現役ママが伝授!子連れ旅行で荷物を少なくする方法。

現役ママが伝授!子連れ旅行で荷物を少なくする方法。

最終更新日 2020-03-17 by ruhako

待ちにまった家族旅行!でも荷物が多くてどうしよう・・。
そんなお悩みのママに、我が家で実践している子連れ旅行の時の荷物を減らす方法をご紹介します。

荷物が少なければ移動時の疲労も最小限に抑えられるし、旅行から帰ってきてからの荷解きも楽!
せっかくの旅行、イライラすることなく楽しみましょう!

旅行前に宿泊先のアメニティや部屋設備をチェックする

旅行前の事前確認は大事

荷造りをする前に、宿泊先のファシリティやアメニティをまずチェックしましょう!ホテルによっては洗濯機や乾燥機がついている場合もあります。

洗濯機があれば滞在中に洋服を洗濯し、また着ることができるので持って行く着替えの数を減らせます。乾燥機がない場合は乾きやすい素材の洋服や下着だけを洗濯し、部屋で干すのも◎。ホテルは意外と乾燥しているので乾燥防止にもなります。(旅行用の洗濯洗剤を持っていくとgood。)

歯ブラシやシャンプー、コンディショナーなどのアメニティもホテルにあるなら、持って行く必要がなくなるので荷物を減らすことができますね。

 

荷物を少なくする11の方法

それでは筆者も子連れ旅行の際に実際に活用している方法をご紹介します。

1.自分の荷物を最小限に抑える

大人の荷物から減らす

いつどこで洋服を汚すかわからないのが子ども。そこで旅行の荷物を減らすには、まず自分の持ち物を必要最低限にすることが鉄則です。持ち物を一度並べてみてから、最終判断をすると意外と不要な持ち物が出てくる場合があります。

 

2.2泊以上滞在するときの着替えは少なめでOK

子連れ旅行の着替えは少なめでok

衣類は持ち物の中で1、2を争うくらいかさ張ります。そこで先述したように、宿泊先のホテルで洗濯ができるようであれば滞在日数分の着替えを持って行く必要はありません。洗濯機がない場合でも下着は洗いやすく、乾きやすいので筆者はいつも少なめに持って行っています。

また、旅行先で洋服などショッピングをする予定がある場合は、購入した洋服を着ればOK。

 

3.化粧用品などは小さいものを持って行く

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

☆未来☆MIKU☆さん(@sm_mw_mk39)がシェアした投稿

旅行で大活躍してくれるのが、試供品の化粧用品や化粧水、そして保湿クリーム!試供品がないときは小さいサイズの化粧用品などを購入したり、小さな入れ物に詰め替えるのもgood。
小さな入れ物は100均にも売っています。一手間ですが、これで荷物のかさ張り具合が劇的に減るんです。

あまり使っていないお化粧道具がないか、旅行前にぜひポーチの中もチェックしてみてくださいね。

 

4.圧縮袋を活用する

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

🖤100円ショップ ワッツ l Wattsさん(@watts_100)がシェアした投稿

最小限の衣類にしてもある程度はかさ張るので、圧縮袋をフル稼働させましょう。圧縮袋は子ども用・大人用に分けておくと、旅行先での出し入れもスムーズです。

掃除機不要 圧縮袋 10枚セット Mサイズ5枚 Lサイズ5枚 楽天通販ページ

ちなみに、ベビ服・子ども服収納にも圧縮袋は大活躍するんです。
【ベビー服・子供服の収納術】圧縮袋がいい仕事するって知ってた?

 

5.小さめのお財布に変える

 

楽天での購入ページはこちら

普段、長財布やたくさんのクレジットカード、ポイントカードでパンパンのお財布を使っているママさんは、旅行時は小さいお財布やポーチに変えましょう!

カード類も最低限必要なものだけにするとスッキリしますし、万が一旅行先でお財布を紛失してしまった場合でも被害を最小限に抑えることができます。

▼smarbyで取り扱っているミニ財布はこちらから▼
財布 smarby通販ページ

▼おすすめのミニ財布は?▼
主婦のミニマリストデビューはミニ財布から。さよなら長財布!

 

6.おやつは滞在日数分を小分けにするor現地購入する

おやつは1日分ごとにジップロックなどの袋に小分けにすることで取り出しやすく、必要以上のお菓子の持ち込みも防げます。また、食べ過ぎ防止にもなるのでおすすめです。もしくは現地で購入でも◎。

筆者は、子ども達が飛行機や新幹線などの移動で疲れてグズってしまった時などにおやつを出していました。

その他に、食べかけの食べ物や汚れた洋服を入れたりするのにもジップロックは大活躍!子連れ旅行の必須アイテムなので、少し多めに持って行くのもよし。

ジッパーバッグ 3柄アソート(15枚入り) アメリカン・おやつや小物などを小分けして保存するのにとっても便利♪ 楽天通販ページ

 

7.おもちゃはかさばらないものにする

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Pastel Cubesさん(@pastel_cubes)がシェアした投稿

おもちゃは子ども達に選ばせてOKですが、◯個まで、もしくはおもちゃを入れる袋に入るまでにしようねと声をかけましょう。また、シールブックや幼児向けドリルはかさ張らないので旅行におすすめです!

▼おすすめのシールブックはこちら▼
1歳から楽しいシールブック22冊!貼りやすくて楽しいおすすめ商品

▼幼児向けドリルはこちら▼
おすすめ《幼児ドリル》8選!先輩ママが選ぶコスパ抜群の人気問題集

 

8.子ども用の水筒は持たず、コップでOK

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

doririnさん(@emi.kose)がシェアした投稿

子ども用の水筒って意外とかさ張りませんか?また宿泊先で洗うのも一苦労。でもペットボトルをそのまま飲むことができないお子さんもいると思います。そんな時に便利なのがコップです。直接ペットボトルに口をつけないので衛生面からもコップの方がおすすめ。

ジップロックやコップ袋に入れて持ち歩くと◎。小さめの紙コップでもOK!使い切ったら捨てられるので、帰りの荷物も減らせられます。

▼子どもにおすすめのコップはこちら▼
子ども用コップおすすめ24選~おうちも幼稚園・保育園もこれでOK!〜

 

9.旅行先で購入できるものは持っていかない

旅行先で購入できるアイテムは持っていかない

日本国内の旅行であれば、赤ちゃんのオムツやミルク、離乳食などほとんどのものが手に入るので最低限の量だけ持って行くのも◎。
海外であれば、バギーやスリングがお手頃価格でゲットできる場合も。
女性用のサニタリー用品や化粧用品も現地調達できるところもあります。

出発前に現地で販売されているアイテムを確認しておくとgood。

 

10.子どもに自分の荷物を持ってもらう

 

楽天での購入ページはこちら

お気に入りのおもちゃや絵本などを子ども自身に持ってもらうのもgood。小学生以上であれば1泊分の洋服も自分で持ってもらいましょう!

ただ、リュックが重たくなりすぎると途中で「持てない〜(涙)」と言われてしまう可能性が高いので、詰めすぎには要注意です。

▼smarby取り扱いのリュックはこちらから▼
リュック smarby通販ページ

▼おすすめのキッズリュックに関する記事はこちら▼
【3歳におすすめのリュック16選】サイズや選び方も大事!
失敗しないキッズリュックの選び方!おすすめのアウトドアブランド紹介も♪

▼子ども用キャリーバッグもおすすめ▼
【子供用】キッズキャリーバッグおすすめ14選!帰省・旅行で活躍!

 

11.帽子は折りたためるものを選ぶ

 

楽天での購入ページはこちら

強い日差しや転倒時にお子さんの頭を守る役目をしてくれる帽子は必ず持っていきたいもの。折りたためない帽子ほどかさ張るものはありません。

できればママも折りたためる帽子を持って行くことをおすすめします。

▼smarby取り扱いの帽子はこちら▼
帽子 smarby通販ページ

 

荷物を郵送するのもよし!

子連れ旅行は先に荷物を送るのも良し

海外旅行や自宅から旅行先までの移動時間が長い場合、思い切って荷物を空港や宿泊先へ送る、また宿泊先や空港から自宅へ送るのも一つの手です。

筆者も親子3人で旅行に行った際、下の子どもがまだ2歳ということもあり荷物を先に空港へ送りました。空港までの移動は子どもと手を繋いだり、歩き疲れて抱っこした時も身軽だったので筆者自身もストレスを感じることがなかったです!

 

少ない荷物で身軽に子連れ旅行を楽しもう♪

子連れ旅行は荷物少なめで身軽で行く

せっかくの旅行、最後まで楽しい気持ちで終わりたいですよね。必要以上の荷物を持って行くと移動だけで疲れてしまうので禁物です。
荷物が少なければ自宅に戻ってからの荷解きや洗濯など、ママの負担も減らせるので一石二鳥!

楽しい家族旅行になりますように♡

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami