全プレママ必見!陣痛アプリで備えよ!簡単計測おすすめ5選【最新】

全プレママ必見!陣痛アプリで備えよ!簡単計測おすすめ5選【最新】

「陣痛が10分間隔になったら連絡を」と産院から言われると、いよいよ現実感が増す出産。かわいい赤ちゃんに会える日はすぐそこですね。

今回は、お産のはじまり!陣痛をウォッチングするときに役立つ《陣痛計測アプリ》に注目してみました。
使い方、選び方、計測以外の便利機能情報も含めて、最新人気おすすめアプリを5選ご紹介します。

陣痛アプリとは何?

陣痛計測アプリって何?

陣痛アプリは、スマホで簡単に陣痛の間隔を記録できるアプリです。
産院への電話連絡のタイミングは、主に「陣痛の周期」と「痛みの強さ」を目安に判断します。
陣痛はいつから始まって、何分おきに来ているか、痛みの強さは等、状況を確認するためには大事な情報なので、ある程度正確に把握できている必要が。

しかし覚悟はしていても、実際に痛みがくるとパニックになる場合も。
冷静に時間を計測したりメモをとったりするのは想像しているより難しいものです。そういうときに、スマホで簡単に記録が取れる陣痛計測アプリはかなり心強く、先輩ママたちの良かったよ!の声が口コミで広がりました。

「痛みが増してきた時にボタンを押す作業があると、気分を紛らわせられてよかった」という声や、「陣痛中はとてもじゃないけどストップウォッチは使いこなせなかった」というリアルボイスも。

今や、出産準備のひとつとして、陣痛計測アプリをスマホにいれるプレママ急増中なのです。

 

陣痛アプリの使い方と選び方

陣痛計測アプリはどういうふうに使うの?操作方法をリサーチ!一般的なアプリの使い方について確認します。
また、計測機能以外でちょっとこだわって選びたい、便利機能にも注目してみました。

 

【使い方】ボタンを押すだけ!シンプル操作できちんと記録

陣痛間隔の計測は、ボタンを押すだけ。
痛みを感じたらタップ(スタート)、治まったらタップ(ストップ)のアプリが多数です。

「痛みに耐えている」という非日常時だからこそ、シンプル操作で正確にデータがとれるものがベスト!
機能てんこもりで複雑なものより、シンプルでスピーディー仕様の方が◎。
自宅でも病院でも、スマホ操作で簡単に記録がとれます。

 

【選び方-1】表示画面のみやすさは大事

動作のスムーズさと同じように、見やすい表示画面のアプリがおすすめです。
大きなテキスト、シンプルなデザインだと、ぱっと見で情報を得ることができますよね。
無料アプリにありがちな広告表示は、時として邪魔。広告を出さないように設定できるものだとノンストレスでしょう。

 

【選び方-2】記録を共有できる機能は使える

陣痛間隔の記録を、メールなどに添付して共有できると便利です。
例えば、仕事に行っているパパに、「いよいよ来た!」ことを取り急ぎ伝えられます。

他、緊急連絡先が登録できるアプリならば、事前に親や夫、病院など各所の連絡先を登録しておけます。いざという時、すぐに連絡できるようになっているとお互いに安心です。

 

おすすめだけ厳選!人気の陣痛計測アプリ5選

お次は、ママたちに人気の高い、陣痛アプリをご紹介します。気になるアプリはダウンロードしてチェックを!

 

1.国内の陣痛間隔計測アプリシェアNo1【陣痛きたかも】

陣痛きたかも カラダノート

合計164万人、妊婦さんの2人に1人の出産をサポートしてきた人気アプリ陣痛きたかも
使い方はシンプル。陣痛を感じたら「陣痛きたかも」ボタンを、おさまったら「おさまったかも」ボタンをクリック!陣痛が続いている時間をサクッと測ります。

病院や家族など複数の緊急連絡先が登録でき、電話ボタン一つで発信可能!
まさに「陣痛きたかも」のリアリティをすぐに共有・伝達できる頼もしいアプリです。

サービスを提供しているカラダノートは、妊娠から出産育児まで使える情報アプリ「ママびより」 や「授乳ノート」など、妊娠出産育児に役立つアプリが揃っているので要チェックです。

【無料】

App Store 詳細ページ
Google Play 詳細ページ

 

2.妊娠後期の胎動カウントにも【胎動~陣痛時計】

陣痛時計

水彩画風の可愛いイラストがやさしい印象の妊娠出産お役立ちアプリ胎動~陣痛時計
陣痛計測の他に、胎動計測機能もセット。
妊娠32~34週頃からの胎動カウントに使用できるので、早めにインストールして活用がおすすめです。

陣痛計測は、開始終了をクリックすることで、①開始日時②陣痛間隔③継続時間が自動的にリストに。
「陣痛が続いた時間」は「いらない」と設定も可能ですよ。
履歴は一覧で眺められるので、一目瞭然でわかりやすい。

【無料】

App Store 詳細ページ
Google Play 詳細ページ

 

3.助産師のアドバイス付き!パワースポット生写真購入も【陣痛ナビ】

陣痛ナビ

陣痛ナビは、助産師の川田町子先生監修の陣痛カウンターアプリです。シンプル操作で、陣痛で苦しいときも簡単に計測できます。設定した間隔になると、アラートが出て病院へ連絡するタイミングを教えてくれます。

ほかにも機能が充実。
「出産まであと何日」「赤ちゃんメモ」機能があるので、妊娠生活の目安や楽しみに。

また、「安産の御守」として、日本各地の強力なパワースポットの生写真を購入できる面白い機能も必見です。

【無料】

App Store 詳細ページ
Google Play 詳細ページ

 

4.馴染みのたまちゃんと一緒に陣痛を乗り越えよう【たまひよの胎動・陣痛カウンター】

たまひよ陣痛カウンター

たまひよのキャラクター「たまちゃん」がかわいい♡癒されるアプリ・たまひよの胎動・陣痛カウンター。胎動&陣痛カウンターで、出産を控えたプレママをしっかりサポートしてくれます。

このアプリのおすすめポイントは、リラックスミュージックが3曲内蔵されていること。(オンオフ設定可能です)ママ自身がリラックスできるように、と思いやりを感じるアプリです。

【無料】

App Store 詳細ページ
Google Play 詳細ページ

 

5.陣痛時、画面閉じない!片手操作可能!【陣痛時計】

陣痛時計

余分な表示がなく、シンプルデザインが好評の陣痛計測アプリ陣痛時計
機能もシンプルで、スタート・ストップボタンをクリックで、陣痛間隔・継続時間を記録するというもの。

「自動ロックしない」設定があり、一定期間後に画面が閉じるイライラを回避できます。ボタンを画面下に配置することもでき、そうすると片手操作ができるので、陣痛時でも簡単です。

また、記録はメール送信可能。PCに思い出として保存したり、印刷して医師に見せたりも!
いざというときの使い勝手にも考慮されたアプリです。

【無料】

App Store 詳細ページ

 

陣痛アプリをダウンロードしていざそのときに備えよ!

新生児赤ちゃんと対面したママ
陣痛計測機能のついたアプリをご紹介してきました。いかがでしたか?
いずれも無料で利用可能です。
気になるものはダウンロードして、使い勝手をチェックしてみてくださいね。安心で便利なお産を!smarbyは、ママと赤ちゃんの生活を応援しています♫

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami