サッカーママの応援ファッションは暑さ寒さ対策最優先で考えるべし!

サッカーママの応援ファッションは暑さ寒さ対策最優先で考えるべし!

ジュニア年代のサッカーは、パパママのサポートが必須。
家族総出で、お子さんのサッカーを楽しんでいるご家庭も多いことでしょう。
真夏の炎天下、真冬の氷点下、ボールを元気に蹴る子どもたち。ピッチの傍らには、見守るパパママの姿。
ところで、ママのサッカー観戦ファッションはどんな感じ?気をつけていることある?隣のママの格好をこっそりチラ見。ちょっと気になる。

ということで、今回は《ママの応援ファッション》に迫ってみました。
息子2人を全力サポート中!グラウンドに通いだして早6年、現役サッカーママである筆者がリアル情報を入れつつ解説していきます。
服装を考える上で最も大事なのは、暑さ対策・寒さ対策を完璧にすること!それではいってみましょう。

Contents

 

サッカー応援ママの基本スタイル

サッカーは基本、屋外でプレイするスポーツ。
夏の暑さ・冬の寒さ対策は欠かせません。付き添うママの応援ファッションは、トレンドやファッション性は二の次。まずは《いかに快適に過ごせるか》の視点から考えてみましょう。

暑い季節・寒い季節別におすすめの服装を解説&紹介する前に、サッカーママの応援スタイルはこういう感じが◎、基本スタイルを確認しておきましょう。

 

汚れてもいいと思える服装

サッカーママの応援スタイルは、汚れてもいいと思える服でまとめましょう。
子どもたちのようにサッカーをしていなくても、グラウンド、ピッチそばは立っているだけで汚れます。
風が強い日、砂のグラウンドは、砂埃でザラザラ。

また、腰掛けるスタンドやベンチがきれいとは限りません。
立ったままでは長時間の応援時はくたくたに疲れます。どこでも座れる服、汚れても洗えばOK!と思える服装がベストです。

 

 

動きやすい服装

子供のサッカーには、ママも動きやすい格好で!がお約束。
運動やアウトドアに適した格好が目安。運動会やキャンプ、バーベキューのときのファッションをイメージしてください。

足元はスニーカー、ボトムスはパンツがやっぱり快適です。
ボールが飛んでくればさっと拾う、座ったときスカートだと気を使う。身軽で気楽に動ける服装の方が疲れません。

ワンピースにヒールの靴では場違い、何しに来たのかな?と変な注目を集めてしまったり。場に馴染む服装をチョイスしましょう。

 

 

貴重品は常に持ち歩けるように

服装とはちょっと違いますが、サッカーママは小さなショルダーバッグを持っていくと◎。
カメラや帽子、防寒具、敷物や椅子、お弁当や食べ物・水筒等、何かと持ち物が多くなるサッカーママ。

大会では会場間移動が多いもの。大荷物は置いて移動できたほうが楽です。
貴重品は別持ちして移動時にも持ち歩けると安心。
小雨程度なら問題ない素材や負担感の少ない軽量タイプ、邪魔にならないコンパクトなバッグに、お財布・スマホ・鍵などをイン。とっても身軽!
折りたたんで収納できるサコッシュバッグなど、おすすめです。

 

 

 

《夏》サッカーママの応援ファッション!暑さ発!紫外線&汗対策

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

yu-haさん(@soccer.46.az)がシェアした投稿 -

夏のサッカーは、暑いの一言に尽きます。
息子のサッカークラブは、真夏日でも通常通り練習や試合が行われました。
子供の熱中症予防に努めつつ、応援しているママパパの体調や快適さについてもきちんと考えたいところ。服装は、紫外線と汗対策を優先して考えましょう。

 

全ママ必須!紫外線対策

5月に入れば、気温は上昇し日差しがジリジリ。一日屋外で応援し夕方鏡を見てびっくり「なんか赤い?日焼けした!」となります。
いつまでも若々しいママでいるために、老化の元凶!紫外線対策は確実にしましょう。

まずは、日焼け止めでお肌をプロテクト!そのうえで、紫外線遮断グッズを駆使しお肌を守りましょう。
日傘・サングラス・帽子は必需品。アームカバーやUV加工の羽織ものも総動員して腕や首のうっかり焼けを予防しましょう。
洗濯や使用でUVの効果が薄れる場合もあるので、定期的に買い換えしたほうが◎。
日傘は晴雨兼用の折りたたみ傘を1本もっているとなにかと重宝します。

 

 

汗対策

じっとしているだけで、汗がどんどん吹き出す夏。パパママ応援部隊も選手たちと同じようにこまめな水分補給が大事です。
服装は、汗ジミ対策を考えておいたほうが◎。脇の下が汗で濃い色になっているのはかなり恥ずかしいですよね。

汗ジミが目立つNO.1カラーはグレーの服。ベージュやパステルカラーも危険です。洗濯で濡れたときに色が変わるカラーが汗ジミ目立ち度高。
白や黒、ボーダーなどの柄物は目立ちにくいのでおすすめです。
ただし、白の服は汗による黄ばみが目立ちやすいので、着用後すぐにお洗濯するのが理想!

素材は、速乾性や通気性が高いポリエステルやメッシュ素材がさらっとしていて肌離れよしです。

汗拭き用のタオルやハンカチは携帯できるように、入れておけるバッグを持ったり、ポケットのあるボトムスが◎。

 

 

《Tシャツ×パンツ》スタイルが基本ファッション

具体的なママコーデは、《Tシャツ×パンツ》で考えるとOK!
白T×デニム、ボーダーT×ワイドパンツ、ロゴT×ストレッチパンツなど、組み合わせ・バリエーションは無限大。

ヒップラインが気になる方はシャツを腰に巻いてカバー。
Tシャツは長さがあるものがおすすめ。しゃがむことも多いサッカーサポート、背中が丸出しにならない長さのトップスが安心でしょう。

試合や大会の日は、チームユニフォームのカラーで合わせてみたり、オシャレ感度高めで楽しみましょう。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

bluebeatさん(@bluebeatwebstore)がシェアした投稿 -

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

bluebeatさん(@bluebeatwebstore)がシェアした投稿 -

 

《冬》サッカーママの応援ファッション!ひたすら防寒

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

yu-haさん(@soccer.46.az)がシェアした投稿 -

冬のサッカーは、自然の厳しさを身をもって体験します。
天気がよく昼間は暖かく感じられる日も、15時をすぎる頃にはぐっと気温が下がり、身体の芯から冷え切ります。
ホッカイロを2,3個貼っていても膝の震えは止まらなく、家に帰ってお風呂にはいってもお湯の熱さをしばらく感じられないほど。

サッカーは、少々の雨や雪でも練習や試合を決行するスポーツ。動いている子供たちは身体が暖まってきますが、じっとしているママパパは、ひたすら極限の寒さを耐えています。
おしゃれファッションよりも、寒さどうする?が冬のサッカーママに一大関心事なのです。冬ママ応援スタイルは、防寒対策をメインに解説します。

 

アウターはしっかり暖かいものをセレクト

冬のサッカー観戦スタイルは、アウターが全て。
アウターを脱ぐシチュエーションはなかなかなく、下に着込んでいても見えず。
定番アウターはダウン素材のもの。
丈は長めで暖かく、色は黒が人気。
サッカーママは総じて防寒に敏感なので、あたたかそうなアウターを着ている人をみると「どこの?暖かい?」という会話をしがち。
結果、同じブランドのアウターを着るママが現れたり皆必死です。
サッカー用のベンチコートを着るママも。他、登山用のアウターも人気。
タウンユース向きのおしゃれなコートは残念ながらサッカーコートでは不向き。
冬の屋外滞在を経験すると、防寒性能の高さがなによりの魅力なのです。

 

インナーは防寒仕様アイテムがスタメン!

しっかりあったかアウターの下は、動きにくくならないところまで着込んでいます。
防寒に一役買ってくれるアイテムはもはや身体の一部。
ユニクロのヒートテックなど防寒用インナーは着ない選択肢はなし。手放せません。

薄くて軽いのに暖かいインナーダウンは、サッカーママたちの愛用者多数。
携帯しやすく夕方寒くなってきたときに着込んだり、調整に最適なのです。
プチプラが嬉しいユニクロから、高品質アウトドアブランドのモンベル・ノースフェイスまで色々なブランドが取り扱っていますよ。

袖のありなし、丈の長さも様々、最近は種類が増えてきて選べるのが嬉しい。デイリー使い、タウンユースでも◎ですし、1つあると重宝します。
着込んでいる状態でのおトイレは時間がかかるので、早めに行きましょうね!

 

 

ホッカイロを貼る場所

サッカーママの服装の話とはずれますが、冬の相棒「ホッカイロ」についてもアドバイスをさせてください。
貼る用、持つ用、靴下用など色々なタイプのホッカイロがありますが、貼るタイプは「どこに貼るか」が結構重要です。

おすすめは、ズバリ「腰・首・背中」。
腰と背中は定番。
骨盤(ベルトのあたり)の上、肩甲骨の間に貼れば、じんわりと温まってきます。
そして、おすすめは首。
マフラーの内側にカイロを貼って、巻いたときに首の後ろが温まるようにします。これが天国なのです。

例えるなら、美容院のシャンプー台で蒸しタオルを首の後ろにあてているような、お風呂に浸かっているような、安らぎとぬくもりです。
是非、お試しください。
 
参考:セルフケア 寒さ・冷え対策 カイロの効果的な貼り方|Cure All Japan 災害時活動 臨床家ネットワーク

 

 

《ロング丈アウター×手袋&マフラー×底の厚い靴》スタイルが基本ファッション

冬のサッカーママ応援コーデは、《ロング丈アウター×手袋&マフラー×底の厚い靴》が最強です!
ロング丈のアウターに代表されるダウンやベンチコートは先述したとおりで、手袋とマフラー、ニット帽やレッグウォーマー等の冬小物は総動員して完全防備。(マフラーにはホッカイロを...。)

そして、足元も冬仕様にチェンジがおすすめです。
ムートンブーツやスノーブーツなど、底が厚めの履物が足の冷えを防ぎます。
ボトムスと靴の隙間ができない、ロングタイプのブーツが◎。

筆者サッカーママ仲間の間で人気のボトムスは、ユニクロの「暖パン」。
あったかに特化したパンツに熱視線。
防風・裏起毛・発熱・ボアなどのワードに敏感です。更にヒートテックタイツを重ねてはく猛者も。

頭の先から爪先まで覆うが合言葉!アウターや冬小物は実用性と見た目にこだわって選んで、快適且つ気分を上げてサッカーママできると最高です。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

bluebeatさん(@bluebeatwebstore)がシェアした投稿 -

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

lilyさん(@lilycoco_closet)がシェアした投稿 -

 

サッカーママの応援ファッションは《快適》がキーワード

子供のサッカーをサポートしているママの応援ファッションに注目してきました。
服装を考える上で最も大事なことは、屋外でも《快適》に過ごせること。
夏の暑さ対策、冬の寒さ対策、朝晩の気温差が激しい春秋の体温調整、季節に合わせた服装こそが快適に過ごす絶対条件!

ママたちの視線はいつもピッチで頑張る子供のたちの姿に注がれています。
横のママが今日どんなファッションだったか、正直思い出せないです。よく見ていないので。

ピッチの上で頑張る我が子に「頑張ったね、お疲れ様」と笑顔で言ってあげられる役目が一番大事。
全力でサポートできるのは、ジュニア世代のうちだけ。悩みや心配、大変なこともたくさんありますが、子供と同じ目標を掲げ過ごすサッカーDAYSは、振り返ったとき何よりの宝物になるでしょう。
さあ!サッカーママたち、気合を入れて今日もグラウンドに向かいましょうね♪

 

smarby(スマービー)のアプリをダウンロードしてお買い物を楽しもう!

smarbyアプリをダウンロード

Campaign キャンペーン

キャンペーン一覧

New feature 新着特集

特集をすべて見る

アプリ限定

毎日ポイントがもらえる
「チェックインポイント」があります!