歯磨きを嫌がる赤ちゃん子供にはコレ!王道から最新アプリまで

歯磨きを嫌がる赤ちゃん子供にはコレ!王道から最新アプリまで

最終更新日 2019-10-17 by smarby編集部

子供が歯磨きを嫌がる場合の対処方法をアドバイス。
磨く方も磨かれる方も楽しくノンストレスが一番!
自分たちにあった方法を見つけてくださいね。

子供の歯磨きイヤイヤに泣かされる親は多い

子供の歯磨きに泣かされる親

歯磨きのたびに大号泣、なんでこんなに歯磨きを嫌がるの?毎日、歯磨きの時間が億劫で仕方ない…と感じるママ・パパへ、以下同志(盟友・心の友)たちのつぶやきを贈ります。

みなさん子供の歯磨きイヤイヤには手を焼いているようです。
大変な思いをしながらも、子供が虫歯にならないよう愛情込めて一生懸命歯を磨いてあげるママ・パパ、本当に頭が下がります。毎日お疲れさまです。

 

子供が歯磨きを嫌がる理由

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ピンキーさん(@pinky02kt)がシェアした投稿

子供が歯磨きを嫌がるのには理由があります。
歯が生えてきたばかりの小さい子供の場合、口の中に何か(未知のもの)を入れられるのが怖い・不安ということが考えられるそうです。

他にも歯磨きの力が強すぎて痛い思いをさせてしまったり(特に上唇と歯茎をつなぐ筋部分は歯ブラシが当たると痛いので注意が必要)、親が一生懸命になりすぎて、子供の気持ちをないがしろにしてしまうことも要因に。

実例として筆者息子のケースをご紹介すると、
仰向けに寝かせて手足を押さえて行うやり方↓(下画像のスタイル)

親から歯磨きされて泣く幼児

これが本人にとってはとても苦痛だったそうです。
また眉間にシワを寄せながら無表情で歯磨きする筆者の顔が、怒っているように見えて怖いとも(確かに一度手鏡で自分の顔を覗き込んでみたところ、子供が怖がるのも納得の形相でした…)。

子供が歯磨きを嫌がる場合、一度「どうして嫌なのか」を考えたり、子ども自身の声に耳を傾けることもおすすめです。打開策が見つかるかもしれません。

とは言え、上記のような意見もSNS上では多数見られました。
確かに子供の性格・特性によるところも大きく、嫌がる原因が見つからないことも。

真面目なママ・パパや第一子の時ほど「私のやり方が悪いのだろうか…」と悩みがちですが「子供の個性。以上!」と割り切ることも、案外大切なことかもしれません。

 

歯磨きを嫌がる子供への対策方法

泣かずに歯磨きする子供とママ

では早速ここからは「歯磨き嫌い!」な子供達への対応方法をご紹介していきましょう。たくさん紹介しますので、なにかひとつは効果的なものがみつかるといいですね。

 

歯磨きアプリを導入する

最近では「アプリ」を導入するママ・パパも増えています。
口コミでも話題の『はみがき勇者(対象年齢3歳〜)』は歯磨きをすることでモンスターを攻撃することができる仕掛けになっています。いろんな角度で磨くほど攻撃が大きくなるというから、子供も一生懸命磨こうとするはず。

 

+α機能付きの子供用電動歯ブラシを試す

ポケモン歯ブラシ すみずみクリーンキッズ(3歳〜)』は子供用の電動歯ブラシです。一般的な電動歯ブラシと違うのは、専用ウェブコンテンツにアクセスしながら楽しく歯磨きができること。ゲーム性は低く、2分間歯磨きをすると、ご褒美的な意味合いでポケモンをゲット出来ます。

 

お気に入りの歯ブラシ・歯磨き粉を用意して毎日子供に選んでもらう

歯ブラシや子供用歯磨き粉(ジェル)を数種類用意しておいて、子供に好きなものを選んでもらうというのも、イヤイヤ期には効果てきめんのようです。

なお、歯磨き粉の量には注意が必要で、2歳頃までは切った爪程度(ごく少量)、3歳~5歳は5mm以下を目安とするとよいでしょう。

参考HP:日本小児歯科学会(子どもたちの口と歯の質問箱)

 

虫歯菌との戦いを実演

子供に歯磨きさせる定番テクニックと言えばコレ。なんと筆者も子供時代に父からされた覚えがあります。
今、まさに口の中がバイキンだらけ、虫歯にされそうだ!という臨場感ある実況に、子供はおとなしく(なすすべもなく)歯磨きされることでしょう。

 

ママやパパの歯磨きをお願いし、お互い気持ちをわかり合う

歯の磨きっこが効果ありの場合も。思い切って子供にママやパパの歯磨きをお願いするのも手です。ただし、お互い危なくないように注意する必要があります。
鏡の前で並んで一緒に歯磨きするだけでも満足してくれたケースなどもあるようですよ。

 

例えをよりリアルにしてみる

子供によって「刺さる」言葉は違います。歯磨きをしないことのリスクをいろんな角度、表現で子供に伝えてみるのもいいかもしれません。ただし、楽しくできるのが一番なのであまり怖がらない程度にとどめておきましょう笑。

 

歯磨きの歌をうたう・聴きながらする

歯磨きを嫌がる子供への鉄板ともいうべき対策方法「おうた」。小さな子供ほどママの歌に反応してくれます。人気の曲はNHKのおかあさんといっしょの『はみがきじょうずかな』。時代を越えて受け継がれているはみがき歌です。
他にも『虫歯建設株式会社』、TVアニメはなかっぱの『しゅわぴか☆はみがき』なども子供受け抜群。

 

『しまじろう』投入

乳幼児の歯磨きには、ベネッセこどもちゃれんじ『しまじろう』のはみがき教材が効果的な模様。
こどもちゃれんじは歯磨きにとどまらず、文字の学習や生活全般のルールなど年齢に応じて今必要なこと・教えたいことに寄り添ってくれる内容なので、幼児教育に興味のある方にもいいかもしれません。

 

歯磨き絵本を読む

絵本により歯磨きの必要性を感じてもらったり、リラックスした時間を挟むことで、子供も楽しく歯磨きができるようです。
例えはみがきが好きにならなかったとしても、読み聞かせの時間は子供にとっても親にとっても幸せな時間(辛いときは1行飛ばしもありです笑)。
ぜひ試してみてください。

▼人気のはみがき絵本を厳選しました▼
歯磨きタイムが劇的改善!子供のやる気を引き出す鉄板絵本10選

 

ご褒美導入1キシリトール

歯磨き後に食べてもOKのキシリトールタブレットなどを、ご褒美として準備するママも増えています。歯医者さんなどではキシリトール100%のタブレットやチョコレートを扱っている場合もあります。定期検診のタイミング等で相談・購入するのもおすすめです。

 

ご褒美導入2シール

なぜ子供はシールが好きなのか…そんな子供の特性を利用してやる気を引き出す方法です。子供は達成感を味わえて虫歯菌にもバイバイ。ママもイライラせずにすみますからwinwin♡

トイトレ・歯磨き・お手伝い…etc.ご褒美シールはかなり長期にわたって活躍しますので、買っておいて損はなし。

▼シール・台紙をチェック▼
トイトレにお悩みのママたちへ。シールを活用してみよう!
ご褒美シール台紙をWANTED! 無料素材・手作り・購入ぜんぶお任せ!

 

歯磨きの習慣をつけて子供の歯を守るのも親の務め

虫歯のないきれいな歯で笑う子供

いろんな「歯磨きイヤイヤ」対処法をご紹介しました。「昨日は◯◯の方法で効果があったけど、今日は全然だめだ〜(涙)」、もしかしたらそんな日もあるかもしれません。でも、いつか必ず泣かずに嫌がらずに歯磨きができるようになる日は来ます!
それまで大変ですが、幼い子供の口腔環境を健全な状態に整えてあげられるのは親しかいません。どうかくじけることなく頑張っていきましょうね。

 

Writer’s Profile この記事を書いた人

Bitnami