子連れこそグランピング!小さい子におすすめな理由と関東の施設紹介

子連れこそグランピング!小さい子におすすめな理由と関東の施設紹介

最終更新日 2019-09-04 by smarby編集部

家族旅行計画中の方必見!グランピングがおすすめです。
グランピングは、一言で言うと「おしゃれで気軽なキャンプ」。
手ぶらOK・快適な宿泊・アクティビティも満喫と、家族の希望を全部叶える欲張りプランを立てましょう!

今回は、《子連れグランピング》についてウォッチング!
おすすめな理由から、関東近郊で見つけた!ファミリー向けおすすめグランピングスポットまでご紹介しちゃいます。まずは、「グランピングは何?」から見ていきましょう。

話題のグランピングっていったい何?

What is the glamping?

よく耳にするけど、実際どんなものなのかわからないという方に「グランピング」のイロハについてわかりやすくご案内します。

 

グランピングの意味は?

グランピングの言葉の意味は、以下のように定義されています。

グラマラス(魅惑的な)とキャンピングを掛け合わせた造語で、テント設営や食事の準備などの煩わしさから旅行者を解放した「良い所取りの自然体験」に与えられた名称です。 
引用:一般社団法人 日本グランピング協会 グランピングってなに?

 

グランピングは多種多様

2005年、英国発祥のグランピング。2015年には、日本でも「グランピング」という名の施設が生まれ話題に。今では、人気宿泊施設の地位を確立しています。

一言にグランピングといっても、施設の内容はバリエーションに富んでいます。
自然体験に近いワイルドなものから、ホテルライクなラグジュアリーな演出まで、多種多様。
後ほど、おすすめ施設をご紹介していきますが、お子さんの年齢やニーズに合わせた施設・プランを検討してみてくださいね。

 

キャンプとの違いは?

筆者が色々リサーチしてみたところ、グランピングは、「キャンプの不便な部分をなくした」ものと理解しました。
アウトドア初心者が一歩を踏み込めない、子連れならなお諦めてしまう、そんなデメリット、ネックを省いているのがグランピングなのです。
主流のグランピングプランから特徴をまとめてみました。
(施設やプランによって異なります)

キャンプの不安要素(T_T) グランピングのメリット (>ω<)
荷物が多い 完備(手ぶらOK)
用具を揃える必要がある 完備(最新用具)
寒い暑い 冷暖房完備(快適)
天候に左右される 屋内空間の充実(寛ぎ)
衛生面が気になる 清潔(リラックス)
テント設営など自信がない 常設のため設営不要
(準備片付け必要なし)

 

グランピングはこんな方におすすめ!

まとめると、グランピングは、以下のようなニーズにマッチする施設です。

グランピングに合うニーズは?

《用具がない!時間がない!自信がない!》これらの「ない」を解消し、アウトドアのエキサイティング、ホテルライクなくつろぎ、両方味わえる、まさにいいとこ取りなのです。

 

グランピングを子連れにおすすめする理由4つ

子連れにグランピングがおすすめな理由
グランピングが子連れにおすすめ!4つの理由をお話します。

 

1.身軽で快適

子供とのおでかけは、大荷物がデフォルト。近所に行くだけなのにマザーズバッグはパンパンですよね。
子供のお世話グッズに加え、アウトドア用品を一式持っていくことを考えると、まだ小さな子がいるご家庭は特に、キャンプの敷居が高すぎます。
必要なものは全部完備のグランピング施設なら、手ぶらで伺えます。
車がなくてもアウトドア!電車でいけるグランピング施設が人気です。

 

2.準備片付けの手間がないので気楽&安全

(テントの設営がないアウトドアなんて…)上級キャンパーにはありえないかもしれませんが、本格的なキャンプは、先の楽しみにとっておきましょう。
子供が小さいときは、安全が第一。そのためには親に余裕があることが大事です。

テント設営の他、料理と後片付けなどで大人が忙しくしていると、ついつい子供から目を離してしまいがち。
知らない場所で興奮気味の子供だからこそ、迷子や怪我など万が一の事態が心配です。

宿泊場所確保済み、ごはん提供あり・準備片付けおまかせなど、余裕の持てるスケジュール・プランを選択し、子供とめいいっぱい遊ぶことをメインにしてみませんか?

 

3.お昼寝・オムツ替え・離乳食作りがスムーズ

赤ちゃん幼児連れの場合、お昼寝やオムツ替え、はたまた離乳食作りなどお世話する場所が必要です。
空調設備、ベッド、電子ケトルなどが揃っていたり、いつでも出入りできる空間があればかなり心強いはず。

グランピング施設の外には広がる自然。お散歩したり外遊びをしたりするだけでも立派なレジャー。
きちんと休めるスペースがあり、遊び場所がすぐのシュチエーションは、子連れ旅にとって最強です。

 

4.遊び場が充実しているので飽きない

子供の遊び場があるグランピングスポットが、子連れ旅行にはおすすめです。
大型遊具・アスレチック・川遊び・魚つりなど。自然の中で自分たちのペースでのびのび遊ぶのは、開放感抜群!
混雑した観光施設に出向かなくても充分楽しめます。

交代で子守してひとり時間を作り、のんびり室内で読書したりコーヒーを飲んだりするのもありですね。

▼こどもと何して遊ぶ?▼
キャンプならではの子供との遊び【決定版】大自然の中で楽しい28選

 

関東のグランピング施設!子連れにおすすめスポット4選

グランピングに俄然興味が出てきた方に、関東にあるグランピング施設をご紹介します。いずれも子連れにやさしいところを厳選しました。ご検討ください!

▼書籍も参考に▼

 

1.ツインリンクもてぎ 森と星空のキャンプヴィレッジ【栃木】

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ツインリンクもてぎさん(@twinring_motegi)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ツインリンクもてぎさん(@twinring_motegi)がシェアした投稿

ツインリンクもてぎは、一大レジャー複合施設。アスレチック、遊園地、モータースポーツなど、遊び場がいっぱい!1日で回りきれない程の充実っぷりです。
「森と星空のキャンプヴィレッジ」のグランピングテントを要チェック。

テントの中には、ソファやベッドが完備され、おしゃれな内装。写真撮り放題。ハンモックやファイヤーピットを備えたテントまで。
BBQ食材をサイトまで届けてくれたり、朝食はホテルでなど、至れりつくせりなサービスが気楽でうれしい。

    プラン一例 
 グランピング・ワイド 森のテラス 公式ページ
 [スペシャルBBQプラン]
 ・日光霧降高原牛ビーフシチューをメイン
 ・手ぶらOK
 ・朝食はホテル内森のレストランでビュッフェ
 ・定員4名

▼時期とプランから選択▼
ご宿泊予約はこちら

▼アクセス▼
ツインリンクもてぎ アクセス

 

2.WILD BEACH SEASIDE GLAMPING PARK KISARAZU【千葉】

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

WILDBEACH™ FEEL THE VIBESさん(@wildbeach_official)がシェアした投稿

東京から車で30分の距離におしゃれなグランピングスポットWILD BEACH SEASIDE GLAMPING PARK KISARAZUがあります。
スタイリッシュなグランピングは、まさにフォトジェニック。

オリジナルのグランピングテントは多種多様で、宿泊プランの選択肢も多!
770坪の広大な白い砂浜でリゾートバーベキューを楽しむのはいかがでしょうか?
近くには、三井アウトレットパーク木更津木更津かんらんしゃパーク キサラピアがあります。木更津エリア観光の拠点にもおすすめ!

    プラン一例 
 グランピング キャンプ予約 公式ページ
 [グランピング ドーム ボタニカルプラン]   ・北欧製フレームレス透明ドーム
  ・「ボタニカルな」内装
  ・定員4名

▼プランからOR 部屋から探す▼
ご宿泊予約はこちら

▼アクセス▼
WILD BEACH SEASIDE GLAMPING PARK KISARAZU アクセス

 

3.THE FARM CAMP(ザ ファーム キャンプ)【千葉】

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

R i k aさん(@oor_rk)がシェアした投稿

千葉県香取市にあるTHE FARM CAMP(ザ ファーム キャンプ)は、温泉のある農園リゾートです。
グランピングテントが点在するエリアは異国に来たような雰囲気。
日々の喧騒、日常のゴタゴタを離れ、自然に抱かれ心身ともにリラックスしてみませんか?

野菜の収穫体験、ジップスライダー、カヌーなどアクティビティがかなり充実。
農園野菜を使った料理が味わえるカフェもおすすめです。
夜はかりんの湯でさっぱり。最高のバケーション確実です。

 プラン一例 
 THE FARMキャンプ グランピング 公式ページ
 [ヴィラ]
  ・2階建てウッドデッキ付きテント
  ・天然温泉入り放題付きプラン
  ・収穫体験付
  ・朝食(新鮮野菜のモーニング)+夕食(BBQレギュラー)

▼ザファーム・キャンプ基本情報など▼
ご宿泊予約はこちら

▼アクセス▼
THE FARM CAMP(ザ ファーム キャンプ) アクセス

 

4.ときたまひみつきち COMORIVER(コモリバ)【埼玉】

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ときたまひみつきち COMORIVER(コモリバ)さん(@tokitama_comoriver)がシェアした投稿


都心から90分、川と自然に囲まれて「すごもり」したくなるがコンセプト、ときたまひみつきち COMORIVER(コモリバ)がオープン。
BBQ、グランピング、ライブラリーカフェ、川遊びなど様々なアクティビティが楽しめる、里山グランピングリゾートです。

清流のせせらぎを聴きながら、子供と一緒にお昼寝。沈む夕陽の美しさは、都会ではなかなか見せてあげることは出来ません。特別な体験を。

 プラン一例 
 グランピングテント 公式ページ
 [リバーサイドキャンプときがわ グランピングテント]   ・カフェ(コワーキングスペースあり)売店あり
  ・焚き火可
  ・グループ施設の日帰り温泉利用券付き
  ・BBQグリルで調理する夕食&朝食セット付

▼ときたまひみつきち COMORIVER(コモリバ​)の予約▼
ご宿泊予約はこちら

▼アクセス▼
ときたまひみつきち COMORIVER(コモリバ​) アクセス

 

子連れ旅行はグランピングに決まり!

夜のグランピングテント
グランピングの自由さ、気楽さ、おしゃれ感、おわかりいただけましたか?子連れ旅行にピッタリな理由もご説明してきました。
今回ご紹介したおすすめスポット、是非公式ページまでご覧いただけると幸いです♫子供は楽しく、大人は癒やされて。
今年こそグランピングデビューしてみませんか?

 

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami