今日はズボラ育児日和!手を抜こう、楽しよう、子どもと笑おう。

今日はズボラ育児日和!手を抜こう、楽しよう、子どもと笑おう。

最終更新日 2019-10-16 by smarby編集部

正論とかおしゃれとか疲れました。ワイルド&アバウトな子育てしようよ。
Twitterの「#ズボラ育児」には諸先輩方のノウハウ・アイデアが勢揃い。ラクのしどころ、手抜き加減、ちょっとのぞいてみませんか?

「ズボラ育児」「手抜き育児」のススメ!まず休む。

ズボラ育児のすすめ

育児書を開けば「こうすべき」「これがいい」といった事細かなアドバイスが並び、Instagramにはおしゃれママのキラキラpost。

そういうのがグッと来る日があれば、「うっ…」としんどい日もありますよね。
うちは全然違う…と落ち込みモードになりそうなら、それはママが疲れているサイン。
育児書もInstagramもそっと閉じて、「うちはうちっ!」と声に出していってみましょう。
いつも「完璧に・丁寧に・正しく」なんてやっていられないし、やらなくていいのです。ズボラを極める日を作って、とりあえず自分を労ろう。

 

愛のある「ズボラ育児」アイデア【授乳・食事編】

Twitterのつぶやきを中心に、ズボラ育児術をご紹介していきます。
名言は心の拠り所に、名案は早速試してみて。
まずは、授乳・食事に関するものから見ていきましょう。

 

1.授乳中くらい休も?

授乳中くらいしかまともに座れないのだから、無になろう。
テレビをぼうっと見る受け身の時間、大事。ギュッと抱いていれば赤ちゃんに愛情は十分伝わるから大丈夫。

 

2.栄養素、考えすぎなくてもいい

「〜しか食べない」〇〇限定で食べる時期、あるある!
子供は偏食。
栄養バランス整わなくても、気にしすぎない。
子供が好きなもの食べてニッコリしてるならオールオッケー。

 

3.具だくさんは鉄板飯です。

栄養を考えた先にあるのは、具だくさんシリーズ!
頑張って用意したレバーペースト入おやきより、美味しそうではないですか?
豚汁・カレー・ミートソース・お鍋….1品具だくさん飯は、主婦の味方です。

 

4.ベビーフードは優秀ですよ?

市販のベビーフード、かなり優秀!
赤ちゃんのことを全力で考えて商品開発されているのだもの。
子が気に入ったものはリピ!食べる楽しみを知ってほしい。

このベビーフードがあってよかった!おすすめ活用術【楽する離乳食】

 

愛のある「ズボラ育児」アイデア【お着替え編】

何をするにも手を貸す必要がある赤ちゃん期。サポートを拒否し反抗するイヤイヤ期。自分の身支度は後回しに、着替えのお世話に徹するママ、本当にお疲れ様です。面倒くさいお着替えはもっと楽にできる!ナイスなズボラアイデアをご紹介します。

 

1.ロンパースの正しい着せ方ってなんだろう?

ロンパースのスナップボタンの多さにうんざりしているママ集合。
ボタンを付け終わったと思ったらずれてた!落胆する瞬間ですよね。全部止めなくても衣類としての機能は果たすようですよ?小さいことは気にしないでワイルドでいきましょう。

 

2.いやいやキッズにナイス対応!時短も叶う

次の日の服を準備しておくレベルではなく、すでに着せておくが究極のワザ。「脱ぎたくない、着替えたくない」「早くして!」の不毛な時間は潔く省略。朝時間を効率化して、余裕のある一日のスタートを。

 

3.自分で気付かないならそのままで行こう

子供はしょっちゅう間違えるしうまくいかない。そして、間違えていても気づいていないものです。
ついつい注意したくなりますが、声かけるのって結構疲れませんか?
危険がないなら、「まっいっか」でスルーするのもあり。
ズボンが逆で子供は違和感を感じるのか?じっくり観察するくらいで。

 

愛のある「ズボラ育児」アイデア【遊び編】

我が子の相手をしていると、反応が発言が表情が!可愛くて癒やされますよね。が、時々「面倒くさい」のも本音。
うまいこと手を抜いて、子供の遊びに付き合う術、身につけましょう。

 

1.読み聞かせは読み手の気分次第

絵本の読み聞かせは、ゆるさが大事。子供はリラックスして眺めているのだから、大人も自分のペースで、オリジナルストーリーで読んでもいいじゃない。
子供のつっこみにも華麗に対応。(

 

2.横たわる役、喜んでやります。

最高の遊びは、横たわる役ができるごっこ遊び。
筆者は、お医者さんごっこ遊びが大好きでした。患者さん役として具合悪そうにしていれば、子供は喜々として診察と治療をしてくれます。
疲れた日は、うまくお医者さんごっこに誘導しましょ!

 

3.思いっきり好きなことをさせてみたら、どうなる?

赤ちゃんあるある「触ってほしくないものに夢中」。リモコンを自由にし大音量にされるのは困るけど、テッシュは、満足するまでひっぱり出してもなんとかなりますね。このおおらかさがほしい。

 

4.トイレにゆっくり行く暇がないギリギリのママへ

1年11ヶ月、はじめてゆっくりトイレに入れたママ。長かったね、おめでとう!
この時期のママの欲しいものNO.1は「時間」ではないでしょうか。
ワンオペなら尚更です。
YouTubeでもEテレでも頼れる人・もの・サービスは大いに活用しましょう。

 

家事育児はズボラを追求!やらなくていいことに目を向けよう。

最後に、「頑張りすぎない子育て・家事」を応援しているコミュニティを2つご紹介します。読んでいると肩の力が抜け、勇気をもらうはず!

 

クソババアサロン / 正直な母親たち

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

クソババアサロン / 正直な母親たちさん(@kusobabasalon)がシェアした投稿

Instagramの『クソババアサロン』(kusobabasalon)は、「お母さんの枠をとっぱらった生き方」を発信中。フォロワー数は70万人!

ママの本音が集まっており、リアルで役に立つ知恵や今元気になれる言葉と出会えます。
(自分だけじゃない、そんなんでいいんだ)とほっとして、なんだか元気が湧いてくる場です。

サロンを運営しているちゃちゃこ@正直クソババアお母さん(@shinkontosa)が電子書籍を発売されました。

▼楽天▼

▼Amazon▼
Kindle 

 

全日本ズボラ主婦連盟

全日本ズボラ主婦連盟(略して「ズボ連」)は、あな吉手帳で有名な浅倉ユキさんが代表をされています。
「もっとラクな方法が知りたい」願いのもと、家事の効率化・合理化をポジティブに追求!
ブログTwitterでは、ポジティブズボラ術が発信されていますよ。全力で肯定されている感じがします。

 

ズボラ育児バンザイ!笑って育てよう。

zubora でいく

「ズボラ 育児」で検索するのは、一生懸命子育てしている証拠。頑張っているからこそちょっと疲れて、手抜きしたいなと思うのです。
今回ご紹介した、諸先輩方のリアルズボラ術、いかがでしたか?
ママがご機嫌に過ごせるのが一番。子供は、ママが笑っていることが嬉しいのだから。誰かの評価ではなく、あなたらしい毎日を、子どもと共に。

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami