子供の成長が寂しい…このやり場のない気持ち、どうしたらいい?

子供の成長が寂しい…このやり場のない気持ち、どうしたらいい?

最終更新日 2019-09-06 by smarby編集部

子供の成長が嬉しい半面、寂しい今日この頃。
いつか子供は親離れしていくもの、頭ではそうわかっているのに、なんだかせつない…。

そんなお悩みを胸に秘めたママへ、このよみもの記事を贈ります。

子供の成長は嬉しい、でもなんだか寂しい…これって私だけ?

嬉しさと悲しみの表情を見せる女

子供の成長を目の当たりにして、喜びと一抹の寂しさを同時に感じることは、決しておかしなことではありません。世の多くのママ・パパたちが同じような経験をしています。

出来なかったことが出来るようになったり、子供の興味や世界が広がって、親の助けや出番が徐々に減ってくると、乳児期・幼少期と比べて寂しくなるのは仕方のないことです。手がかかる子や甘えん坊だった場合、なおさらその思いも強まることでしょう。

でも、子供はいつか親の元を巣立つもの。子育ての最終目標は「子供がひとりでも生きていけるようにすること=自立」のはずです。寂しいからと言って、過保護・過干渉にならないようには気をつける必要があります。

とは言え、子どもたちの健やかな成長があるのは、ママとパパの頑張りの結果です。子供にたくさんの愛情を注ぎ、豊かな時間を過ごせてきた証と思って、必要以上に悲しまず、前向きな気持ですごしましょう。

 

子供の成長が寂しいときのやり過ごし方

頭ではわかっていても、なかなかうまく気持ちを切り替えられない…というママ・パパは以下のようなことも試してみてはいかがでしょう?

子供との日々をこれまで以上に大切にする

幸せな家族

「子供と一緒にいられる時間は限られている」ということを忘れずに、日々の生活を大事にする。

何も特別なことをする必要はありませんが、「ちょっと待ってね、あとでね」を減らす、スマホをいじる手をとめて子供に目を向けるなど、自分なりに子供との過ごし方の改善点を見つけて、より充実した時間を過ごせるよう努めてみましょう。

子供とのかけがえのない日常を形にしておくアイデアも以下紹介しておきます。

日記をつける

書くことは気持ちの整理やストレス発散にももってこいです。子供の成長がより見えやすくなるし、その時に感じた思いを忘れることなく残しておけます。いつか読み返して、いろんな出来事を子供に話してあげるのもいいかもしれませんね。

▼おすすめ記事▼
【ほぼ日5年手帳】をママが使ったら!何書く?どう残す?この日常

 

写真や動画をたくさん撮る

子供の成長は早い!ぷくぷくほっぺも、むっちりあんよも、ちぎりパンな腕も、クリームパンな手も、いずれ失われてしまいます。後悔の無いよう、写真や動画をたくさん撮っておきましょう。

▼おすすめ記事▼
【子供の写真の残し方】アルバム・フォトブックアプリおすすめ20選
自分の子供の写真がLINEスタンプに!?ママの間で大流行のスタンプ作成☆

子供に撮ってもらうのも、子供の視点を垣間見れたり、会話も弾むためおすすめです。

▼おすすめ記事▼
【子供専用】キッズカメラが今人気!おすすめ10選【選び方も解説】

また大人になったら絶対してくれないであろう、リンクコーデに挑戦して写真に残しておくのも楽しい!

▼おすすめ記事▼
【おそろい】Tシャツで親子コーデする夏!ペアできるブランド14選

 

子供のオリジナル作品を作る

子供の絵や作品は自由にあふれています。大人ではなかなか真似できないようなものばかりです。今しか描けない・作れないものですので、ぜひオリジナルアイテムを作って記念に残しておきましょう。一緒に制作する時間もまた思い出になりますよ。

▼おすすめ記事▼
子供の絵で作りたい!世界で1つのオリジナルグッズ特集♡
子供の作品の収納方法〜ママたちの実践法&おすすめグッズをご紹介〜

 

自分の親や友達・先輩ママたちに話を聞いてもらう

談笑するママ友

寂しい気持ちや切ない気持ちをひとりで抱え込まず、周りの人に聞いてもらうというのも1つの手段です。
自分の親に「お母さんはそういうことなかった?」と尋ねてみたり、ママ友に打ち明けてみてはどうでしょう。先輩ママのアドバイスは心に刺さるものが多く、「なるほどね」、「そういった見方もあったのか!」と新たな視点に気づかせてくれたりもします。

 

身体を動かして気分転換する

自宅でヨガする女性

ストレス発散のために散歩や筋トレを取り入れる人が最近は増えています。家で悶々とするよりは、身体を動かして別なことへ意識を向けることをおすすめします。ヨガやストレッチも心の平穏、リラックスにもよさそう。
無理に外に出なくても、部屋のお掃除を無心で行うのも◎。部屋がきれいになるとそれだけで不思議と気分がよくなるものです。

▼おすすめ記事▼
【実録】ママ達が実践している育児ストレス発散法33選

 

読書したり、映画やTV、音楽鑑賞など自分時間を享受する

家でリラックスタイムのママ

ときには現実逃避も大事です。自分が好きなことに時間を費やしましょう。本や漫画を読んだり、映画・音楽鑑賞など、子供が成長したからこそ増えた自分の時間を満喫しましょう。

子供の自立後に「子育てロス」に陥るママが多いそうです。子育て中であっても、子供のことだけに時間を費やすのではなく、自分の趣味を大切にする、趣味を見つける、仲間を作っておくということも大事です。
子供には子供の、ママにはママの人生があります。自分の世界を広げる努力もしておきましょうね。

▼おすすめ記事▼
子育て中のママこそ趣味大事!自分時間に楽しめる12のこと【提案】

 

子供の成長は早い!寂しい!だからこそ今を大切に過ごそう

幸せあふれる家族

いかがでしたか? 子供の成長が寂しい気持ち、乗り越えられそうですか?
子供が成長しても親子の絆がなくなるわけではありません。子供との日々の思い出はずっと胸に残ります。子供にとっても親にとっても生きる糧になります。
寂しさや悲しさにとらわれることなく、今を大切に過ごしましょうね。

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami