子供の野菜嫌いでお悩みのパパママへ〜おすすめの解決法8選〜

子供の野菜嫌いでお悩みのパパママへ〜おすすめの解決法8選〜

最終更新日 2019-10-29 by smarby編集部

「子供が野菜を食べない・・」「苦手なものが多い・・・」と頭を抱えているママさんも少なくないと思います。

そこで今回は筆者の子供が通っていた保育園でも教えてもらった解消法を中心に、8つの方法をご紹介します。
1人でも多くのお子さんが野菜嫌いを克服できますように。

なぜ野菜は嫌われる?

野菜嫌いな子供

子供が野菜嫌いなのには、いくつか理由があるようです。

  • 苦味がある
  • 食感が嫌
  • 見た目が嫌
  • 臭いが強い…etc

参照:知って得するコラム

筆者の2人の子供もそれぞれ嫌いな野菜があります。
「舌が超えてきた証拠かな」とポジティブ捉えていますが(笑)、やはり食べてもらいたいと思うのが親心ですよね。

 

嫌いな野菜を食べてもらう8つの方法

それでは嫌いな野菜の克服方法をご紹介します。

1.具材に混ぜる

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kyouya__02さん(@kyouya020)がシェアした投稿

「目に見えなければ食べられる」というお子さんも多いですよね。そこで、苦手な野菜を細かく切ってハンバーグや餃子などに入れてしまうのもあり。
カップケーキなどおやつに混ぜるのもgood!

食べられることを知ることで、「あれ、食べられた!」と子供たちの自信にも繋がり、嫌いを克服できる場合も♪

おすすめ料理

  • ハンバーグ
  • 餃子
  • オムライス/チャーハン
  • お好み焼き/たこ焼き
  • カレーライス
  • グラタン

他にもクックパッドで野菜嫌い克服メニューがたくさん載っているのでご参考にしてみてくださいね!

 

2.ドレッシングやスムージーにする

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

GIFT-kitchenさん(@from_giftkitchen)がシェアした投稿

野菜を細かくしてドレッシングやスムージーに合わせてしまうのもおすすめ!
一度にたくさんの野菜や果物を摂取できたり、手作りすることで余計な添加物も入らないので体にも優しい♡

 

3.盛り付けを工夫する

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

徒然なるハクラクさん(@hakuraku05)がシェアした投稿

クッキー作りなどで使う型抜きを使って野菜を星型やハート形にすると、見た目も可愛くなり、お子さんの「食べてみようかな・・」という意欲も湧くかもしれません♪

ママにとっては一手間ですが、喜んで食べてくれる姿を見れるのは嬉しいですよね。

 

4.子供に食べられる量を決めてもらう

食べられる量を自分で決める

「自分自身でどれくらい食べられるかを決めさせる」というのも、苦手克服に繋がると保育園で教えてもらいました。自分で量を決めることで「責任感」も生まれ、これだけは頑張って食べようと思う子供が増えるのだそう。

一口の量でもOK!大事なのは「自分で決める」ということ。ぜひお試しください♪

 

5.食べられたらたくさん褒める

野菜を食べられたら褒める

忘れてはいけないのが、「褒める」ということ!大人になっても褒められる嬉しいものです。

少しの量でも嫌いな野菜を食べられたら、思いっきりお子さんを褒めてあげましょう♪

 

6.食事=楽しいと思うことが大事

食事は楽しむ

食事をするうえで1番大事なことは「食事=楽しい!」と思うこと。食事が楽しいと思えなければ、嫌いな野菜を食べられるようになることは難しいのではないかと思います。

そのため、食事中にお箸や食器の持ち方などは注意しない方がいいと保育園で教えてもらいました。注意をすることで食への意欲がなくなってしまう可能性があるためです。
ちなみに、食事のお作法はおままごとなどの遊びで教えるとgood!

 

7.野菜を育ててみる

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

KINGママさん(@chiyoda1561)がシェアした投稿

ここ数年、ミニトマトやナスなど家庭菜園をする方が増えていますが、お子さんと一緒に野菜を育てるのも◎。

どの野菜を育てるかはお子さんと一緒に考えると、子供も「自分で選んだ野菜」とより愛着心が芽生えるかもしれません♪

▼家庭菜園の記事をもっと詳しく▼
家庭菜園におすすめの野菜8選!初心者も挑戦しやすい易しい種類は?

 

8.給食をしっかり食べているならOK

給食で野菜を食べていたらOK

苦手な野菜や普段家では口にしない食べ物も、給食では頑張って食べているお子さんも少なくないと思います。そこで、給食を食べているのであればOKと割り切ることもおすすめ!

筆者も保育園の園長先生に「子供に必要な1日分の栄養が取れるように給食の献立を考えているので、夕食は頑張らなくて大丈夫です!」と声をかけていただいたことがあります。この一言にすごく救われました。

 

少しくらい嫌いな野菜があってもOKと思うことも大事

野菜が嫌いでもOKと思う

苦手な野菜があるパパやママだっていると思います(筆者はじゃがいもが苦手…笑)。嫌いな野菜を無理強いしてまでお子さんに食べさせると野菜嫌いが悪化してしまうことも。

お子さんの健康に影響がない程度であれば、少しくらい野菜嫌いがあってもいいと思うと私たち親の気持ちも楽になります。

 

子供の野菜嫌いは親も気楽に構えると良し!

野菜を食べる子供達

おすすめの解決法をご紹介しましたが、お子さんによって効果は様々だと思います。野菜に限らずどんな食材も好き嫌いなく食べてもらいたいと思うのが親心ですが、無理に食べさせることでお子さんもママパパもストレスを感じてしまうことも。

「お子さんが大きくなった時に食べられるかもしれない」という気持ちでいることをおすすめします。

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami