子供の英語教育!現役英語講師が伝えたいこと

子供の英語教育!現役英語講師が伝えたいこと

最終更新日 2021-01-08 by smarby編集部

ここ近年、英語は子供の習い事の上位に入るほど保護者の関心度も高いですね。
また、2020年から本格的に小学校で英語の学習が始まることもあり、幼児から英語を始めておきたいと思うママやパパも少なくいのではないでしょうか。

そこで、現在小学生の子供達に英語を教えている筆者が、いつから英語を始めるべきか、また保護者におすすめしたいことについてお伝えします。

幼児期から英語を始めるメリット

まずは小さい頃から英語を勉強するメリットをまとめてました。

母国語と同じように意識せず習得できる

子供の英語はいつから始める?

母国語は頑張って覚えることなく、気がついたら話せたり聞き取れるようになっていたと思います。幼少期から英語を習い始めることで、母国語と同じように特に意識することなく、身につくことができる可能性が高いです。

 

英語に対する抵抗感が少ない

子供の英語はいつから始める?

小学生になると恥じらいがでてくる子もいます。英語教室に通い始めても恥ずかしくて声を出せないという生徒さんを筆者自身もよく見かけます。

しかし幼少期の子供達は恥ずかしさよりも楽しさや興味の方が大きいようで、上手に発音できなくても真似しようとする姿があります。発話することも英語を上達する上でとても大切なので、英語に関して抵抗がないことは上達への近道でもあると思います。

 

英語耳になれる可能性がある

子供の英語はいつから始める?

小さな頃から英語に触れることで、発音が綺麗になると耳にしたことはありませんか?まだ聴覚が完全に構築される前の0歳〜幼児期までに英語をたくさん聞くことで、英語の発音が聞き取れる英語耳になりやすいと言われています。

英語は大きくなってからももちろん習得できますが、ネイティブスピーカーと同じような発音を出すのは難しかったり、本人の努力が必要になるので、赤ちゃんの頃から英語耳にしてあげたいと考えるパパママは少なくないと思います。

 

英語を習得するために親がすべきこと

ここからは保護者がお子さんのためにしてあげられること、おすすめしたいことをお伝えします。

1.英語を聞く環境を作る

子供の英語はいつから始める?

私たちが日本語を話せるのは日本人だからではなく、生まれた時からずっと日本語を聞いていたから。個人差はありますが、言葉を発するまで赤ちゃんの脳はたくさんの日本語をインプットしています。

同じように、英語もたくさん聞く時間を作ることが大切です。CDやDVD、Youtube、携帯電話のアプリなども効果的!動作が付いているDVDやYoutubeの方が理解しやすいという声も耳します。

英語をたくさんインプットしないことにはアウトプット(話すこと)は難しいと言われているので、お家遊びをしている時などCDやDVDを流すことをおすすめします。

▼おすすめの英語DVDはこちらから▼
DVDで楽しく【英語】に触れよう!おすすめのアニメタイトル10選

 

2.英語の絵本を置く

子供の英語には絵本もおすすめ

英語への抵抗をなくすためにも、英語の絵本をおうちに置いておくのもgood。「読んで〜」と言われることもあるので、ママパパの英語の練習にもなります(笑)

余談ですが、本好きな子供にしたい場合は色々なジャンル(大人向けや辞書でもOK)の本を100冊ほどお子さんの目に見えるところに置くと◎。本がある生活が当たり前と感じ、本を読むことに抵抗がなくなるそうです♪

▼おすすめの英語の絵本はこちらから▼
英語に親しめるおすすめ絵本9選!【0歳〜小学生向け】

 

3.色々な教室の体験に行き、子供の反応を見る

色々な英語教室の体験に行く

実際に英語教室に通うことでコミュニケーションを養うことができますね。お子さんによって合う先生(ネイティブスピーカーの先生、英語を教えている日本人の先生など)は違うと思うので、いくつかの教室に体験に行かれることをおすすめします!

 

英語に興味を示さない時は?

子供が英語を嫌がったら?

英語に興味を持たないお子さんもいると思います。そんな時は「無理はさせない」ことが大切。無理に英語教室に連れて行ったりすると逆に英語嫌いになってしまう可能性も。

そんな時はおうちでCDを流したり、DVDを見たりするだけでも効果あり。Youtubeやアプリなどでもネイティブ英語に触れることができるので、親子で一緒に楽しんでみてくださいね♪

 

子供は興味を持った時に習得力がアップする

興味を示した時に英語を始める

子供が興味を持った時の集中力や吸収力はすごいですよね。英語も同じで、興味を持った時に始めるのでも全く遅くありません。

遅く始めることでネイティブ発音ができないのでは?と気にされる保護者もいらっしゃいますが、世界中で英語の非ネイティブスピーカーは75%以上とも言われています。大切なのはネイティブ並みの発音ではなく、しっかりと対話ができるコミュニケーション能力だと思います。

ちなみに、筆者自身も高校まで英語が大の苦手でした。未来は誰にもわからないとはこのことですね。

 

「英語は楽しい」と思える環境を作ることが大切

子供と一緒に英語を楽しむ

幼少期から英語に触れることで英語耳が養われ、英語に対して抵抗が少なくなるお子さんが多いです。ただ、無理に英語に触れさせて英語嫌いになってしまわないよう、注意も必要です。

まずは親子で英語に触れて、「英語は楽しいな」とお子さんが思える環境を作ってみることをおすすめします♪

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami