猛暑!赤ちゃんの暑さ対策を真剣に考える。ママがすすめる涼グッズ!

猛暑!赤ちゃんの暑さ対策を真剣に考える。ママがすすめる涼グッズ!

暑い季節がやってきます。赤ちゃんがいる今年の夏、おでかけ先でおうちでどう過ごせばよいか、気になっているママ、このよみものでは《赤ちゃんの暑さ対策》についてご提案します。
先輩ママが使ってよかった涼グッズ、なるほどアイデアをよりすぐってご紹介。これは!と思うものは取り入れて、快適に夏をお過ごしください♫

Contents

疑問:赤ちゃんは暑さに弱いの?

赤ちゃんは汗っかき

赤ちゃんはとっても暑がり&汗っかきです。原因は、身体の作りにありました。先に確認しておきましょう。

 

赤ちゃんは体温調整が未熟

赤ちゃんは、自律神経の「体温調節中枢」が充分発達しておらず、体温調整が未熟です。
そのため、外気温から受ける影響が大きく、暑ければ体温がダイレクトに上がってしまいます。
大人と気温の感じ方が違い、暑がりなのです。
したがって、赤子との暮らしは「赤ちゃんにとっての」快適、適温にあわせるのが◎。

赤ちゃんの汗腺は未熟

赤ちゃんの頭が汗でびっしょり。いつの間にか汗だくだ!と驚いた経験あるのではないでしょうか。
赤ちゃんは、本当に汗っかき。すぐにあせもなど出来てしまいますよね。
なぜでしょうか?
理由の1つとして、前述したように、体温調節機能が未熟なことが原因です。
汗をかくことで体内の熱を体外へ放出し、熱を下げようとしているのです。

もう1つとして、赤ちゃんは汗腺(かんせん 汗を分泌する腺)の働きが未熟なことがあげられます。しかも、体表面積が小さいのに大人と同じ数の汗腺をすでに持っているため、視覚的にかなりの汗だくに見えてしまうのです。
おまけに新陳代謝も活発!以上から、赤ちゃんは汗っかきなのです。

▼今夜もお布団から飛び出す子どもたち。なぜ?▼
子供が布団をかぶらない!なぜ蹴るの?【原因と対策】smarbyよみものページ

 

「赤ちゃん、暑い?」チェックすべき箇所

赤ちゃんの暑いときのサイン

赤ちゃんは「暑い!」と言葉で訴えることが出来ません。グズグズ機嫌が悪いと思っていたら汗疹がびっしりなんてことも。
できるだけその前に、赤ちゃんが暑がっていないかこまめにチェックし、温度調整を手伝ってあげましょう。

 

背中・お腹・脇の下をチェック!

衣類の中に手を入れて、赤ちゃんが汗をかきやすい部位をチェックしてあげましょう。
背中・お腹・脇の下に触れてみて、汗ばんでいる場合は、あたたまりすぎています。

衣類や冷房などで調整してあげましょう。
逆に猛暑日、外気温が高いのにさほど汗をかいていない場合は、要注意!
脱水症状を起こしている可能性があるので、すみやかに水分を補給してあげましょう。

 

足裏のぬくもりをチェック!

赤ちゃんの足の裏は、基本ひんやり冷たいものです。
足の裏に触れてみてあたたかい場合は、暑すぎる可能性ありです。
他、眠いとき、体調がすぐれないときも足裏があたたかくなりやすいです。原因はなにか?ママの目で適宜判断してみてください。

 

首のシワをチェック!

赤ちゃんがふっくらしてくると、首のシワが深くなりますよね。そのシワをちょっと広げて拝見。赤い線ができていたら、あついサイン!涼しさ求む状態です。

 

赤ちゃんの暑さ対策マスト4つ【基本編】

赤ちゃんの暑さ対策基本

35度超えが珍しくなくなってきた昨今の夏、熱中症にかからないか、体調を崩さないか大人も子供も心配です。赤ちゃんはなおさら!ですよね。
赤ちゃんの暑さ対策、基本をおさえておきましょう。

1.冷房活用

家にいるときは、冷房を使いましょう。
冷房の最適な温度設定は、外気温との差が5度以内です。
例えば、外気温が33度あるときは、28度前後が適温。
だいたい26~28度設定が赤ちゃんの身体にやさしい快適な温度になります。
湿度が高いときは、除湿にして調整するといいでしょう。

夏生まれの赤ちゃんの新生児期は、ほとんどの時間家の中で過ごすので、冷房は連続運転にしておいたほうが良さそう。
室内がムシムシなのに冷房を使わずに我慢するのは危険です、やめましょう。
風量・風向きを調整して寒くしすぎない、冷房の風が直接当たるところに寝かせない、など気をつけて涼しいお部屋で快適に過ごしましょうね。

 

2.衣類は通気性がよく涼しいものにチェンジ

赤ちゃんの衣類は、夏仕様の涼しい素材、薄手のものをチョイス。
筆者は、本格的な夏場は、おむつと肌着(短肌着、コンビ肌着、ロンパースなど)だけにしていましたよ。
汗をかいていたら、速やかにお着替えして、さっぱりさせてあげましょう。

また、夏の風物詩、花火・お祭りなどにもピッタリ、甚平などさらりとした着心地の衣類を着せるのもGOOD。
お洗濯してもすぐ乾くので、夏の普段着にもおすすめです。

▼夏生まれ赤ちゃんの服装はこちらを参考に▼
夏生まれの赤ちゃんの新生児服は?着せ方やマストアイテムを伝授! smarbyよみものページ

▼ベビー甚平は見た目もかなりキュート♡▼
必見!おしゃれなベビー甚平で過ごす夏!2019年おすすめ15選 smarbyよみものページ

 

3.こまめな水分補給

熱中症予防のためにも、夏はこまめな水分補給がとっても大事です。
外出時、母乳やミルクをすぐにあげられないときがあるかもしれないので、赤ちゃん用の水や麦茶を持っていると安心です。

水分補給を忘れてしまいがちなのは、車に乗せているとき。
後部座席にチャイルドシートをつける場合が多いと思いますが、運転席と赤ちゃんの席ではかなり温度差があります。また、日差しが当たると赤ちゃんの体温は上昇。大人が座っている席は涼しくても、赤ちゃんは暑く不快ということも。
車での移動は時間に余裕を持って、こまめに水分補給を心がけましょう。

そして、ママも意識して水分をとるようにしましょう!
赤ちゃんのお世話や授乳していると、ママ自身かなり喉が渇くと思います。

4.炎天下での屋外は避ける

近年の夏は尋常じゃない暑さ、連日温度計は人の体温のような数字のオンパレードで、怖いほどです。
赤ちゃん連れでの夏の外出は、日差しの強い時間帯は避けましょう。
特に午前11時〜午後15時くらいまでは、危険です。
ベビーカーに乗っている赤ちゃんは、アスファルトやコンクリートの放射熱で気温よりもさらに高い温度にさらされてしまいます。

上の子の送り迎えなどで、どうしても出なくてはいけないときは、グッズをうまく活用し万全の対策を講じて、短時間で帰宅するようにしましょう。

 

先輩ママ推薦!赤ちゃんの暑さ対策アイテム5選【使えるグッズ編】

暑さから守るために、快適な環境のために、赤ちゃんのための涼グッズをご紹介します。ママたちから評判のよい商品をピックアップしました。

 

1.保冷剤(アイスノン)

1つ目は保冷剤(アイスノン)です。赤ちゃんの暑さ対策に有効!とインタビューしたほとんどのママからあがりました。
固まらないタイプの保冷剤だと、かたくないので気持ちよく使えます。

ベビーカーの背中に敷いたり、抱っこ紐のポケットにいれたり、フレキシブル。
直接、赤ちゃんの肌に触れるのはNG。低温やけどや冷えすぎの恐れがあるので、タオルやガーゼに巻いて使ってあげましょう。
特に、脇の下や鼠径部、膝の裏などの太い血管が走っている部位にあててあげると、効果的。

▼保冷ジェルをいれて使う保冷シートが人気▼


 猛暑対策グッズ 抱っこ紐・ベビーカー兼用 保冷剤付き 保冷シート(やわらか保冷ジェル2個付)楽天通販ページ

▼人気子ども服ブランドpetit main(プティマイン)のベビーカー用保冷マット!柄でおしゃれに▼

 

2.汗取りパッド

汗っかきの赤ちゃん、汗をそのままにしておくと汗疹や風邪の原因に。
長時間のドライブやベビーカーでの移動中、やっと寝てくれた時など、すぐお着替えできないときもありますよね。

そういうときは、汗取りパッドの出番です。
ねんねの赤ちゃんが汗をかきやすい、背中と肌着の間に挟むように入れて使います。折り返し部分は首の後ろから少し引き出しておいて、すっと引き出して取り替えればOK!

ガーゼなどでも代用できますが、汗取り専用パッドは、さっと取り出しやすい点と背中でよれない点、そして汗の吸収がよい素材(ガーゼ、パイルなど)を使っているところに良さがあります。
1枚1000円程度と安くないので躊躇するママも多いと思いますが、あればひと夏ヘビロテで使えるのでコスパはいいと思います。

▼西松屋さんは安い!3枚セットで税込599円▼

3枚組ポケット付きガーゼ汗取りパット(ワンポイント) 楽天通販ページ


▼夏生まれの赤ちゃんへの出産ギフトに▼


▼セットにしてあげるとよりかわいいギフトに♡▼

 

3.冷感敷きパッド

暑くて寝苦しいと、赤ちゃんはうまく寝れなくてグズグズ。対応するママも寝不足になっていては、元気に夏を過ごせません。
赤ちゃんの快適な睡眠環境を整えてあげるのに、クールタイプの敷きパッドがいい!というママの声が聞かれました。
吸熱放熱し、ひんやりとした触り心地は気持ちがよく、すやすや寝てくれるとのこと。うまく涼グッズを取り入れてあげたいですね。

▼ミニサイズのキルトパッド、試してみたい!税込1296円▼

ミニサイズ60x90cm/ベビー用ひんやりミニ敷きパッド  楽天通販ページ

 

4.メッシュタイプの抱っこ紐

夏場のおでかけは、抱っこ紐かベビーカーか迷うママも多いことでしょう。
地面に近いベビーカーより、抱っこ紐を選ぶ場合は、日傘と帽子の使用がマストです。
プラス抱っこ紐用の冷却グッズを使ったり、長時間抱っこしたままにせず、こまめに外してあげるなど工夫するのがベター。

それから、夏は抱っこ紐自体をチェンジしちゃうというママの声が届きました。
赤ちゃんとママが密着することで起こる蒸れや熱のこもりを防ぎ、外気をほどよく取り込んでくれるメッシュ素材の抱っこ紐があることご存知でしたか?
洗ってもすぐ乾いて便利、そして清潔に使えます。
涼しい・軽い・乾きやすいと三拍子そろった抱っこ紐、いい買い物になると思います!

▼人気の高い夏仕様抱っこ紐▼


napnap(ナップナップ)BASIC メッシュドライ 抱っこ紐【メーカー直営店】抱っこひも ベビーキャリア ベビーキャリー 楽天通販ページ

 

5.ポータブル扇風機

炎天下のおでかけには、ベビーカーや抱っこ紐に扇風機をセット!
そうなんです、ポータブル扇風機がママたちの間でじわじわ人気急上昇中。
赤ちゃんが指を入れてしまわない形状だったり、風の向き・風量調整できたりと、安全快適に使える仕様になっています。
赤ちゃんが大きくなっても、アウトドアや運動会などでマルチに活躍しそう!

▼スタイリッシュな扇風機!Baby Hopper(ベビーホッパー) ▼


正規品 Baby Hopper(ベビーホッパー) [ベビーカー&ベビーキャリア用ポータブル扇風機]楽天通販ページ

 

暑さ対策はバッチリして、赤ちゃんとの夏を思いっきり楽しもう!

Enjoy summer
ベビーのための暑さ対策に注目してきました。
赤ちゃんは、大人よりも気温の影響を受けやすく、汗っかきでしたね。
基本の暑さ対策についてご説明しました。

それから、ママたちが使ってよかった!涼アイテムを厳選しご紹介!
アイデアやグッズをうまく活用して、猛烈な暑さから赤ちゃんを守り、快適かつ健康なひと夏を過ごせますように。smarbyは夏の親子を全力で応援しています♫

smarby(スマービー)のアプリをダウンロードしてお買い物を楽しもう!

smarbyアプリをダウンロード

Writer’s Profile この記事を書いた人

setsukoの記事一覧