おしゃれ見えする人が無意識レベルで気を使っている服の着方・こなれ技

おしゃれ見えする人が無意識レベルで気を使っている服の着方・こなれ技

普通の服を着て、おしゃれに見える人と見えない人がいる。

 

「私は後者の方だ。平凡な体型だし、何を着てもおしゃれに見えない。」

 

そう諦めている方も世の中には多いかもしれません。

服 似合わない コーディネート 試着

元アパレル店員の筆者も販売員時代、

服がおしゃれに見えないことに悩んだ経験があります。

 

職業柄、おしゃれな同僚・先輩がわんさかいる職場です。

 

 

モデルさんのように背が高いわけでも、細いわけでもないのに、

なんかおしゃれに見える人って結構いるんですよねぇ。

 

 

そういった街のおしゃれさんは、

ちゃんと自分の体型に合わせて服を着る技を無意識レベルで実行している人たちなのです。

 

 

本人たちに尋ねても、

 

「え?別に何もしてないよ?普通に好きな服着てるだけだよ。」

 

と言うことでしょう。

 

 

だって、おしゃれさんにとっては、当たり前過ぎて

別に意識してやっていないため。

 

 

今日は、元アパレル販売員の筆者がおしゃれな同僚・先輩から盗みとった

普通の服がおしゃれ見えする」そんなちょっとした着こなし技をご紹介します。

 

 

普通の服をおしゃれ見えさせる着こなし技

①肩位置合わせ


ショップで服を試着した時、

鏡に立つ前に店員さんに服の着方を直されたことはないですか?

ショップ 試着 ショップ店員 服 買う
店員さんは、自分のブランドのお洋服を「綺麗におしゃれに着てほしい。」と願っています。

そのため、お客様が鏡を見る前に、より洋服が素敵に見えるように綺麗に整えるのです。

 

その時、気を使って直しているのは、この2点。

・お客様の肩位置に洋服の肩線を綺麗に合わせること。

着こなし 着方 服 こなれ おしゃれ ニット 肩線

ニットを着る際にずれやすい肩線。

ここが合ってないと変なところにシワが寄り、本当にだらしなく見えてしまいます。

 


・服の中心をお客様の体の中心に合わし、付近のシワをなくし、左右対称にすること。

服 着方 着こなし こなれ おしゃれ ドロップショルダー

ドロップショルダーの洋服は肩線の合わせ場所が分かりにくいため、中心線がずれやすい。

また前身頃中央のシワは悪目立ちします。

右のイラストのように、ウエストの赤丸のあたりの布を両手で持ち、下に引くとシワも伸び、綺麗に左右対称に整います。

服を着る時の習慣にするのがオススメです。

 

 

 



②袖まくり・腕まくり

ファッション雑誌やSNSのコーディネート投稿の腕の部分をよく見てみてください。

ファッションコーディネートアプリ WEAR ランキング

ランキングに載っているコーデで、長袖を着ている人は高い確率で、袖をまくっているのが分かるかと思います。

服 着方 着こなし こなれ おしゃれ コーデ 腕まくり 袖 まくり

なぜか?

袖をまくるだけで、誰でもこなれた雰囲気を演出することが出来ることを皆知っているからです。

 

ほんと、ファッション雑誌を開くと、驚くほど色んなコーデで袖まくりしています。

 

逆に言うと、

世の中に売っている既製服が自分の体型にぴったり合う人の方が少ないのです。

 

世の既製服は標準ボディ(洋服を作る時に使うマネキンのこと)を基準に作られています。

なので、自分自身がマネキンのような体型でない限り、ぴったり服が合うことはないと考えていいです。

 

そのため、袖を折ったりして、

袖丈を自分サイズに合わす着方の工夫をすることがおしゃれに見せるための手段の一つなのです。

 

 

 

③自分のウエストの位置をちゃんと示す

近年、世の中のファッションはハイウエストブーム。

服 着方 着こなし こなれ おしゃれ ウエストイン ハイウエスト イン ウエスト

ウエストインするのが主流です。

パンツの股上も今は高めが人気。

 

今現在、コーディネートをおしゃれ見えさせるのに、

「自分のウエスト位置をちゃんと示す」ことが結構大事なんです。

 

市販の洋服は標準ボディに合わせて作られているので、

「私のウエスト位置はここなんですよ。」と分かるような服の着方をして、服の方を自分の体型に合わしていくのです。

 

具体的にイラストで見ていきましょう。

服 着方 着こなし こなれ おしゃれ ウエストイン 前だけ イン

同じ服をアウトで着た場合、ウエストインで着た場合、前だけウエストインで着た場合の比較です。

 

どれがおしゃれさんに見えますか??

 

私は真ん中かなぁと思います。Tシャツをアウトで着るのに比べて、脚が長く見えますよね。

 

ウエストを全部インで着るのも潔くておしゃれに見えますが、

右のように、前だけインする着方もここ数年人気ですね。お腹ぽっこりや腰張りが気になる方は体型カバーになります。

自分の体型や着る服に合わせてインの仕方を変えて、より自分にあったウエストマークをすることが大事です。

 

そして、ウエストマークの方法は、インすることだけではありません。

 

下の図を見てみてください。

服 着方 着こなし こなれ おしゃれ ウエスト マーク コーデ 技 ベルト サコッシュ 短め アウター ワンピース 羽織

一番左が何もせず、ワンピースをストンと1枚で着た場合。

右に4パターンのウエストマークの仕方を描きました。

「ベルトでウエストマーク」「サコッシュを高めの位置で斜めがけ」「短めのアウターを羽織る」「ワンピースを羽織として着て、中のトップスをインする」

 

左のように、ストンとワンピース1枚で着るのも、筆者は個人的に好きです。

 

でもおしゃれに見えるのはどれか?と言われると、、、

やっぱり客観的に見ると、自分はモデル体型でもないので、横の4パターンの着方をした方がスタイル良くおしゃれに見えますよね。

 

自分の体型を綺麗にスタイルよく見せる着こなし方を何通りも知っていることは、おしゃれへの近道と言えるでしょう。

 

 

 

④小物づかいと服の着方で普通の服を今っぽく着る

アパレルに勤めていて感じたこと。

 

「おしゃれな先輩ほど、トレンドど直球なアイテムを買わない。」

「ベーシックアイテムにやたらこだわる。」

ショップ ショップ店員 服 買う 白シャツ ベーシック

 

 

「トレンド」(流行)はファッション業界が作り出しているものであり、それは流れ行くものであることを彼女たちは誰よりも分かっています。

毎日毎日1~2シーズン先のファッションを考え、計画するのが仕事なので、夏には秋冬のこと、又はその次の春夏のことを考えています。

 

 

つまり、トレンドアイテムが店頭に並ぶ頃には、ファッション業界の人にとってそのアイテムは過去のものになっているのです。

 

じゃあ業界の人は何を着ているか?

それは流行に左右されない質のいいベーシックアイテムです。そこに一番お金をかけます。

 

そして、率先してトレンドを取り入れるところが、

 

「小物づかい」と「服の着方」です。

 

白シャツやTシャツ、ジャケット、デニムなど流行に左右されないベーシックなアイテム選びにこだわり、

流行の小物を合わせ、着方を今っぽくアレンジするのです。

 

服 着方 着こなし こなれ おしゃれ 白シャツ 技 小物 流行 トレンド

 

上のイラストを見ても白シャツの印象が全然違いますよね。

小物のトレンドも着方のトレンドもシーズンごとに変わっていきます。

今はウエストインが流行っているので、逆にこれからはアウトで着るのが流行ってくるかもしれません。(2000年代リバイバル)

 

でも、白シャツというアイテム自体がなくなることはないでしょう。

 

大事なのは、ベーシックなアイテムをどう着るか?

服の着方・小物のアレンジが重要なのです。

 

 

いかがでしたか?

おしゃれ見えする人とそうでない人の違い。

些細なところですよね。

「何を着てもおしゃれに見えない。」って記事の冒頭で言いましたが、

「何を着るか?」じゃなくて「どう着るか?」が大事だったんですね。

 

散々、語ってきましたが、でも、一番大事なのは、

「ファッションを楽しむこと。」

だと、思います。(おいw)

誰のためにおしゃれするのか?

自分のためだと思うので、これからも自分らしいファッションを楽しみましょうね♪

smarby(スマービー)のアプリをダウンロードしてお買い物を楽しもう!

smarbyアプリをダウンロード

Writer’s Profile この記事を書いた人

TOMの記事一覧