赤ちゃん連れママファッション!シーン別おすすめアイテムとコーデ集

赤ちゃん連れママファッション!シーン別おすすめアイテムとコーデ集

赤ちゃん連れママのファッションに注目してみました。
《公園・お散歩》《児童館》《抱っこ紐移動》《パパとおでかけ》、4つのシーン別に、ママファッションのポイントと、おすすめアイテム・おしゃれコーデをご紹介をします。
実用性を気にしつつ、やっぱり「おしゃれ」を楽しみたい♡そんなママにこそ読んでもらいたい!

Contents

赤ちゃん連れママのファッションを考える【鉄則ルール3箇条】

赤ちゃん連れママの服装は、お世話のしやすさを最優先に考えるのが◎。
高頻度の授乳やオムツ替え、そして抱っこ。
思わぬハプニングにスマート&スムーズに対応できるよう、まずは「快適に動ける」《実用性》はマスト。
筆者の経験から、リアル注意点を伝授します。

 

ルール1・胸元が広く緩め・よく伸びるトップスは要注意

伸縮性のある柔らかい素材の服は着心地がよく、胸元が広くゆったり開くトップスは、授乳がしやすそうですよね。でも実は注意が必要な服でもあります。
それは、赤ちゃんが引っ張ったとき、あるいは前かがみになった時、おっぱいが丸見えになってしまう恐れがあるから。

実は筆者は経験済。周りを見渡しても珍しい話じゃありません。
つかまり立ちで服をふいに掴んだり、隙きあらばおっぱいを触ろうと手を入れてくる確信犯も笑。
所構わずな赤ちゃんの不意打ち攻撃のブロックには、胸元がしまった服が効果的です。

 

ルール2・トップスやアウターの丈は忘れずチェック

ママのお洋服を選ぶとき、アウターやトップスの丈は忘れずにチェックしてください。
赤ちゃんや小さい子を連れたママは、かなりの頻度でしゃがんでいます。
例えば、公園のお砂場で、抱っこするため、ベビーカーの荷物を取るとき、オムツ替え時etc.

しゃがむ姿勢で気をつけたいのは以下のケース。
短すぎるトップスゆえに、背中が全開になり視線を集めてしまう。
ロング丈のアウターの裾が地面について、知らぬ間に汚れてしまう。

子供のお世話にかかりっきりだからこそ、ママは自分の身だしなみに気が回らないこと、多いものです。
洋服選びの際、「丈の長さはどうか」ちょっとシュミレーションしてみてくださいね。

 

ルール3・その服、赤ちゃんに優しい?

親子が一心同体のようにぴったりくっついて過ごす乳児期。
赤ちゃんが触れても安心な素材・デザインの服を選んであげましょう。
抱っこしていると、顔をグリグリと押し付けてくること、ありますよね。(かわいいですよね)

ウール100%はチクチクして痒がる赤ちゃんも。ぐずりの原因が肌当たりの悪さに起因している場合も。
コットン100%がベビー服では人気ですが、ママ服でも肌触りから圧倒的な支持を得ています。お洗濯しやすい点もGOODですし。

また、抱っこする時に、赤ちゃんのお顔や身体に当たる装飾やボタンがないか、デザイン性もチェックを!赤ちゃんのお肌ケアの視点から、ママのファッションアイテム今一度点検してみてくださいね。

 

赤ちゃん連れママファッション【公園遊び・お散歩(屋外)編】

ここからは、赤ちゃん連れで出かける主要シーン別に、ママファッションのポイントとおすすめアイテム・コーデをご紹介していきたいと思います。

まずは、公園・お散歩編!
赤ちゃんとの毎日に、公園遊びやお散歩は欠かせない時間。毎日のルーティンにしているママも多いでしょう。
家着のままでもOKだけど、お気に入りのアイテム・コーデで赤ちゃん連れのお外時間、楽しんでみませんか?

 

動けることが第一!その服で追いかけられる?

ベビーカーに赤ちゃんを乗せてのお散歩、よちよち歩きの赤ちゃんと公園遊び、ママは赤ちゃんのご機嫌・行動次第で、対応を迫られます。
俊敏に動けるよう、コーデは動きやすさを重視して!

足さばきの良いボトムス、腕の上げ下げがしやすいトップス、汚れてもガンガン洗える素材、身軽に動けるアクティブ&リラックス感あるアイテムの方がおすすめです。

 

季節に合った服装・小物を常備!

足元は、スニーカーがやはり快適ですよね。
それから、家からの距離と外出時間によりますが、お世話グッズ入のママバッグと貴重品やスマホを入れたミニバッグ、2個持ちがおすすめ。ベビーカーを一瞬離れること多々あります。

夏は、紫外線対策に羽織ものや帽子、サングラスを持って。それから、蚊に刺されないよう露出控えめの服装が◎。
冬はマフラーや手袋、ニット帽で防寒を。動きやすいベストがあると便利です。じっと見守っている時間は心底冷えます。

 

公園・お散歩ママファッション【おすすめアイテム】

毎日のお散歩・公園遊びにおすすめ!
着回し力抜群、プチプラアイテムをいくつかピックアップしてみました。

スウェット

 

着心地満点トレンド感あるスウェット!プチプラがうれしい。イロチ買い推奨

Tシャツ

 

定番のシンプルなTシャツはオーガニックコットンをチョイスして上級者感。

半端袖Tシャツ

 

ビタミンカラーが元気をくれる!7分袖は手が洗いやすいメリットも。

デニムボトム

 

合わせやすいデニムは1本持っておきたい。トップスをインしてスッキリシルエットを実現!

シャツワンピ

 

シャツワンピは1枚でも羽織としてもOK!リラックス感漂います。楊柳はシワが気にならず優秀。

マウンテンパーカー

子育て期ヘビロテ確実!軽めのアウターは、機能性重視でアウトドアブランドからチョイスがおすすめ。

 

ママにおすすめおしゃれ公園・お散歩コーデ

赤ちゃん連れママの公園・お散歩ファッションにおすすめ、Instagramで見つけたおしゃれコーデをご紹介します。

NO.1

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@__mai____がシェアした投稿

白のロンTは、ドロップショルダーとお尻まで隠れるデザインでこなれ感◎。デニムから足首をチラ見せして抜け感も◎。

NO.2

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

トップジミー ウィメンズさん(@topjimmy_womens)がシェアした投稿

カジュアルコーデの定番アイテム・グレーパーカー。オーシバルなのがおしゃれママの証。
カラーで秋を感じさせる装い。屋外が気持ちのいい季節に。

NO.3

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

bluebeatさん(@bluebeatwebstore)がシェアした投稿

ボーダー×デニムは定番コーデ。おしゃれママはシルエットで差をつけましょう。センスの良さを見せて。
はじめましてのママ同士、こっそり服装チェックしているものです。

NO.4

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

uraさん(@ura_milk1220)がシェアした投稿

ベビーカーのときは両手が空くリュックが正解!黒バッグと白スニーカーは、合わせやすくヘビロテ度高い。持っているとなにかと使えます。

 

赤ちゃん連れママファッション【児童館・子育て施設(屋内)編】

赤ちゃん連れで気軽に遊びにいける場所といえば?そう児童館などの子育て施設!
赤ちゃんとママが過ごしやすいよう随所に工夫されている施設は、居心地がいい。各種プログラムに積極的に参加して他の赤ちゃんやママと交流しちゃおう♫

 

「動きやすさ」は大事!靴下を忘れずに。

児童館や子育て施設は、靴を脱いで過ごすところが多いです。
靴下は履いていくor持参を忘れずに。

また、赤ちゃんとのプログラムに参加するときは、動きやすい格好の方がベター。床に座ることを考えると、スカートよりパンツスタイルがおすすめです。
「座る」「しゃがむ」「前かがみ」になっても乱れない格好か、出かける前にチェックを。

 

荷物は分けてバッグの2個持ちがおすすめ!

赤ちゃんのお世話グッズ(おむつ・授乳・離乳食など)が入るバッグと、貴重品を携帯するためのバッグはわけておくと行動しやすいです。
オムツ替え、授乳、プログラム参加、子供の見守りなど、ママは何かと動いているものです。サコッシュやショルダーなどコンパクトなバッグなら身軽に移動!

 

話しかけやすい雰囲気の爽やかコーデ

ママ友との出会いの場にもなる児童館は、「どう見られるか」もちょっと気にしたいところ。
コンサバファッションや露出高めな服装は、ちょっと場違いで、話しかけてもいいか身構えてしまうかも。

「清潔感」と「親しみやすさ」をモットーに、好感度の高いママファッションでコーデを。もちろん、ニコニコ、フレンドリーな態度が一番大事。

 

児童館・子育て施設ママファッション【おすすめアイテム】

児童館・子育て支援センターに行くときはこんなアイテムでおしゃれする!デイリーウエアにおしゃれアクセントをプラスして。

授乳トップス

授乳トップスなら、出先での授乳がスムーズ。赤ちゃんに優しい素材を使われているものが多く安心です。ペプラムフレアで遊び心を。

前開きのシャツ

前開きのシャツは、授乳に最適。更には、きちんと感がありつつ、いい具合にカジュアルなのでバランスがGOODです!爽やかコーデで好印象。
前後差と生地切替の技ありワンピなら、おしゃれママの注目を集めそう。

スウェットパンツ

 

リラックス感あるスウェットパンツは、ラフな穿き心地で長時間着用しててもストレスフリー。話しかけやすいオーラを放ちます。
ウエストゴムとスピンドルでずり落ち防止はママ向き。1年中活躍します。

ガウチョパンツ

フレアの感じが女性らしく、パンツだから動きやすいガウチョパンツは、まさにおしゃれしたいママのためのアイテム。足のラインを拾わないので体型カバーにも◎。合わせるアイテムを選ばない汎用性が嬉しい。

柄靴下


靴を脱いで過ごすから、靴下どうする?が実は重要。家用の毛玉だらけの靴下できてしまい…恥ずかしがっているママ、見かけました。
シンプルコーデにお目立ち靴下は、おしゃれ上級者の証。柄セレクトで。

サコッシュ

 

必要最低限のアイテムを持ち歩くのに、サコッシュが役立ちます。
子育てに、コンパクトバッグは大活躍。黒・グレー・茶の定番カラーもいいけれど、コーデのアクセントになる差し色を選ぶのはいかが?視認性もバッチリ。

 

ママにおすすめおしゃれ児童館コーデ

赤ちゃん連れママの児童館ファッションにおすすめ、Instagramで見つけたおしゃれコーデをご紹介します。

NO.1

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

bluebeatさん(@bluebeatwebstore)がシェアした投稿

アップにした髪、ニットとパンツのシンプルな着こなし、そこにスクエアミニバッグ。
さりげない組み合わせなのに、清潔感と品の良さを感じませんか?年齢問わずおすすめできるスタイルです。

NO.2

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

北欧、暮らしの道具店さん(@hokuoh_kurashi)がシェアした投稿

ショールは脱ぎ着がしやすく、コンパクトにまとまるので、秋口春先の季節の変わり目に大活躍するアイテムです。
児童館内での防寒に羽織ったり膝にかけたり。寝てしまった赤ちゃんのブランケット代わりにも。
大きなポケット付きなら、スマホを持ち歩きやすく便利。
公園遊びやお散歩にも使えるので、ママにこそおすすめです。

NO.3

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

北欧、暮らしの道具店さん(@hokuoh_kurashi)がシェアした投稿

ひろがり具合が絶妙なフレアパンツは履いていて楽だから、児童館で寛ぐのに最適。
裾が濡れにくいよう少し短めに作ったこんなパンツがあれば、雨でも児童館に行けそうな気がしませんか?

NO.4

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

SHIPSさん(@ships_official)がシェアした投稿

リネン素材のワンピースは、涼しく春夏のママコーデにおすすめ。
しゃがんでも背中がでる心配はなく、前開きなら授乳もスムーズです。
腰の紐でウエストをマークして、ふわっとしていながらもスタイルよく見せましょう。

 

赤ちゃん連れママファッション【抱っこひも移動編】

次は、赤ちゃん連れのおでかけに大活躍!抱っこ紐を付けたときのママファッションに注目してみましょう。

 

袖やバックスタイルにポイントのある服でおしゃれを

抱っこ紐をつけると、トップス前面は赤ちゃんで隠れてしまいますよね。ならば、袖や背中にポイントのある服でおしゃれを楽しむのが、抱っこひもママ流ファッション。

 

ロング丈の羽織ものは使える

抱っこ紐上からでも羽織ることのできる、ゆったりしたデザイン&ロング丈のカーディガンやシャツワンピは実用的&おしゃれ。
赤ちゃんの風よけや日焼け防止にもなり、素材を変えてオールシーズン使えます。前を閉じなくても様になるデザインが◎。
いつものコーデのアクセントに、取り入れてみて。

 

トップスは汚れる&毛玉ができやすい!

だっこひもの頻繁な付け替えでこすれる、肩・腰・胸・お腹の部分は毛玉ができやすいので、ニット系の服は要注意。(赤ちゃんの服も同じく)
それから、赤ちゃんのよだれや吐きこぼしなどでママの服は汚れてしまいがち。
ママは大忙しだからこそ、お手入れがしやすい服を条件に選びたい。

毎度おしゃれ着洗いし丁寧に着るお洋服は少しお預け。乳児がいるうちは他のものと一緒に洗えることを基準に選択を。
汚れと言えば「白トップス」は敬遠されがちですが、漂白できる素材ならむしろキレイを保てます。

 

抱っこ紐装着ママファッション【おすすめアイテム】

毎日の抱っこひも移動におすすめ!
着回し力抜群、プチプラアイテムをいくつかピックアップしてみました。

袖コンシャスデザイン

 

ボリュームスリーブ・デザイン袖で華やかママコーデ。赤ちゃん連れママがトレンドを楽しむのは「袖」の時代!

バックスタイルデザイントップス

 

主役トップスでおしゃれママ!
背中フリルでフェミニンな印象を。 前後差のあるヘムラインならヒップまわりも自然にカバー。きれいめにもカジュアルにも着こなせる1枚。

スリット入スカート

 

抱っこひもをつけるとボリューミーになりがちなので、ボトムスはスッキリしたシルエットのものと相性◎。
スリットが入ったスカートは足さばきよく、カジュアルな素材・デザインならスニーカーとも合わせやすいですよ。

スリッポン

靴の脱ぎ履きしやすいスリッポンは、抱っこひもママの強い味方!一度履いたらやめられないと好評です。ずっしり重い赤ちゃんを抱えて歩くからこそ、ママの履物はこだわって選ぶべき。

 

ママにおすすめおしゃれ抱っこひもコーデ

赤ちゃん連れママの抱っこひもファッションにおすすめ、Instagramで見つけたおしゃれコーデをご紹介します。

NO.1

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

𝓂𝒾𝒽𝑜𝓀𝑜さん(@miho_coxx)がシェアした投稿

抱っこ紐と同系色のトップスでトータルバランス◎。
赤ちゃんとママのリンクコーデデビューを楽しんじゃう?

NO.2

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

.mmmさん(@_merrymerryme_)がシェアした投稿

白ワンピースが爽やか!サンダルでヘルシーコーデ。
スリット入りのスカートなら動きやすくてたっぷり歩く日向け。

NO.3

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ayakaさん(@ayaka.masheria)がシェアした投稿

抱っこ紐の後ろ姿は、裾デザインがやっぱりかわいい♡
カジュアルなアイテムと合わせてもファミニン。買いです!

NO.4

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Haruさん(@sararan119)がシェアした投稿

後ろからみると、抱っこ紐部分が隠れる羽織コーデ。揺れる裾が軽やか。
外に出る機会が増えるから、紫外線対策・気温差対策に薄手のシャツワンピは、大活躍します。

 

赤ちゃん連れママファッション【パパとおでかけ編】

最後に、赤ちゃんを連れて家族でおでかけする時のママのファッションに迫ります。パパがいるから、いつもより身支度に余裕があるかも?

 

家族でリンクコーデやおそろいもあり

赤ちゃん、パパ・ママ、兄弟…皆でトータルコーデを楽しむ絶好のチャンス。
今、大人とベビーのおそろい服が様々なブランドから登場!SNSでも大人気なんです。
全くのおそろいでなくても、例えば「白」アイテムを取りいれて、白つながりでまとめたり。さりげなく試してみる?

 

行く場所に合わせた服をセレクト

お出かけ先に合わせた服をセレクトするのも楽しい。
パパもいる日だからこそ実用面だけではなく、色やデザインで遊んでみると休日のおしゃれがもっと楽しくなります。

例えば、水族館や海に遊びに行くなら、青の服を主役にコーディネート。動物園なら、アニマル柄をチョイス!等。
赤ちゃんとのおでかけは、撮影頻度が高いはず。映りこむ「今日」のママも、おしゃれ素敵に残しましょう。

 

女性らしいアイテムを楽しむ

一人で赤ちゃんを連れているときは、動きやすさを最優先に服装を決めているママも、パパがいる日は普段よりも女性らしいアイテムで飾る。
ふわりと揺れるスカート、華奢なアクセサリー、ここぞとばかり楽しんで!
「ママになってもかわいいな♡」とパパは思っているかも。

 

パパと一緒のおでかけママファッション【おすすめアイテム】

パパもいるおでかけ時はこんなアイテムでおしゃれする!いつもよりちょっと気合を入れて。

おそろいアイテム

 

親子おそろいデビューは、小物から始める?たちまち、女の子ベビーとママの仲良しコーデに。プチプラだから試すハードルが低くなります。

チュールスカート

 

揺れて透け感あるスカートは、休日のお楽しみ。トップスをインすればメリハリがでて体型カバーにも。
実は合わせるアイテムを選ばないので、着回し力抜群なんです。しかも年齢問いません。

アクセサリー感覚バッグ

バッグ好きママさん!休日はレディーなバッグの出番です。
実用性バッグはパパにおまかせして、ママはひたすら気分のあがるバッグで過ごしませんか?憧れブランドの1品は、頑張るママへのご褒美にも。

定番パーカー

カジュアル派パパなら、ママもパーカーを着て相性良く。
定番パーカーには、小物やボトムスで女性らしさをプラスするのがママ仕様。
ひもなしデザインのパーカーなら、赤ちゃんが引っ張らない。

 

ママにおすすめパパと一緒のおしゃれ休日コーデ

赤ちゃん連れママのパパと過ごす休日ファッションにおすすめ、Instagramで見つけたおしゃれコーデをご紹介します。

NO.1

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

bluebeatさん(@bluebeatwebstore)がシェアした投稿

普段はスニーカーだけど、今日は華奢なバレエシューズをセレクト。ボーダー×デニムに、赤が映える。タイツや靴下との組み合わせはどうする?

NO.2

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

mikaさん(@mika_____akim)がシェアした投稿

ワンピとプリーツスカートを重ね着した上級コーデ。ワンオペデイは、デニムのストレッチパンツを合わせるけれど、今日はパパがいるからロングスカートを。
あるきはじめのベビーを追いかけるのはパパにお任せです。

NO.3

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

smarby(スマービー) 子供服・雑貨・レディース通販さん(@smarby_official)がシェアした投稿

家族のリンクコーデは、フォトジェニック!
幾通りのもの着こなしができるTシャツは、年齢・性別問わないのでおそろい向きのアイテムです。オーソドックスなTにボトムスで個性を出すのが我が家流。
赤ちゃんにゆったりサイズのTシャツ、可愛いですよ。

NO.3

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

北欧、暮らしの道具店さん(@hokuoh_kurashi)がシェアした投稿

ディテールにセンスが光るアイテム同士でコーディネート。綺麗めで仕上げたい日はこんなコーデを。
大人カラーの中に、お目立ちカラーソックスでスパイスを加えるのもおすすめ。

 

赤ちゃん連れママのデイリーファッション、もっと楽しめる!

赤ちゃんを育てる日々は、生活もファッションも赤ちゃん基準になってしまいます。
だからといって諦めることなくあれこれ工夫をしながら、今しかできない赤ちゃん連れのコーデを満喫しましょう。
おしゃれしたママと小さな我が子の写真、いつの日か懐かしく眺める日を楽しみにして。

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami