PILOT「スイスイおえかき」自分より大きい絵を描こう♪

PILOT「スイスイおえかき」自分より大きい絵を描こう♪

子どもはお絵描きが大好き。

紙とクレヨンを渡し、自由に絵を描かせてみると、、

床で子供がお絵描き

あらら?いつの間にか紙からはみ出して、床にまで描いてしまっている!?

どうやら、子どものキャンパスにはA4の紙じゃ小さすぎたみたい。

 

子どもの感性を育てるためにも自由に大きく絵を描かせてあげたい。

でも、大きな紙を用意するのは意外と大変。

そして、床や服、家具などが汚れてしまうのも、ただでさえ忙しいママにとっては辛い。

どうしよう??

 

そんなお悩みを解決するおもちゃが実は販売されています。

それが、PILOT(パイロット)「スイスイおえかき」

PIROTパイロット「スイスイおえかき」

 

今回は「スイスイおえかき」とは何か?また、5歳の女の子、1歳半の男の子が実際に遊んでみたら??レビューをお伝えします♪

Contents

PILOT「スイスイおえかき」とは

PIROTパイロット「スイスイおえかき」

PILOT「スイスイおえかき」とは、床に大きなシートを広げて、水でおえかきができるおもちゃです。

 

箱を開けてみると、、

PIROTパイロット「スイスイおえかき」

PIROTパイロット「スイスイおえかき」

大きなシート(約100×78cm)1枚とペン1本、スタンプ3つ、ローラースタンプ1つ、スタンプパッド1つが入っていました。

 

PIROTパイロット「スイスイおえかき」の水ペン

専用水ペンに水を入れ、スタンプパッドにもお水を入れます。

 

PIROTパイロット「スイスイおえかき」で絵を描く子供

水でおえかきができるので、床や家具、服や手を汚さずにのびのびとお絵描きを楽しむことができます。

 

PILOT「スイスイおえかき」の特徴

PIROTパイロット「スイスイおえかき」で絵を描く子供

水で書くから汚れない!

床で思い切り絵を描いてシートをはみ出しても大丈夫♪水だから、お部屋を汚しません。

 

乾くと消える!

描いたものは乾くと自然と消えるので、繰り返し何度でもお絵描きを楽しむことができます。

 

お絵描きだけでなくスタンプ遊びも楽しめる!

専用スタンプの他にもお持ちのスタンプもインクの代わりに水をつければ押して楽しめます。

 

色覚えができる!

お絵描きシートは4色に色が分かれているので、描く場所によって色が変わります。お絵描きしながら楽しく色を覚えることが出来ます♪

 

ぬりえ遊びが楽しめる!

シートのお絵描き部分には下に絵が隠れています。小さなお子様がぐちゃぐちゃっと描いても下からイラストが出てくるので、簡単なぬりえ感覚で楽しめます。

 

芸術的な発想が広がる!

水で色が変わる仕組みなので、ペン・スタンプの他にも、手型・足型、タオルや歯ブラシなど、何を使っても絵を描くことが出来ます。今度はこれを使って描いてみよう♪と発想が豊かになります。

 

実際に子どもにPILOT「スイスイおえかき」を与えてみたらレビュー

我が家の子どもたち2人が「スイスイおえかき」で遊んでみました!

5歳女の子と1歳半男の子、どんな反応を示すでしょうか??

PIROTパイロット「スイスイおえかき」で絵を描く子供

我が家に新しいおもちゃが来たので興味津々の2人。

 

PIROTパイロット「スイスイおえかき」で絵を描く子供

水ペンに水を入れ渡すと、まずは姉からうさちゃんを描き始めました。

弟はじっと観察しています。

 

PIROTパイロット「スイスイおえかき」で絵を描く子供

「スタンプはこうやるんだよ。」

お姉ちゃんはスタンプパッドの存在を伝えますが、弟はローラーに夢中。

水をつけていないローラーを転がしていますw

 

PIROTパイロット「スイスイおえかき」で絵を描く子供

「あれ。僕のは跡がつかないのに、お姉ちゃんのは絵が描けてる。。」

ということに気づいた様子。姉が使い終わったペンの存在に気づきます。

 

PIROTパイロット「スイスイおえかき」で絵を描く子供

ペンをゲットした弟は、ぐしゃぐしゃと絵を描き楽しみます。

姉は、弟が手放したローラースタンプで遊びます。

 

PIROTパイロット「スイスイおえかき」で絵を描く子供

楽しそうだったので、私もペンをちょっと拝借して、息子が描いてる横に、息子のイラストを。。

(完全に自己満です。はい。すみませんw)

ペンはちょうどいい水の出具合で、ドバッと出すぎることはなく書きやすかったですよ。(ついでに描き心地チェック♪)

 

PIROTパイロット「スイスイおえかき」で絵を描く子供

下からイラストが出てくることを発見した娘は、シートを全面濡らすことに執念を燃やし始めました。

息子は飽きたようで、フェードアウト。どこかに行ってしまいましたw

 

ペンよりも効率がいいスタンプパッドを、ゴシゴシとシートに擦り付ける荒技を披露している娘。

こすりすぎてスタンプパッドの不織布部分がケバケバしてきそうだったので、途中でストップ!

 

「スタンプパッドじゃなくて、濡らしたタオルの方がすぐ全面濡らせるよ。」

 

とタオルを差し出し、シート全面雑巾掛けみたいに拭いて、本日はフィニッシュ!!

 

思う存分、おえかきした後の子どもたちは満足げでした。

よかったよかった♪

 

実際に遊んでみて分かったPILOT「スイスイおえかき」の長所と短所

実際に子どもたちで遊ばせてみて分かった長所と短所をまとめます。

<長所>

・シートからはみ出しても、水なので汚れない。

・安心しておえかきさせられるので、親の精神的にハラハラせずに見ていられる。

・子どもたちも大きなキャンバスで絵がかけて嬉しそう。

・乳児が仮にペンを加えても水だから安心。

・遊べる年齢の幅が広い。1歳半くらい〜おえかきが好きなら何歳までも遊べる。

 

<短所>

・1歳半くらいだと、スタンプパッドの概念がまだ理解できなかった。(あくまでうちの子の場合。ペンだと遊べた。)

・乳児だとペンやスタンプを口に加えてしまう。(水でよかった。。でもペン先は噛んでしまうとすぐ傷む。)

・ペンは消耗品なので、激しく遊ぶ子には別売りの単品水ペンを買ったほうが良さそう。

 

短所は、その子の年齢や性格によってな感じですね。

スイスイおえかき、いいところばかりだったので、短所をひねり出すのが大変でしたw

年齢差のある姉弟でもどちらも楽しく遊べて、親も安心!!

おえかき大好きなお子様だったら、絶対楽しめるはずですので、是非チェックしてみてくださいね♡

ではでは。

スイスイおえかき 楽天通販ページ

 

Writer’s Profile この記事を書いた人

TOMの記事一覧