子供にイヤホン、耳は大丈夫?使い方とおすすめ商品をチェック!

子供にイヤホン、耳は大丈夫?使い方とおすすめ商品をチェック!

最終更新日 2019-09-04 by smarby編集部

電車や飛行機、車など長時間の移動時(旅行・帰省)、子供が退屈しないよう、DVDポータブルやスマホ、タブレットで動画や映画、アニメを見せてあげたいな…そう言えば、子供ってイヤホンできるの?耳は大丈夫?

今回は《子供とイヤホン・ヘッドフォン》に注目してみました。
何歳からOK?どういう使い方をすればいいの?
気になる疑問をとりあげつつ、今人気のキッズ向け商品からおすすめをご紹介します。

子供にイヤホン、大丈夫?何歳から使えるの?

イヤホン、何歳からok?
イヤホンは、大人が音楽を楽しむために使うイメージありますよね。子供はいくつから使えて、子供の耳に悪影響はないのでしょうか。確認していきましょう。

 

イヤホンは何歳から使えるの?

「何歳から」という明確な区切りはないのが実情です。ただし、飛行機に備え付けられているイヤホンのイヤーキャップは、子供の耳には大きすぎてそもそも入らない、という場合も。

 

使い方によっては、子供の耳に影響あり!

子供がイヤホンを使うことの懸念として「大音量で使う」ことがあります。
テレビの音量ボリュームを限度なく上げてしまう、子供あるあるですよね。
大音量の音を長時間、高頻度で聴くことは子供の耳にとっては悪影響、難聴(聞こえにくい病気)の原因になってしまいます。

子どもの耳の管は大人に比べて狭く、耳に入る音圧がより大きくなってしまうので、より音量の管理に気をつける必要があります。
イヤホンは使い方と商品選びが、子供の耳の安全を守るためにはとっても重要なのです。

 

子供用のイヤホン・ヘッドホンなら安心!

キッズ用のイヤホンやヘッドホンなら、子供が使用することを想定した仕様になっているので安心感があります。
一般的に音量制限を設けているものが主流、難聴リスクを抑えることが出来ます。

また、ノイズキャンセリング機能付きの商品なら、外部からのノイズに対応し、快適な音質で聞くことができます。耳にやさしい!
他に、コードがないBluetoothタイプは、無線で使用可能。ついついいじってしまう長いコード、持て余さずスマートに。

 

公共の場でイヤホン・ヘッドフォンを使うときのルール【お約束3つ】

イヤホンを使うときのお約束

正しい使い方を守れば、子供でもイヤホンで音のある娯楽を楽しめます。
大切な耳を守るためには、キッズ向けの商品を選ぶ・長時間使用しないなどに気をつけてあげればOK!

そして、もう1つ忘れてはいけないのが、まわりの人に迷惑をかけないことです。子供がイヤホン・ヘッドフォンを使用する時、ありがちなことと、それを踏まえてのお約束をまとめてみました。

 

1.声の大きさに気をつける

イヤホン・ヘッドフォンをつけたまま話すと、声のボリュームが大きくなりがちです。
したがって、動画などを見ている途中は「話さない」、あるいは「小さな声で話す」を意識させましょう。

 

2.音漏れしていないか気をつける

まわりの音がうるさいと、ついつい音量をあげてしまいがち。自分は気付いていないけど、音漏れしていて周りの人の迷惑になる事態は避けましょう。
一緒にいる大人が、注意してあげるのがベター。ご自身もイヤホンをつけていると気付けないのでご注意を!
そして、音量は小さくても十分聞こえる、性能のよいイヤホンを選ぶのが最適解です。子供の耳への負担も軽減され安心です。

 

3.長時間使えない点は先に伝えておく

動画やゲームは子供を惹きつける要素たっぷりで、できるだけ長い時間楽しみたがりますよね。
長旅などで長時間乗り物でおとなしく座ってもらうには効果大なのですが、ずっと使うことには不安あり。
休憩したり、他の遊びを交えながら使うのが理想です。
イヤホンを取り上げてギャン泣きされないよう、小さな子には特に、最初にきちんとお約束をすることが大事です。

 

子供向けイヤホン・ヘッドホンの種類

さて、子供とイヤホンの付き合い方を確認したところで、キッズ向けのヘッドホン・イヤホンにフォーカスして行きましょう。
具体的なおすすめ商品をご紹介する前に、どのような種類があるのか、を解説します。

オーバーイヤー型

オーバーイヤー型のヘッドホンは、装着時に耳全体を覆うタイプです。
音漏れが少なく外部からの雑音も遮断できます。
気軽に装着できるので、子供向け商品ではこちらのタイプが主流です。

インイヤー型(カナル型)

いわゆる、イヤホン型です。耳に挿入して使います。
荷物にならず持ち運びしやすい点と、遮音性の高さにメリットがあります。
しかし、子供の耳にフィットするものを選ばないと使い心地が悪いので注意。
小学生くらいの大きい子におすすめします。

 

子供用イヤホン・ヘッドホンおすすめ6選

子供向けに作られたイヤホン・ヘッドホンから、人気の商品をおすすめします。

 

1.Mpow 子供用ヘッドホン

3歳〜16歳の子供向けのヘッドホン。ヘッドバンドは調整可能で、フィットさせて快適に使用できます。
音量ボリューム抑制機能搭載なので、こどもの聴力をしっかり守ります。娯楽以外に、電子ピアノの演奏、語学レッスンでも重宝するでしょう。
折りたたみできるので、持ち運びの負担は少なく。音楽をシェアできるオーディオケーブルジャックまでついていますよ。

Mpow イヤホン 子供用イヤホン 子供用ヘッドホン  楽天通販ページ

 

2.LOBKIN 密閉型 子供用ヘッドホン

女の子好みのキュートなうさみみ付きヘッドホン。うさみみは取り外しできます!
ルックスだけではなく、仕様もバッチリなんですよ。
85dB音量リミットヘッドホンで合格。また、片方にシェアポートが付いており、別のヘッドホンと接続◎。友達や兄弟と共に音楽・映画をシェアしながら楽しめます
パッケージまでかわいいので、プレゼントにも最適です。

ヘッドホン 子供用 ピアノ 練習用 うさみみ ヘッドホン  LOBKIN 【newyear_d19】楽天通販ページ

 

3.FIRIK(フィリック) 柔らかイヤフォン・ヘアバンド

可愛い動物さんのヘアバンドの中に平らな音源を内蔵するユニークなイヤホン。
ソフトなつけ心地な上に、ずれてこないのでご機嫌に使えます。
イヤホンを外せば、アイマスクに早変わりです。
リーズナブルなので、はじめてのイヤホンデビューに買いやすいのではと思います。おすすめ!

FIRIK(フィリック) 柔らかイヤフォン・ヘアバンド  楽天通販ページ

 

4.i Head (アイ ヘッド)Bluetooth ワイヤレス イヤホン

スマートフォン、オーディオプレーヤなどの機器とペアリングすることで、ペアリングした機器に格納された音楽を楽しめるBluetooth (ブルートゥース)搭載のヘッドフォンです。

硬すぎず柔らかすぎないイヤークッションを採用し、人肌に近い弾力でストレスを軽減。装着感よく、音漏れを防ぎます。折りたたんでコンパクトになる点も優秀!

ワイヤレス イヤホン ヘッドホン Bluetooth (ブルートゥース) ゲーミング ヘッドセット  楽天通販ページ

 

5.Etymotic (エティモティック)TY・Kidsイヤホン

Etymotic Research社の優れた音質を維持しつつ、安全な音量出力制限が設けられた子供用イヤホンです。
高精細な音質により、細部まで音楽を楽しむことが出来る本格派!
また、遮音性が高いので、耳に害を与えるレベルまで音量を上げようと思わないように設計されています。

日常的に音楽を楽しむ、音楽や映像に興味を持ち始めた小学生高学年のキッズにおすすめです。

子供用イヤホン Etymotic (エティモティック) ETY・Kids Black ブラック(EK5-Black)  楽天通販ページ

 

6.骨伝導 イヤホン キッズタイプ

話題の骨伝導イヤホン、キッズタイプがエントリー。
骨伝導イヤホンは、骨を通して聴覚神経に伝わるため、聴力を損傷する心配がなく、子供の耳の健康を守ります。
そして、耳を塞がないため、周囲の音が聞こえる点が特徴。周辺の様々な音も同時に聞こえます。

防水・耐汗・防塵と耐久性に優れており、日常的にオンライン学習するキッズなどにもおすすめです。

【送料無料】骨伝導 イヤホン キッズタイプ 可愛い子供ヘッドホン ヘッドホンセット 子ども聴力保護 防汗・防滴[Vidonn]楽天通販ページ

 

子供のイヤホン・ヘッドホンは安全で使い勝手のいいものを!

子供用のイヤホン・ヘッドフォンに注目してきました。
子供の耳を守るために必要な機能と正しい使い方を解説し、おすすめの人気商品をご紹介してきました。長旅の移動以外にも、学習や楽器の演奏、入院時の娯楽など、音のでる機器を使うシーン結構あります。
安全で使い勝手の良いものを!いいお買い物が出来ますように!

 

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami