【旅行記】バリ島に5泊6日滞在してきた!家族連れも楽しめる南の楽園!

【旅行記】バリ島に5泊6日滞在してきた!家族連れも楽しめる南の楽園!

バリ島は日本人にも人気の高いビーチリゾートです。ヒンドゥー教の文化やインドネシアの伝統的な文化が根強く残っており、日本では絶対に体験できないエキゾチック体験することができます。

そこで今回はバリ島のローカルフードや治安情報、交通手段に至るまで様々な角度からバリ島についてご紹介していきたいと思います!

日本からバリ島までの距離は?

空港にいる女性

バリ島の玄関口であるデンパサール国際空港までは、東京発、大阪発でガルーダ・インドネシア航空が毎日運行しています。飛行時間はおよそ7時間半程度で、日本と1時間時差があります。(日本が午前9時のとき、バリ島は午前8時)

 

バリ島の物価は安いの?

ディスカバリーショッピングモール

結論から言ってしまうとバリ島の物価は安いです。例えば、ミネラルウォーターだと1本3,000ルピア(約24円)、ローカルレストランでの食事だと30,000ルピア(約240円)程度と日本よりもかなり物価は安いでしょう。

しかし、スミニャックやクタ地区といった観光客に人気の高いスポットだと、観光価格になっているお店が多いです。ホテルの宿泊料金なども1泊5,000円程度とリーズナブルに宿泊できるホテルもあれば、1泊10万円以上する高級リゾートホテルもあります。

 

交通手段

バリ島の交通手段は車移動が中心です。そのため観光で訪れる場合、主な交通手段はタクシーになります。タクシーだと「ブルーバードタクシー」というタクシー会社がぼったくりもされることなく安心して乗れることで有名です。

しかし、バリ島は交通のインフラが整っておらず、よく渋滞に巻き込まれます。そのためメーター式のタクシーに乗ってしまうと、車は動いていないのにメーターだけどんどん上昇してタクシー代が高額になってしまうなんてことも日常茶飯事です。

そんなバリ島の交通手段でおすすめなのが配車アプリ「Grab」です。アプリを利用すれば、乗車場所と目的地を設定し、定額料金で目的地まで行ってくれるのでぼったくりされる心配もありません。また、クレジットカードをアプリに登録しておけばアプリで支払いができる点も便利なポイント!

そして、肝心な安全面ですが、アプリを開けばGPSと連携して自分がいまどこにいるのか確認することができるだけでなく、目的地までのルートから外れるとエラーが出てGrabの会社と直接やりとりができるなどセキュリティ面でも安全です。

バリ島で移動する際はローカルのタクシーよりも配車アプリ「Grab」の利用を強くおすすめします。

Grab公式サイトはこちらから

 

治安は大丈夫なの?

バリ島は2002年,2005年にイスラム教のテロにより数百名の方が犠牲になった場所でもあります。この悲劇を受けインドネシア政府はバリ島のセキュリティを強化しました。

例えば、バリ島のショッピングモールのほとんどが入場する際にセキュリティチェックを通過しなければお店に入れなかったり、高級ビーチリゾートが立ち並ぶヌサドゥア地区に入るためにはセキュリティチェックのあるゲートを通過しなければ入ることができないなど、セキュリティ体制は高いです。

ただ、夜になると酔っ払い同士のトラブルが多いと現地の方から聞いたので、あまり遅い時間に外を出歩かないほうがいいでしょう。

 

バリ島のおすすめ料理

ここでは私が滞在期間中に食べたバリ島のおすすめ料理を厳選してご紹介していきます。バリ島の料理はどれも日本人好みの味付けで食べやすいものが多かったですよ!

ナシゴレン

ナシゴレン

ナシゴレンは日本でいう焼き飯みたいなものです。バリ島だと、「マデス ワルン」というお店が有名なのでそちらのお店でナシゴレンをいただきました。

パラパラと炒められたタイ米の中にはエビや鶏肉などが入っており、日本のチャーハンよりも個人的には気に入りました。また、全く辛くないので小さいお子さんでもおいしく食べることができると思います!そしてお値段も300円程度とリーズナブルなのでおすすめです!

 

ナシチャンプル

ナシチャンプル 

ナシチャンプルはインドネシアの国民食とも言われるぐらい有名な料理で、ごはんを盛ったお皿にお好みでいろいろなおかずをのせるスタイルの料理です。私はバリ島でナシチャンプルの有名店「ワルン インドネシア」というお店で食べました。ごはんを中心に野菜や鶏肉を盛り付け、お値段なんと日本円で300円程度。味付けも日本人が好みそうな味ですごくおしかったです!

 

海南チキンライス

海南チキンライス

バリ島でももちろん東南アジア名物の海南チキンライスを食べることができます。私はスミニャック地区にあるスミニャックビレッジというショッピングモールの中に入っている「タイガーパーム」というお店で食べました。今まで食べてきた海南チキンライスの中で一番ボリュームがあり、鶏肉も柔らかくておいしかったです!お値段は1,000円程度とバリ島の物価にしては少しお高めでした。

 

おすすめの観光スポット3選

ここでは、バリ島に旅行する際にぜひ行って欲しいスポットを厳選して3つご紹介していきます!

ウルワツ寺院

ウルワツ寺院

バリ島の一番人気の観光スポットといえば「ウルワツ寺院」でしょう。壮大な海洋沿いにそびえ立つお寺はガイドブックで見るよりも圧巻です。また、ウルワツ寺院はサンセットが美しいことで有名なスポットでもあり、日没になると壮大なインド洋から美しいサンセットを眺めることができます。

また、ウルワツ寺院は「ケチャックダンス」というバリ島伝統のショーを毎日、午後6:00~7:00までの間実施しており、多くの観光客に人気があります。ショー開始時刻の30分前には800人収容できる観客席がいっぱいになるので、1時間前からチケット売り場に並ぶことをおすすめします。

 

ケチャックダンス

壮大なインド洋を眺めながら見るケチャックダンスは非常に神秘的です。

 

ウブド

ウブドライステラス

ウブドはバリ島の中心地から車でおよそ1時間~1時間半程度で行くことのできる田舎町です。ウブドといえばやはりライステラスが有名です。ライステラスの周囲にはカフェやレストランが数多くあり、段々畑を見ながら食事を楽しむこともできます。

また、ウブドにはコーヒー農園があり、日本で飲むと1杯5,000円もするコピ・ルクアというコーヒーもバリ島だと1杯たったの500円で飲むことができるのでぜひ飲んでみてくださいね!

 

ビーチウォーク

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

いしころさん(@issy0720)がシェアした投稿 -

ビーチウォークはバリ島を代表するショッピングモールです。南国感たっぷりの施設内にはZARAやH&Mといったファストファッションのブランドから、「ヴェルサーチ」「トミーヒルフィガー」といった高級店まで数多くのお店が揃っています。

また、イタリアンにフレンチといった多国籍のレストランからスーパーなど、ビーチウォークに行けばなんでも揃っています。それになんと行ってもエアコンの効いた施設でショッピングが楽しめるのは嬉しいですよね!

 

バリのおすすめビーチ

ここでは私が訪れたバリのおすすめビーチをご紹介していきます!

クタビーチ

クタビーチ

大型ショッピングモールやホテルが連なっているクタ地区を代表するビーチが「クタビーチ」です。連日多くの地元の方や観光客の方で賑わってます。日中はサーフィンや海水浴を楽しむことができ、夕暮れ時になると綺麗なサンセットを眺めることができます。

 

ダブル・シックス・ビーチ

続いて、クタビーチから歩くこと20分ほどの場所にあるビーチが「ダブル・シックス・ビーチ」です。クタビーチに比べて、デッキチェアやパラソルが多く、ビーチ沿いで日光浴をしたり、読書をしたり、お昼寝したりと贅沢な時間を過ごすことができます。ただ、クタビーチに比べて波が強いので海水浴というよりはサーフィンやマリンアクティビティに適しているビーチです。

 

万が一のために海外保険には絶対入っておこう

旅行中に急な事故や体調不良になってしまうということは十分ありえます。なので海外旅行に行く際は必ず海外保険に加入することをおすすめします。

おすすめは、海外保険付帯が付いているクレジットカードを発行することです。海外保険付帯のクレカだと年会費が発生してしまうことが多いですが、お守りとして所持しておくと強い味方になってくれます。

私はバリに滞在期間中、体調を崩してしまいクレジットカード会社に連絡し海外保険を適用して病院に行きました。

タケノコ診療所

バリ島の中心地区に当たるクタにある日本語対応可能な「タケノコ診療所」という病院を訪れました。日本語が流暢なインドネシア人のナースの方が通訳となって私の症状を医師に伝えてくれました。症状はそこまで悪くなかったので診察が終わりその場で薬をもらうだけで済みました。海外保険適用なので実費はゼロでしたよ。

 

バリは家族連れでも十分楽しめる南国の楽園です!

今回はバリ島の魅力についてご紹介してきました。バリ島の旅行の楽しみ方は人それぞれです。お寺巡りをするのも良し。スパ三昧の滞在するのも良し。ラグジュアリーホテルでホテルステイを楽しむのも良し。様々な滞在の楽しみ方ができるのがバリ島の魅力だと思います。

次の長期休暇はぜひ家族でバリ島へ訪れてみてくださいね!

※本記事は、2019年9月時点の情報となります。本記事でご紹介している物価の情報やレストランの価格はレートにより変動する場合がございます。あらかじめご了承ください。

smarby(スマービー)のアプリをダウンロードしてお買い物を楽しもう!

smarbyアプリをダウンロード

Campaign キャンペーン

キャンペーン一覧

Special feature 新着特集

特集をすべて見る

アプリ限定

毎日ポイントがもらえる
「チェックインポイント」があります!