんだとめくったりすることも

②糸くずやゴミがくっつきがち

③洗濯時に他の衣類等にくっつく、厄介

①サイズ調整ができないのでズレてきたり、適合しない場合も

参考の上、ご自分の好きな使用をお選びください。

 

 

2.サイズ

よだれカバーが自分のベビーカーベルトの適合サイズか、念のため縦横サイズをチェックしておきましょう。ベルト幅があっていることが大事なので、縦よりも横のサイズが重要です。

抱っこ紐にもベビーカーベルトにも兼用できる「マルチカバー」は、サイズ調整可能な「マジックテープ(面ファスナー)」仕様が多いです。

反面「スナップボタン」留めのマルチカバーの場合、抱っこ紐に合わせて幅をとっているため、ベビーカーベルトでは「サイズがゆるくてカバーが上下にズレてしまう!」なんてことも。

スナップボタンの場合は特にサイズ確認をお忘れなく。

 

 

3.素材

赤ちゃんの肌にもやさしい、綿・ガーゼなどがおすすめ。またこまめに洗濯することを考えると、自宅で洗濯出来るものを選ぶべきですね。
厚手のものの場合、乾きにくいこともあるので、洗い替え用にもう1セットあると心強いです。

 

 

4.口コミ

口コミは大事なチェックポイント。ネット購入の場合、使用感や手触りなど重要な情報源となります。使用画像などをUPしてくれている場合もあるので、よりイメージが湧きやすくなりますよ。

 

人気のベビーカーベルトカバーおすすめ5選

数あるベビーカー用よだれカバーの中でも、人気の高いアイテムを5つご紹介。
(※価格は2019年1月末日のものになります。)

 

1.無料で名入れOK マルチベルトカバー

こちらは無料で名入れ刺繍ができる(我が子オリジナル♡)、マルチベルトカバー。

ベルトカバーの色、名前の字体や刺繍糸のカラーは自分でチョイス可能。組み合わせバリエも豊富なので、かぶることはまずなさそう。これなら混雑したベビーカー置き場などでも、すぐに自分のベビーカーを発見できますね。

パイル生地の間には中綿が詰まっているので、程よいクッション性もあり

  • サイズ(約):15×17cm(三つ折り後4〜5.5cmのものに巻くことが可能)
  • 留め方:マジックテープ
  • 素材:(表地)綿76% ポリエステル24%(裏地)ポリエステル100%(中綿)ポリウレタン100%
  • 価格:税込3,240円

お名前刺繍無料! カスタマイズ マルチベルトカバー DORACO FIRST ドラコファースト 楽天通販ページ

 

 

2.日本製 はぐまむ ガーゼ ベビーカーよだれカバー 

筆者はこちらのお店のガーゼケットを愛用していたのですが、本当にふんわり柔らかな肌触りで息子も筆者も大好きでした。ということで「はぐまむ」のよだれカバーをぜひおすすめさせてください。

まずママも安心の日本製です。そしてガーゼ素材なのでとっても肌当たりが柔らか。洗えば洗うほど馴染みがよくなり風合いもでてくるので、愛着もわきます。

ちょっとわかりにくいので注意が必要なのですが、このベルトカバーは柄によって2重ガーゼ、3重ガーゼ、5重ガーゼと厚みが異なります。数字が大きいほど厚みがでます。ふんわり具合も重視したいなら断然5重ガーゼがおすすめです。

  • サイズ:約17.5×16cm 2枚1組
  • 留め方:スナップボタン
  • 素材:綿100%(ガーゼ素材)
  • 価格:税込1,000円

 はぐまむ ガーゼ よだれカバー ベルトカバー 日本製 楽天通販ページ

 

 

3.日本製 ベルトカバー ワイドタイプ

リバーシブル仕様(裏地は白いワッフル)なので、パパがベビーとのお出かけに使用する際は無地にするなど付け替えも可能。

デザインも無地やPOP、シックなものとバリエが豊富。ワイドタイプなので、ベビーカー以外に抱っこ紐やおんぶ紐にも取り付け可能です。しかも日本製。やった!

  • サイズ:縦17×横21.5cm (ベルト幅7~8センチ程度まで対応 )
  • 留め方:マジックテープ
  • 素材:(表生地)綿100% (中綿)ポリエステル100% (裏生地)綿100% 
  • 価格:税込1,100円

【日本製】ベルトカバー 2個セット/ワイドタイプ  ベビーカー 抱っこ紐  楽天通販ページ

 

 

4.日本製  マルチベルトカバー2種セット

洗い替えが必要になることを想定しての、よだれカバー2組セット。1組あたり約1,000円ですので、お手頃ですね。抱っこ紐にもベビーカーにも使用可能。

中綿にフリースを使用しているのでふんわりした仕上がり。裏面は無地のワッフルガーゼで、リバーシブル仕様です。

やさしい色合いの柄が多く、ママにもベビーにもお似合いのデザインがきっとみつかるはず。2組セットなので、お気にいりデザインをふたつ選べるのも嬉しいですね。

  • サイズ: 15cm×8.5cm(ホックを締めて閉じた状態)
  • 留め方:スナップボタン
  • 素材:綿100%
  • 価格:税込2,008円

【日本製】 抱っこひも用 よだれカバー 2種セット ベルトカバー  楽天通販ページ

 

 

5.日本製 NAOMI ITO(ナオミイトウ) サッキングパッド 

 

 

いずれママもベルトカバーを再利用しようともくろんでいる場合、デザインはできるだけシンプルなものがいいですよね。

上品でセンスのいいベビーグッズが揃う「NAOMI ITO(ナオミイトウ)」のサッキングパッド(よだれカバー)なら、ママも納得して使用できるのでは?

デザインはもちろん撥水効果のある中しん入りなので、よだれの浸透を食い止めてくれる実力派。ダブルガーゼのプリント生地とパイル生地のリバーシブル仕様です。

  • サイズ:約16.5×21cm
  • 留め方:スナップボタン
  • 素材:(表地・パイル地)コットン100% (中しん)ポリエステル100% 撥水加工

 

ベビーカーベルトのよだれカバーは手作りも大人気

さて、ベビーカーベルトのよだれカバーの手作りに興味がある人はこちらをチェック!作り方を説明している動画を紹介します。

 

よだれカバー作り方動画

こちら抱っこ紐のよだれカバーの作り方ですが、ベビーカーのベルトカバーも手順は一緒。使用する生地のサイズをベビーカーのベルト幅にあわせて微調整すればOKです。

 

 

みんなの手作りベビーカーベルトカバー作品

動画よりも簡単な作り方でベルトカバーを作っている先輩ママも。ぜひ参考に。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@tayu.taがシェアした投稿 -

▲ハンドルカバーやフロントカバーもお揃い♡まるで市販品のよう!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Yumiさん(@yu1025mi)がシェアした投稿 -

▲手縫いで仕上げられたベルトカバー。ミシンがなくてもこんな素敵なカバーが作れちゃうなんて驚き。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

橋本敬子さん(@kchan_1115shine)がシェアした投稿 -

▲セリアで購入したハンカチを使用して、制作費300円&製作時間20分で完成したというよだれカバー。これは真似したい!

みなさんアイデアが素晴らしいですね。こだわり派や時間に余裕のあるママは一度手作りするのもいいかもしれません。

 

よだれの多い赤ちゃんにはぜひベルトカバーを♡

抱っこ紐にしてもベビーカーにしても、よだれが多くてベルトや肩紐を舐めたり噛んだりしてしまう赤ちゃんには、ぜひカバーの装着をおすすめします。

なお、ご使用の際はお手入れもこまめに行い、清潔な状態で使うようにしてくださいね。機能的&かわいく装飾されたベビーカーで、お出掛けが一層快適で楽しいものになりますように。

 

▼smarby取り扱いのベビー用品はこちら▼
ベビー用品 smarby通販ページ

 

smarby(スマービー)のアプリをダウンロードしてお買い物を楽しもう!

smarbyのアプリのダウンロードはこちらから

掲載商品

その他のよみもの


人気記事ランキング

アイテムカテゴリーで探す