子育てに疲れた時・幸せな気持ちを見失った時に効く育児マンガ&名文

子育てに疲れた時・幸せな気持ちを見失った時に効く育児マンガ&名文

『子育ては辛いこともあるけれど、それ以上に楽しいこともある』
『子供がいる幸せ。子供と過ごせる今がとても幸せ』

よく耳にする言葉ですが、頭でわかっていても素直に受けとめられない日もあるはず。そんな時に読んでほしい「育児漫画」と「名文」をご紹介します。

読後はきっとポジティブな気持ちで子育てに向き合えるはず。ひと笑い、ひと泣きして、今日もまた1日をがんばりましょう。

Contents

子育てって楽しい!と思わせてくれる育児マンガおすすめ

まずはくすっと笑わせてくれる、そして時にほろっともさせてくれる、おすすめの育児漫画を紹介。

 

1.家族ほど笑えるものはない(カフカヤマモト)

Instagramで人気を博す、カフカヤマモトさんによる1コマ漫画絵日記を書籍化したもの。カフカさん視点で描かれるふたりのお子さん(一男一女)と旦那さんとの日常は、くすっと笑えたり、わかる!あるある!と共感しきり。子供って面白い、子育てって楽しいなぁと思うきっかけになってくれるかもしれません。

家族ほど笑えるものはない [ カフカヤマモト ] 楽天通販ページ

公式ブログ:幸せって案外ここにある。 カフカヤマモトの家族絵日記

▼Instagramの絵日記▼

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

カフカ ヤマモトさん(@cafca_yamamoto)がシェアした投稿 -

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

カフカ ヤマモトさん(@cafca_yamamoto)がシェアした投稿 -

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

カフカ ヤマモトさん(@cafca_yamamoto)がシェアした投稿 -

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

カフカ ヤマモトさん(@cafca_yamamoto)がシェアした投稿 -

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

カフカ ヤマモトさん(@cafca_yamamoto)がシェアした投稿 -

こうやってみると、ありふれた日常に小さな幸せや、子育ての面白みが転がっていることが分かります。子供がいることで生じる辛さもあるけれど、与えてもらえる幸せもたくさんあることに気付かされます。

instagramなら育児の隙間時間にも気軽にチェックできますよ。ママのボーナスタイムにぜひ。

公式Instagram:cafca_yamamoto

 

2.毎日かあさん(西原理恵子)

人気漫画家、西原理恵子さんによる育児漫画「毎日かあさん」。毎日新聞朝刊にて連載されていたのでご存知のかたも多いはず。16年間続いた作品なので、連載当初4歳だった息子さんも最終回を迎える頃には大学生に。

西原さんならではのワイルド(愛情もたっぷり)な子育ては、「育児はこうあるべき」という固定概念をぶち壊してくれます。「こうあるべき」を捨てるだけで、育児が楽になることもあるはず。ぜひ未読の方は読んでみてくださいね。

ちなみに筆者のおすすめは9巻の描き下ろし漫画「贈り物」です。泣けます。子供という存在は?家族とは何か?ということを考えさせれられる名作です。

毎日かあさん(9(育っちまった編)) [ 西原理恵子 ] 楽天通販ページ

子供に抱っこをせがまれてこんなやりとりをした覚えがあるママもいるのでは?子育ての渦中にいる時は、しんどさや忙しさ(こころをなくす)ばかりに目がいきがち。でも本当は、期間限定のとっても贅沢な時間なんですよね。
(分かっていても、すぐ忘れちゃうんですよね……仕方ない、それもあり。)

子供へのあたりが強いと感じたり、私疲れてるかも…と思った時に、ぜひ読んでほしい1冊です。

▼名言をまとめた本も発売されています▼

あなたが笑うと、あなたの大切な人が笑うよ 毎日かあさん名言集 [ 西原理恵子 ] 楽天通販ページ

 

子育てって幸せな時間!と思い出せる育児の名文

つづいて、心に留めておきたくなる、育児にまつわる素晴らしき文章をご紹介。

 

1.お母さんは今日もあなたが大好き(Yahoo!知恵袋 - Yahoo! JAPAN)

子供乗せ自転車に乗る親子

自転車の後ろにつけていた子供用座席のことです。
うちの息子は中学生になりましたが、
あの子が小さい頃は今のようにいろんな種類のおしゃれな子供用座席ってあまりありませんでした。
金属製のカゴのような、簡単なものです。

息子が小学生になった時、
もう、乗せることはないからと、その座席をはずしたんです。
長く使っていたのでいたるところが錆び付き、ドライバーを使ってもなかなかはずれない。

必死になってはずしながら一息ついたとき、急に涙が溢れてきました。
私は車の運転が出来ないので、
息子とどこかに行く時にはいつでもこの自転車と一緒でした。

具合が悪くて小児科に行く時、
寒くないようにバスタオルで息子をくるんでここに乗せたな、
幼稚園バスに乗ると気持ちが悪くなるからと、
毎日二人で歌を歌いながら幼稚園に向かったな、
春は桜を見上げながら、
夏は汗びっしょりになって、
冬はだるまさんのようにモコモコにさせて、
いつも二人、この自転車と一緒だったな・・・。

「ママ、あのね・・・」
「ママ、おなかすいた」
背中から、いつも息子の声がしました。

毎日何気なく、当たり前のようにしていたことがもうできないんだ、と思ったら
涙が止まらなくなりました。

早く大きくなればいいのに、
何でも一人でできるようになればいいのに、
早く自分の時間がほしい、
早く・・・。

ずっとそう思っていたはずなのに、本当に寂しかった。
今はどんなに望んでも、あの頃に戻ることは出来ません。

錆び付いたカゴがとても愛しいものに見えました。
長い間、ありがとう。これからもママがんばるよ。
そう言ってさよならしました。

今、子育て真っ最中のお母さん、毎日大変だと思いますが、
今しかできないこと、お子さんといっぱい思い出を作ってくださいね。(引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

これはとあるママがYahoo知恵袋に投稿した文章です。数年前に「泣ける」といくつかのメディアで取り上げられ話題になりました。筆者も初めて読んだ時に号泣しました。今でも泣きそうになります。

とにかくこのママの気持ちが分かりすぎませんか?筆者の息子は現在年長さんで、まさに子供乗せ自転車卒業のときが近づいています(※子供乗せ自転車は6歳未満までです)。土砂降りの日も、カンカン照りの日も、ひーこらひーこら息子を乗せて保育園まで送迎し、いつまでこれが続くのだ…と苦痛で仕方なかったけれど、あともうすぐかと思うと、なんて満ち足りた時間だったのだろうと感じずに入られません。

「いつか育児も終わりがやってくる」と考えれば、今この時間がより愛おしくなるかもしれません。

 

2.ままだいすき・ありがとう(我が子)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

hilaxさん(@hilax65)がシェアした投稿 -

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ゆーーーいさん(@a.you.i)がシェアした投稿 -

子供からの「まま(おかあさん)大好き」、「おかあさん(まま)ありがとう」の言葉は何よりの名文。ママにとっては宝物のような言葉です。お手紙で渡された日には、子供の成長を感じ、胸がいっぱいになるママも。

正直ここに辿り着くまでが長く大変な道のりなのですが、必ず報われる日はやってきます。大変な分だけ、自分の頑張りと子供がいる幸せを実感できますよ。

 

子育ての幸せ・喜びはきっと訪れる

笑顔のママと子供たち

子育てって心底大変で、「あーもーいやーーー、きーっ」てなることも多いですが(筆者は度々その波に襲われます。)、ぶっちゃけ仕方ないです。仕方ないですよ(2回言ってみました)。
人ひとり育てるって相当なパワーが必要、ママたちはもう十分頑張っています。

「なんかいろいろ辛いな…」って時には、ぜひなんとか隙間時間をみつけて、ご紹介した漫画を読んでみたり、名文を思い起こしてみてください。少しだけモノの見方、心の持ちようが変わるかもしれません。

日々頑張るママたちに、子育ての小さな幸せ・喜びがたくさん降り積もることを心から祈っています。同胞として、ともに頑張りましょうね。

 

smarby(スマービー)のアプリをダウンロードしてお買い物を楽しもう!

smarbyアプリをダウンロード

Campaign キャンペーン

キャンペーン一覧

New feature 新着特集

特集をすべて見る

アプリ限定

毎日ポイントがもらえる
「チェックインポイント」があります!