【インタビュー】道端アンジェリカ初プロデュース〜smarby限定販売のママにも赤ちゃんにも安心の授乳ケープ〜

メニュー

ご案内

【インタビュー】道端アンジェリカ初プロデュース〜smarby限定販売のママにも赤ちゃんにも安心の授乳ケープ〜

DATE
2019-02-28
WRITER
smarbyPR

この度、道端アンジェリカさんとsmarbyのコラボ授乳ケープが発売することになりました。

アンジェリカさんに今回プロデュースされた授乳ケープへの想いや、ご自身の育児についてのお話を伺ったのでご紹介します♪

 

「アイコンタクトを取りながら授乳できるのは、ママはもちろん、赤ちゃんにとっても安心材料」

授乳ケープ ママ 赤ちゃん ベビー

2018年7月に第一子となる男の子を出産した、モデルの道端アンジェリカさん。自身の出産・子育ての経験を踏まえ、授乳ケープを初プロデュースすることに。

「今の私にとって、いちばん楽しくて幸せな時間は、ベビにおっぱいをあげているとき♡。おっぱいを一生懸命吸っている姿も、お腹が空いて“おっぱいがほしい!”と興奮している様子も、すべてが愛おしくて仕方ないんです。だから、授乳中はずっとベビの顔を見ているし、頭も撫でちゃう! 

 

授乳ケープを作るお話をいただいた当初から、ママの両手が塞がっても赤ちゃんの顔がちゃんと見えるように“ワイヤー入り”は絶対条件でした。私自身もそうでしたが、初心者ママは自分の乳首の位置をまだ把握できていなかったりして、赤ちゃんを見ないで授乳することがとても難しいんですよね。

 

でも、ワイヤー入りなら赤ちゃんの様子を簡単にチェックできるし、赤ちゃんもママの姿が見えるから、とても安心してミルクを飲めるみたい。私のベビもこの授乳ケープを使い始めてからは、授乳中にぐずることがなくなりました。
あと、赤ちゃんは暑いのが苦手ですよね。ワイヤー入りのものは風通しが良いから、心地いい授乳タイムを過ごせるのもポイントなんですよ。

 

そうそう、この授乳ケープのワイヤーの長さは、日本人女性の平均身長160cm前後に合うように作っているんですよ。狭すぎず広すぎず、赤ちゃんと視線を合わせながら授乳できるうえ、周囲からおっぱいがチラ見えする心配もナシ♪逆に、私のような身長175cmの女性が使っても、布の部分が通常よりもワイドなので小さいな〜と感じることがありません。

 

ちなみに、生地のサイズが大きめだからこそ、ブランケットとしても使えるんですよ。“ワイヤーがちょっとネック?”と思われがちだけど、ワイヤーがあるからベビーカーにさっとかけても落ちにくくて、実はとっても便利!育児中は何かと荷物が多くなりがちだから、ママの負担を少しでも減らしたくて2wayタイプにしたんです」(道端アンジェリカさん)

 

「オシャレだから授乳中も悪目立ちしない。周囲も幸せな気分になれるものを作りたかった」

授乳ケープ ママ 赤ちゃん ベビー授乳ケープ ママ 赤ちゃん ベビー

授乳ケープとしてブランケットとして、大切な赤ちゃんを1日に何度も包み込むアイテムだからこそ、素材選びにもこだわったそう。

「この授乳ケープに使われている生地は、伸縮性があって肌触りも本当になめらか!この授乳ケープをベビと一緒に初めて使ったとき、ベビはこの生地を掴んでずっと離さなかったんですよ(笑)。

 

“赤ちゃんが呼吸しやすいように、気持ちよく過ごせるように”という想いを最優先にして作ってきたたから、息子のその反応を見たときには本当にうれしくて“ヨシッ!”と思いましたね。

 

あと、ママ自身が授乳を楽しめるように、デザインにはかなりこだわっています。私、授乳ケープを作るなら絶対に“メッセージ性があるもの”にしたかったんです。なぜなら、授乳ケープには柄物が多いから。ママだって周囲とカブらないようなおしゃれがしたいし、授乳ケープのデザインにももう少し幅がほしいな〜と思っていたんです。

 

これもママになってから初めて気づいたのですが、日本は外出先で授乳しづらい国ですよね。隠しているのに悪目立ちして、レストランでも公園でも端っこに行かなければならない。それがとてもイヤだったけど、原因は授乳ケープのデザインにもあるのかなって。「授乳ケープのデザインにもっとファッション性があったら、どんな場所でも浮かないし、引け目を感じずに授乳できるはず!」と、考えたんです。

 

メッセージは、私が考案しました。今回はオレンジとネイビーの2色を作っていますが、オレンジには「DAD!! DON’T STEAL MY MILK!!(パパ!僕の(私の)ミルク盗まないで!)」、ネイビーには「THIS MILK IS SOOO GOOD〜(このミルク最高〜)」という文字をデザインしています。この授乳ケープを使っているママの姿を見て、誰もが“くすっ♪”と温かい気持ちで笑えるようなデザインにしたかったんです。だってそのほうが、みんなハッピーな気持ちになれるし、子育てがもっと楽しくなると思うから。

 

色選びに迷ったら、大人っぽさを求める人にはネイビーをおすすめします。トレンドを重視したかったりカジュアルに使いこなしたい人には、今年の流行色でもあるオレンジが合うと思いますよ。

 

あっ!! 大切なことを伝え忘れていました(笑)。この授乳ケープはワイヤーのサイズ感や生地を含め、すべてメイドインジャパンです。一人でも多くの日本人ママに安心して使ってほしかったので、“日本製”ということにもこだわりました。」

 

「落ち込んだときはファッションや美容に癒されるのも、育児のコツです」

道端アンジェリカ

取材中、何度も「子育てがこんなに楽しいとは思わなかった!」と、アンジェリカさんは目を輝かせながら話します。ママ自身が自分を追い込まない&イライラしない、アンジェリカ流ハッピーな子育て理論とは?

「姉はアメリカで、義理の姉がヨーロッパで子育てをしていることもあり、普段から世界中の育児情報をチェックしています。国ごとに常識やライフスタイルが異なるように、育児方法も面白いくらいに違うんですよね。そうやっていろいろ調べるうちにわかったことは、日本の育児理論は、いい意味でとてもマジメで丁寧。でも、それができなかったら、日本人の気質的にもプレッシャーになりかねない。第一子を育てるママなら、なおさら! 

 

けれども、人それぞれ個性があるように、日本人だからといってすべての日本人にフィットする子育て方法ってあるのかな? 子育ても結局は、自分や赤ちゃんとの相性が大切。お互いが心地いいと思える手段を選んでいけばいいと、私は思うんです。

 

なので、私は海外の情報でも“これ、良さそう!”と思ったら、とりあえず試してみます。その結果、『これはうちらに合っているね!』とか『やっぱりやめておこうか〜(笑)』とか、ベビの反応を見ながらいろいろ相談して、私たちにマッチしたライフスタイルを見つけるようにしています。

 

私は子育てを始めてから、ベビが泣いてもぐずってもイライラしたり焦ったりした覚えがないのですが、それはいい意味で“無理をしない、型にハマらない”ことがよかったのかも」

 

道端アンジェリカ ママ 赤ちゃん ベビー

 出産後にひとりの時間が激減し、美容やファッションが疎かになりがちなことも、育児中のママのストレスのひとつ。子育て真っ最中でありながら、抜群のスタイルと美しさをキープするアンジェリカさんは、どのような毎日を過ごしているのでしょうか?

「毎朝6時前後に起きて、子供がまだ寝ている間に5キロのランニングへ出かけます。帰ってきて授乳をしたら、パパにベビを見てもらい1時間お風呂へ入り、ドラマを見ながら半身浴をしたり、パックをしたり、濡れた肌にも使える保湿オイルを全身に塗ったり…etc. お風呂から上がったらスキンケアからボディケアまで、すべて完了している状態です(笑)。

 

出産してから、朝のスキンケアを頑張ることにしていて、夜はスプレータイプの化粧水をさーっと吹きかけて、ナイトクリームを塗るのみ。子供が眠ってからゆっくりやろうと思うとなかなか寝つかなかったり、一緒に寝落ちしちゃったときに罪悪感を覚えそうだから。

 

しかも、朝がメインのスキンケアサイクルは、夜は不要なものを排出する、朝は1日過ごすためのエネルギーを吸収するという肌のメカニズム的にも合っていて、実は効率的なお手入れなんですよ! 

 

私は始めてから、メイクのりがかなり良くなりました。育児初期のママはもちろん、仕事が忙しくて一刻も早く寝たいワーキングママにもおすすめです。結婚や子供の有無、年齢に関係なく、女性は肌がキレイになったり、メイクやファッションがキマると、自然と気分が上がる生きモノなんですよね。それはとても幸せな本能であり、疲れたときこそ頑張れば、赤ちゃんの前でも常に笑顔でいられるし、育児がもっと楽しくなる。

 

この授乳ケープを作るにあたってファッション性にこだわった理由のひとつは、とにかくママがハッピーな気持ちで毎日を過ごしてほしいからなんですよ」

 

道端アンジェリカ 

 常に明るくて前向き。何事にも積極的に取り組んできたことで得られた、アンジェリカさん。この授乳ケープには、彼女ならではの“ハッピーな育児の極意”が、たくさん詰まっています。自身にはもちろん、育児に奮闘中のママ友や初めての出産を控えた友人など、大切な人たちへのプレゼントにもぜひ!

 

▼授乳ケープの購入はこちら▼
道端アンジェリカプロデュース授乳ケープ smarby通販ページ

 

smarby(スマービー)のアプリをダウンロードしてお買い物を楽しもう!

smarbyのアプリのダウンロードはこちらから

その他のよみもの


人気記事ランキング

アイテムカテゴリーで探す