今話題のスイーツがハロウィンまでに完全マスター出来る!

今話題のスイーツがハロウィンまでに完全マスター出来る!

今、巷でもっとも話題の爆売れスイーツ「バスチー」。皆さんも耳にしたり、既にご賞味されたかもしれませんね。

LAWSONで発売されたバスク風チーズケーキ、略してバスチーは10年に一度のヒットとまで言われYahooニュースや経済新聞にまで取り上げらるほど!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ワァ🔆waaさん(@waa.stagram)がシェアした投稿

参照:ローソン公式ページ

その人気はまだまだ続きそうですが・・・早くも家庭で再現している方々が登場!!

これはおもてなしスイーツとしてマスターしたいところ♪

 

みんなの胃袋鷲掴み!バスチー作りレシピをご紹介

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

(^^)さん(@fuwarin0000)がシェアした投稿

材料/作り方

まずは材料、以下は15cm丸型1台分です。

【クリームチーズ200g・生クリーム200ml・砂糖100g・卵2個・薄力粉15g】

こちらの5点を用意したら、入れる順番など一切気にしなくていいと言う手軽さです♪

人によっては、薄力粉なしの方が美味という方も・・・その場合は薄力粉15gはレシピからカットしてOKですよ!

1.材料の全てをボウルに入れハンドミキサーで、お持ちの方はフードプロセッサーなどに掛け、全体が均一になるように混ぜ合わせます。

2.焼き型に大きめにカットしクシャっとさせた状態のクッキングシートを敷き(破れないように注意)、そこに生地を流し入れ、予熱した210℃のオーブンで25分~35分焼きます。

3.オーブンの中でぷーっと膨らみ、表面がこんがり栗色に焼き上がったらオーブンから出します。

4.粗熱を熱を取り型ごと冷蔵庫で冷やしたら完成!

 

黒が美味しいバスチー♪

レアでもベイクドでもないチーズケーキと詠われているバスチーなので、材料も作り方も10年に一度の面倒くささなのでは無いか??!と身構えていましたが、想像より遥かに簡単ですよね?

他のチーズケーキとの最大の違いは「表面の焦げ色」。きつね色を通り越し、栗色や黒に近いほど敢えて焦がすことでより本格的な完成度になるので、しっかり焼き色を付けることをオススメ♪

 

焼き型を変えてカップケーキ風にも。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mikiさん(@mikkiy.official)がシェアした投稿

切り分けてシェアして食べるのもいいですが、市販のマフィン型やプリン型にグラシン紙カップをセットし上記の生地を流し入れ焼き上げ、カップケーキ風にするのもアリ!

グラシンカップに限らず、耐熱性であればカラフルなお弁当用カップも使用OK!

可愛い物が多いお弁当カップなら見た目も華やいで、これから訪れるハロウィンスイーツとしてもピッタリ♪

 

カラメルソース、有り派?無し派?

ちなみにローソンで販売されているバスチーは底にカラメルソースがありますが、子どもたち向けに作るのであれば、カラメル有りはプリンっぽさも出てうけるかも?

カラメル無しの濃厚バスチーとワインを一緒に・・・という大人の楽しみ方を方をしてらっしゃる方もいますよ~

食す対象やシーンでアレンジを効かせる事が出来るのもバスチーの特徴ですね♪

※カラメルソースの作り方(レンジで簡単)

砂糖 大さじ2・水 小さじ2・お湯 大さじ1

耐熱容器に砂糖と水を入れ混ぜたりせず、電子レンジ600Wで2分加熱します。焦げ色が足りないと感じたら10秒ずつ加熱時間を追加します。

好みの焦げ色に色付いたら、鍋掴みなどを使用し電子レンジから耐熱ボウルを取りだし、お湯を加えるのですが・・・加熱したカラメルがだいぶ跳ねるので火傷に注意しながら、お湯を加えて下さい。

全体が馴染んでなめらかになるまで混ぜ、冷めたら出来上がりです。

以上はプリン2個分ほどの完成量ですので、必要に応じて分量調整して下さね!バスチーと合わせる際は、焼き型に生地を流し込む前にカラメルソースを入れて置き、上から生地を入れ焼き上げると言う手順です。

ご家庭のバスチーにぜひ取り入れてみてくださいね!

 

今こそ作りたい旬のスイーツ

トレンドど真ん中だからこそ、マスターして振る舞いたくなるバスチー。「焼いてみたの~」と出された側もテンション上がること間違いなし!

レア好きさん・ベイクド好きさん、きっとどちらにもハマる全く新しいテイストのチーズケーキ、ハロウィンスイーツの候補として是非押さえておいて下さいね♪

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami