必見!ママ友宅《初》訪問!手土産セレクトルールとおすすめ紹介

必見!ママ友宅《初》訪問!手土産セレクトルールとおすすめ紹介

最終更新日 2019-09-04 by smarby編集部

仲良くしたいと思っていたママ友からおうちへお呼ばれ!ウキウキしつつ考える(さて、何を持っていこう?)

今回は、ママ友宅《初訪問時の手土産》にフォーカスしてみました。
選び方ノウハウをチェック後、おすすめ手土産好適品をご紹介します。是非、ご一読ください。

ママ友宅への手土産の予算は?

何を用意するかの前に、《予算はいくら?》をリサーチ。
ママ友宅・手土産代の相場についておさえましょう。

 

予算は1,000円程度でOK!

ママ友宅への手土産は、1,000円程度でOKです。
初めての訪問だから少しいいものを…と張り切りがちですが、高すぎるものは敢えて避けたほうが◎でしょう。
これからお家の行き来や公園遊びなど、なにかとお付き合いがあるママ友関係では、「気を遣わせない」ことがキーポイント。

高価なものを差し上げたら、お返しを…と考えるものです。
日常的に会える近さだからこそ、最初から無理せずお付き合いしていけるといいですね。

お昼ご飯をいただく、集まる人数が多い等の場合は1,500円などと、バランスをとって!
想像以上のおもてなしを受けた場合は、おすそ分けやプチギフトとして次回あったときにさりげなく何かお渡しできればGOOD!

 

「手ぶらで来てね!」はどうすれば?

お誘い頂いたときに、「手ぶらで来てね」と言われても、何かしら持っていくのが正解。

人をお招きするには、掃除したりお茶を用意したりと手間がかかるものです。お礼の意味も込めて、心のこもった手土産をお渡しできるといいですね。
ただし、「お気遣いなく」という思いからそう言ってくれているので、おおげさにならないものを選びましょう。

 

お呼ばれされた他のママと打ち合わせする

一緒にお呼ばれするママがいる場合は、事前にいくらくらいの何を持っていくか話すのもありでしょう。
また、上の子がいるなどで、すでにママ友付き合いがあるお友達に相談しアドバイスをもらうのもおすすめです。

 

ママ友宅《初》訪問では避けたほうが良い手土産は?

お付き合いを重ね、お互い気心が知れた間柄になればどうということがない手土産セレクト。
好みや子育てポリシーがわからないうちは、万人受けするものがベターです。
初訪問時には避けたほうが良いものをご案内します。

 

手作りのもの

お料理が得意、お菓子作りが趣味というママであっても、最初のお呼ばれは市販品を手土産にするのほうが無難です。
プロではない、家庭で作ったものが苦手という方も一定数います。
色々お喋りする中で、わかってくるはず。
「〇〇さんの手作りのもの食べたい!」とリクエストされたときには張り切って持参すればOK。

 

アレルギーの心配があるもの

一緒におやつを食べられる年齢のキッズがいる場合は、アレルギーの有無は大きな問題です。事前に情報をキャッチできていれば避けられるので一番確実。
お誘いいただいたママ友本人に聞いてみてもいいでしょう。

 

手を煩わせるもの

ホストの手を煩わせるもの、例えば切り分けが必要なホールケーキ、ポロポロこぼれて食べにくいパイなどはできるだけ控えましょう。
切り分けられるスイーツは、人数次第で大きさを変えカットできる良さがありますが、用意と後片付けが実は大変です。
人数分のお皿とフォークが必要、切り分ける手間、洗い物発生と、持っていく方は気軽ですが、どうしても手を煩わせてしまう点はお忘れなく。

 

ママ友宅《初》訪問おすすめの手土産はコレ!

お次は、おすすめの手土産好適品をご紹介していきます。気が利く&気軽&センスが良い、そんなアイテムある?

 

1.旬の果物

フルーツが嫌いという人はめったにいませんよね。大人も子供も食べられて、身体によく、お値段的にもちょうどよい。しかもアレルギーの心配は少ない。
ママ友宅への手土産には、旬の果物がおすすめです。

春はいちご・夏はスイカ・秋はぶどう・冬はみかんなど。
剥いてそのまま食べられる果物がベター。いちごやぶどうが特に◎です。
メロンやスイカは、家でカットして持っていくのも一案。市販のカットフルーツを持っていくのも見た目華やかです。

また種なしのフルーツは、小さい子がいても安心して食べてもらえます。

旬のフルーツ

 

2.ジュース・コーヒーなどの飲み物

子供用のパックジュース、大人のためのコーヒーや紅茶は、万人受けする手土産になります。飲み物は用意してくれている事が多いですが、開封しなければ保存ができ、いつでも飲んでもらえるので喜ばれます。

授乳中のママには、ノンカフェイン・カフェインレスの飲み物をなど、気を配ってあげると好感度大。
普段よりちょっとリッチで、健康志向だったり、パッケージがかわいいものだと、センスのよさを印象付けます。

 

3.自然派おやつ

子供のおやつタイムに食べられるお菓子、おすすめです。
初回の手土産は少し気が利いたものだとママ受けがいいでしょう。
添加物・化学物質が含まれていないお菓子、オーガニック系のお菓子…子供の健康を思わない親はいないので、『身体によいおやつ』には興味があるはず。いくつか買っていって皆で試食してみるのも楽しそうですよ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

MUJI無印良品さん(@muji_global)がシェアした投稿

 

4.個別包装のお菓子

個別包装されたお菓子は、お皿を使わず食べることができ、余った場合は保管しやすく、また持ちかえってもらうのに配りやすいため、スマートに扱えるのでおすすめです。

ママのほっと一息タイムのお供にも最適。
クッキーやバームクーヘン、ラスクetc…気分の上がるお菓子は喜ばれます。
育児を頑張っているママへのプチギフトにぴったり!

 

5.話題のもの

成城石井やKALDI(カルディ)、DEAN & DELUCA(ディーン&デルーカ)など人気ショップの商品は、メディアによく取り上げられ話題性抜群。
ママ友の心をぐっと近づけてくれる効果ありです。
見栄え◎で、センスの良い手土産になることでしょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

成城石井(seijoishii)さん(@seijoishii1927)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

カルディコーヒーファーム/KALDI COFFEE FARMさん(@kaldicoffeefarm)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

DEAN & DELUCA JAPAN 公式さん(@deandeluca_jp)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

高級「生」食パン専門店 🍞乃が美🍞さん(@nogaminonamasyokupan)がシェアした投稿

 

《ママ友宅へお邪魔します》2回目以降の手土産は?

ママ友宅おしゃべりタイム

初訪問を済ませ、我が家にもお誘いをし「また遊びに来て〜」と誘われた。仲良くなれそうな予感♡2回目以降の手土産は?

 

予算は300円程度でOK!

2回目以降は、そこまで気合を入れなくてもOKです。300円位で探して大丈夫。そのほうが、お互いに気楽に誘い合えます。イベント時はちょっとリッチに、メリハリをもたせながら。

実家からもらった野菜やご当地の名産品をおすそ分けするのも!
抵抗がないママ友なら、手作りスイーツや料理を持ち寄るのもいいですね。

 

スーパーで買えるおなじみのものOK!

気心がしれた頃には、スーパーやコンビニで売られているお菓子や飲み物を手にお邪魔するでOKでしょう。
カルピスやお菓子のファミリーパック、プリンやアイスなど、みんなで一緒に食べると美味しく楽しいものです。

何度か遊んでいると、「チョコレートなどの甘いものは食べさせたくない方針のおうちだな」とか「この子の好物はコレ!」などわかってきて、手土産のチョイスがしやすくなります。

 

ママ友宅《初訪問》はちょうどよい手土産とともに

ママ友手土産セレクション
ママ友のお宅にお邪魔するときは、「お誘いありがとう」の気持ちを込めて、喜んでもらえる手土産をお渡ししたいですね。母子共々、これからいい関係が続いていきますように。

 

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami