今日備えよう!台風前日の防災対策!家にあるもので出来るよ!!

今日備えよう!台風前日の防災対策!家にあるもので出来るよ!!

最終更新日 2019-10-11 by TOM

超大型の台風が列島に近づいています。

猛烈な勢いで。。

 

さて、災害の多い島国、日本では、防災対策は政府やメディアから叫ばれてはいるのですが、ちゃんと自分ごととして捉えていますでしょうか?

 

「大丈夫。防災リュックも備蓄の水や食料も用意してるから。」

 

という方も多いとは思います。

でも、台風特有の備え方は地震のそれとはちょっと違う!

今一度学んでおきましょう。

 

台風前日の防災対策

1.ベランダ、庭、ガレージの飛ばされそうなものを室内へ移動する。

台風 対策 防災 ベランダ 備え

ベランダには、別にものなんて置いてないよー。という方は大丈夫です。

でも、園芸用品、DIY用品、屋外の掃除用品、子どものおもちゃ、ゴミ箱など、外に置きっ放しにしてるものって意外と多いはず。

植木鉢やシャベルなど、なんてことない軽い小さいものでも、

風速50mなんて台風の風では凶器になります。

飛ばされて人に当たったら、窓に当たったら、、そのもしもが実際に起こることがあるんです。

雨風が強くなる前に室内に移動させましょう。

 

2.ゴミ袋や新聞紙、ダンボールを貼って、窓ガラスの飛散に備える。

台風 対策 防災 窓 ガラス 飛散 備え

台風で一番怖いのが、窓ガラスの破損。

飛来物がすごい勢いで飛ばされてきて、窓ガラスが割れて室内に散らばったら、、危険極まりないですよね。

雨戸がある家だったら、雨戸を閉めればいいのですが、マンションには雨戸がないところが多い!

雨風が吹く前に、新聞紙やゴミ袋、ダンボールを養生テープで内側の窓枠に貼って、室内にガラスが飛び散るのを防ぎましょう。

ガムテープでも大丈夫ですが、養生テープの方が剥がす時に跡が残りにくいです。

 

3.ベランダや庭など外の排水溝の詰まりがないかチェック。

台風 対策 防災 ベランダ 排水溝 備え

大量の雨風が吹き荒れる台風。

家の外回りの水はけをよくするようにチェックしておきましょう!

たかが排水溝、されど排水溝。

家の浸水被害を防ぐ分かれ目になるかもしれません。

 

4.排水の逆流、浸水を防ぐためにゴミ袋で簡易水のうを作ろう。

台風 対策 防災 水のう 備え

台風で一番怖い迫り来る浸水被害、「排水溝逆流浸水」って知っていますか??

普段水が流れ出る排水溝から逆に水が溢れ出てくることが実際に起こるんです。

 

洗面所、台所、トイレ、お風呂などから

噴水のように水が溢れてきたら。。

 

怖い!!と思ったあなた!水の被害は水で防ぎましょう!

 

家にあるゴミ袋を2枚重ね、半分くらいまで水を入れます。

空気を押し出し、袋をねじって縛ります。

作った簡易水のうを排水溝、トイレなど逆流が考えられる場所に置きます。

トイレはこんな感じで便器の中へ。。

 

お風呂や洗面所、キッチンも忘れずに。。

 

水のうは台風が過ぎ去った後にガス、電気、水道などライフラインが止まった時のための備蓄の水にもなります。

作っておいて損はないので、台風がくる前に備えておきましょう!!

 

5.自転車を柵や柱にしっかりくくりつける。

台風 対策 防災 自転車 チェーン 鍵 備え

台風翌日にいつも見かける自転車置き場の共倒れ問題。

普通の雨風なら倒れるだけで済むけど、大型台風や竜巻は自転車だって投げ飛ばすかもしれない。

他のお家に迷惑をかけないためにも、自転車は長めのチェーンなどで柱や柵に固定した方がいいです。

チェーンは100均などにも売っているので、しっかりくくりつけておきましょう。

 

 

「ママ心配しすぎだよー。」と後で笑い話になればいいな。

防災って、ここまでする必要あるかなぁ?

とちょっと面倒になったりしますよね。

でも、備えないで後で泣くより、備えて後で家族の笑い話になった方が良くないですか??

気象庁が3日前に注意喚起するような大型台風。

自分ごととして考えて、備えをしっかり、出来る限り安全な場所で迎えましょう!

早めの避難、防災対策を!!

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami