離乳食の道具は100均中心に!おすすめ20選【調理・保存・食事】

離乳食の道具は100均中心に!おすすめ20選【調理・保存・食事】

調理器具・保存容器、そして食事グッズと《赤ちゃんの離乳食デビューに揃えたい各種道具》についてご案内します。
必要最低限&便利&低予算を条件に、100均グッズの人気商品中心におすすめをご紹介。

【参考】離乳食の進め方「うちの子ペース」でOK

1日1回、1さじからスタートする赤ちゃんの離乳食。
パクパク食べる子もいれば、断固拒否の子も。食べる日があれば食べないときもあって。好きな食品、嫌がる食品などなど、反応は様々です。
(育児全般に言えますが)そう「食べる」も、”その子による”ところが大きい!

目の前のお子さんの様子を見ながら、その子のペースでOK!
食べやすい大きさや固さ・味付け、色々な食物を取り入れながら「食べる」トレーニング、楽しく進められるといいですね。

進み 形状 回数 目安月齢
開始



完了
なめらかにすりつぶした形状 1日1回1さじ 5,6ヵ月頃
舌でつぶせる固さ 1日2回食 7,8ヵ月頃
歯ぐきでつぶせる固さ 1日3回食 9-11ヵ月頃
歯ぐきで噛める固さ 1日3回 12-18ヵ月頃

 

【調理】離乳食作りにおすすめな100均ほか道具11選

豪華な調理器具セットを用意しなくても、100円ショップの定番アイテムで十分対応可。おなじみの調理グッズから、毎日の離乳食作りに使えるものをご紹介します。

 

1.味噌こし器(万能こし器)

トップバッターは、味噌こし器(万能こし器)。離乳食初期、10倍粥を作るための「裏ごし」から大活躍します。
お鍋に入れて同時茹でや、熱湯を回しかけて、しらす干しの塩抜き、納豆のネバネバとりにも。
茶こしよりも網の目が粗い分、一気にすばやく濾すことができ、網目を洗うのもラクです。1家に1つ、スタンバイ必須!

▼裏漉し器についてもっと知りたい!▼
離乳食作りの裏漉し器はこう選ぶ!おすすめ21選&人気の代用品も紹介

2.計量カップ&スプーン

離乳食作りは、少量を計ることが多いので、メモリが細かいタイプがベター。
耐熱の計量カップなら、電子レンジ調理にそのまま使うのでなお便利です。
赤ちゃん用に新たに準備する必要はなく、手持ちのものと兼用OKです。

 

3.まな板

衛生面を考えると、離乳食用のまな板を別途用意がおすすめです。
100均の定番商品ミニまな板なら、少量刻むのにもすぐに洗うのにも手軽で、ちょうどいいサイズ感。
フック付きのものなら、掛け収納でさっぱり乾かし、いつでもクリーン!
買い替えやすいお値段もGOOD。

 

4.おろし金

果物を絞ったり、繊維を潰すのに使えるおろし金。
目が細かいものが離乳食向きでしょう。
ほうれんそうなどの青菜は、ゆでて長細くした形で冷凍しておけば、そのまますりおろせて便利です。
汚れが取りにくい場合は、しばらくお湯につけ、その後たわしでこすると落ちやすいですよ。

 

5.シリコンヘラ

食材をやわらくしてから、ペースト状にすりつぶすのに、シリコンヘラが使えます。
お鍋の中をかき混ぜたり、細かくした食材、おかゆなどをお皿やお椀に移すのにも重宝します。おやつ作りにも!

 

6.麺カッター

離乳食作り用のアイテム、麺用カッター。
赤ちゃんが食べやすいように、うどんやパスタを短くカット。
ケース付きなので携帯でき、外食時もフル活用。しっかり挟めて使いやすいと好評です。100円なら気軽にお試し!

 

7.調理トレイスプーン

お出かけに便利な離乳食用の調理トレイとスプーンのセットです。
スプーンは組み立て式なので、中に入れることができます。コンパクトにまとまるので、持ち運びしやすく、帰省時などにも◎。
トレイはすり鉢、フタはおろし器に。柔らかく煮たご飯やお野菜をすりつぶして簡単調理!

 

8.ニューレンジ蒸し器

100円ショップの人気グッズ、電子レンジで使用する蒸し器です。
時短調理で、温野菜も簡単に。少量蒸したいときにぴったりです。豆腐の水切りにも使えるとレビューあり!
肉まんもさっとチンすれば、ママのお腹も満たします。

 

9.おかゆカップ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

⑅ さん(@____po4)がシェアした投稿

DAISOで取扱がある「おかゆカップ」は、炊飯器でご飯と一緒におかゆが作れるアイデア商品です。
10,7,5倍がゆと量を調整しやすい目盛り付き!はじめての離乳食作りに最適です。電子レンジ調理も可能。108円で試せるのはうれしいですね。

10.小鍋(ミルクパン・雪平鍋など)

少量作るのに最適な小鍋はマスト!
100円ショップにも様々な素材で各種取り扱いがありますが、長く使うことを見越して、それなりのお値段のものを購入するのがおすすめです。
離乳食以外でも、ゆで卵を茹でたりお湯を沸かしたり、お味噌汁をつくったりフレキシブルに使えます。
約1000円の、ニトリのホーローミルクパンが人気!

 

11.お茶パック

調理道具とは少し違いますが、お茶パックが離乳食作りに便利です!
鰹節をいれて出汁を取る・ミジン切りの野菜を茹でる・果物をいれてぎゅっと絞るなどマルチに使えます。洗い物も少なくてありがたい!

 

【保存】離乳食ストックにおすすめな100均道具3選

赤ちゃんが1回に食べる量はほんの少し。離乳食はまとめて作って、冷蔵・冷凍保存しておけば次回が格段にラクです。
でも、大きなタッパーに保存しておくと大変ですよね。100均の定番商品から、小分けできる保存容器をチョイス。そして、ストック作業を効率化する道具もチェック。

 

1.ベビー用小分けパック

離乳食用の小分けパックは、いくつかあると小分け保存に重宝します。
フタをしたままレンジ加熱できるとより便利。同シリーズなら、重ねて収納できるのでおすすめです。上画像以外にも様々なサイズ・かたちのものがあるので店頭でチェックしてみてくださいね。

 

2.離乳食冷凍トレイ

ちょっと使いたい分量を冷凍するには、製氷皿や冷凍トレイが最適です。
離乳食初期の一さじ時代は特に、お出汁・おかゆをまとめて作ってストックしておくと、ママの負担が軽減されます。
蓋付きなら匂いもつかず衛生的。ブロック状に固まったら、ジップロックにいれて保存。袋には日付と中身を忘れずメモを!

 

3.ステンレストレー

小分けしたものを早めに冷凍したいときのお助けアイテムが、金属製のトレー。並べておくと、すばやく熱を冷ましてくれます。
値段による違いがこれといってないので、100円ショップのもので十分でしょう!大人のご飯の下ごしらえにも。

 

【食事】離乳食いただきます!食事におすすめな100均道具6選

離乳食を赤ちゃんに食べてもらうときに、いくつかグッズが必要。いざ実食をスムーズに、お片付けをラクに、ママをサポートするアイテムを最後にご案内します。

 

1.離乳食プレート

おかゆと2種類のおかず(計3種)をまとめて盛りつける離乳食用プレートボール。重ねてコンパクトに収納でき場所を取りません。
プラスチック製で、電子レンジ・煮沸・漂白消毒すべてOK!気軽でうれしい。

 

2.らくらく椀(フック付き)

指にかかるフック付きで、楽に保持できるお椀です。右手・左手どちらでも持てます!赤ちゃんに食べさせやすく、使い心地上々。
軽いプラスチック製で、衝撃に強く丈夫です。
シンプル好きさんに、白無地の見た目も好まれているとか。

 

3.アルクシリーズ(ディッシュ・ボール・マグ)

赤ちゃんのお食事タイムを楽しく演出する、パステルカラーがかわいいアルクシリーズ。赤ちゃんの離乳食デビューを応援します。
下部に膨らみをもたせたデザインで安定感あり。
おやつにもご飯にもヘビロテ確実でしょう。食洗機対応可です。

 

4.ボヌールシリーズ(ランチポットなど)

ル・クルーゼやストウブをイメージさせるデザインで話題になったボヌールシリーズ。100均には見えない、お値段以上で欠品したほどの人気商品です。離乳食の記録として、インスタに写真をアップすると映えます。

サイズは、LL / M / S / SS 、丸いランチポット型とスクエア型があります。
Mが、赤ちゃんの離乳食にぴったりサイズ。密封できるパッキンがついていて保存にも。電子レンジ使用できますよ。
適度な深さがあるので、スープや汁物におすすめです。

 

5.シリコンスプーン

赤ちゃんの小さなお口サイズのベビー用スプーンの準備を。シリコン製は口当たりが柔らかく、弾力があります。色付きだと見つけやすくて◎。

 

6.すべり止めマルチシート (防水タイプ)

「食べる」練習中の赤ちゃんは、食べ物に興味津々!
触って感触を確かめたり、こぼすのは日常茶飯事。(汚しちゃだめー)とハラハラしながら見守るのは、ちょっとストレスですよね。

そういうときは、防水のすべり止めシートを使うのがおすすめです。敷くと後片付けがかなり楽になります。汚れたら手洗いすればOK、繰り返し使えます。
食器のすべりも防止にもなり安心。使って効果を確かめてくださいね。

 

100均を使って気軽で便利な離乳食デビューを!道具は揃った!

このよみものでは、離乳食の道具についてフォーカスしてきました。
調理・保存・食事、それぞれで重宝するアイテム、100均中心にピックアップ!
気になるものは是非試してみてくださいね。
赤ちゃんの可愛いお口が大きく開きますように。smarbyではママと赤ちゃんの離乳食を応援しています。

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami