道端アンジェリカ × smarby 授乳ケープ

2019年2月28日(木)21:00〜発売

Concept

「可愛いくておしゃれな授乳ケープが少ない!!」昨年7月に道端アンジェリカさんがママになって気づいたことでした。市場には花柄などのオーソドックスなものが多く、可愛くておしゃれな授乳ケープがなかなか見つからなかったそうです。
そこで、スマービーは従来の常識をくつがえす、シンプルでインパクトのあるデザインを採用。着用するだけで授乳中のママがおしゃれに見えるケープが完成しました。「着用するだけで気分がアガる授乳ケープで、全国のママたちにもっと子育てを楽しんでほしい」という道端アンジェリカさんの思いが込められています。

Point

This milk is sooo good~(このミルク最高〜)

遊び心のあるメッセージをデザインに

授乳ケープには、赤ちゃんの気持ちを表現したクスリと笑える2種類のメッセージが書かれています。ママに子育てを楽しんでもらいたい、というアンジェリカさんの遊び心が一番のポイントです。

誰もが“クスッ”と温かい気持ちで笑えるようなデザインにしたかったんです。だってそのほうが、みんなハッピーな気持ちになれるし、子育てがもっと楽しくなると思うから。

Dad!! Don't steal my milk!!(パパ!僕の(私の)ミルク盗まないで!)

赤ちゃんとママに配慮したワイヤー入り

アンジェリカさんの強いこだわりで、授乳ケープの首元にはワイヤーを入れました。赤ちゃんが暑がらないように、またママと赤ちゃんが授乳中に目を合わせられるようにと配慮されています。

ママの両手が塞がっていても赤ちゃんの顔がちゃんと見えるように“ワイヤー入り”は絶対条件でした。ワイヤー入りなら赤ちゃんの様子を簡単にチェックできるし、赤ちゃんもママの姿が見えるから、とても安心してミルクを飲めるみたい。

赤ちゃんにとって心地よい生地

ハリの強い授乳ケープが多い中、今回の授乳ケープはとろりとした柔らかい肌触り。生地には絹のような触り心地のリヨセル(再生繊維)を使用。赤ちゃんが触っても心地よい素材で、少し肌寒い時期に赤ちゃんのブランケットとしても使えます。バッグに入れてもかさばりません。日本製にもこだわりました。
(素材:リヨセル(再生繊維)95%ポリウレタン5%)

“赤ちゃんが呼吸しやすいように、気持ちよく過ごせるように”という想いを最優先。この授乳ケープをわたしのベビーと一緒に初めて使ったとき、ベビーはこの生地を掴んでずっと離さなかったんですよ(笑)。この反応を見たときには“ヨシッ!”と思いましたね。

Interview

2018年7月に第一子となる男の子を出産した、モデルの道端アンジェリカさん。
自身の出産・子育ての経験を踏まえ、授乳ケープを初プロデュースすることに。

アイコンタクトを取りながら授乳できるのは、
ママはもちろん、赤ちゃんにとっても安心材料

今の私にとって、いちばん楽しくて幸せな時間は、ベビにおっぱいをあげているとき♡。おっぱいを一生懸命吸っている姿も、お腹が空いて“おっぱいがほしい!”と興奮している様子も、すべてが愛おしくて仕方ないんです。だから、授乳中はずっとベビの顔を見ているし、頭も撫でちゃう! 授乳ケープを作るお話をいただいた当初から、ママの両手が塞がっても赤ちゃんの顔がちゃんと見えるように“ワイヤー入り”は絶対条件でした。

ワイヤー入りなら赤ちゃんの様子を簡単にチェックできるし、赤ちゃんもママの姿が見えるから、とても安心してミルクを飲めるみたい。私のベビもこの授乳ケープを使い始めてからは、授乳中にぐずることがなくなりました。

ワイヤー入りのものは風通しが良いから、心地いい授乳タイムを過ごせるのもポイントなんですよ。そうそう、この授乳ケープのワイヤーの長さは、日本人女性の平均身長160cm前後に合うように作っているんですよ。短すぎず長すぎず、赤ちゃんと視線を合わせながら授乳できるうえ、周囲からおっぱいがチラ見えする心配もナシ♪

ちなみに、生地のサイズが大きめだからこそ、ブランケットとしても使えるんですよ。

育児中は何かと荷物が多くなりがちだから、ママの負担を少しでも減らしたくて2wayタイプにしたんです。

オシャレだから授乳中も悪目立ちしない。
周囲も幸せな気分になれるものを作りたかった

この授乳ケープに使われている生地は、伸縮性があって肌触りも本当になめらか!この授乳ケープをベビと一緒に初めて使ったとき、ベビはこの生地を掴んでずっと離さなかったんですよ(笑)。“赤ちゃんが呼吸しやすいように、気持ちよく過ごせるように”という想いを最優先にして作ってきたから、息子のその反応を見たときには本当にうれしくて“ヨシッ!”と思いましたね。あと、ママ自身が授乳を楽しめるように、デザインにはかなりこだわっています。私、授乳ケープを作るなら絶対に“メッセージ性があるもの”にしたかったんです。なぜなら、授乳ケープには柄物が多いから。ママだって周囲とカブらないようなおしゃれがしたいし、授乳ケープのデザインにももう少し幅がほしいな〜と思っていたんです。

「授乳ケープのデザインにもっとファッション性があったら、どんな場所でも浮かないし、引け目を感じずに授乳できるはず!」と、考えたんです。

この授乳ケープを使っているママの姿を見て、誰もが“くすっ♪”と温かい気持ちで笑えるようなデザインにしたかったんです。だってそのほうが、みんなハッピーな気持ちになれるし、子育てがもっと楽しくなると思うから。色選びに迷ったら、大人っぽさを求める人にはネイビーをおすすめします。トレンドを重視したかったりカジュアルに使いこなしたい人には、今年の流行色でもあるオレンジが合うと思いますよ。

落ち込んだときはファッションや
美容に癒されるのも、育児のコツです

子育ても結局は、自分や赤ちゃんとの相性が大切。お互いが心地いいと思える手段を選んでいけばいいと、私は思うんです。なので、私は海外の情報でも“これ、良さそう!”と思ったら、とりあえず試してみます。その結果、『これはうちらに合っているね!』とか『やっぱりやめておこうか〜(笑)』とか、ベビの反応を見ながらいろいろ相談して、私たちにマッチしたライフスタイルを見つけるようにしています。私は子育てを始めてから、ベビが泣いてもぐずってもイライラしたり焦ったりした覚えがないのですが、それはいい意味で“無理をしない、型にハマらない”ことがよかったのかも。

毎朝6時前後に起きて、子供がまだ寝ている間に5キロのランニングへ出かけます。帰ってきて授乳をしたら、パパにベビを見てもらう1時間でお風呂へ入り、ドラマを見ながら半身浴をしたり、パックをしたり、濡れた肌にも使える保湿オイルを全身に塗ったり…etc. お風呂から上がったらスキンケアからボディケアまで、すべて完了している状態です(笑)。出産してから、朝のスキンケアを頑張ることにしていて、夜はスプレータイプの化粧水をさーっと吹きかけて、ナイトクリームを塗るのみ。子供が眠ってからゆっくりやろうと思うとなかなか寝つかなかったり、一緒に寝落ちしちゃったときに罪悪感を覚えそうだから。

育児初期のママはもちろん、仕事が忙しくて一刻も早く寝たいワーキングママにもおすすめです。結婚や子供の有無、年齢に関係なく、女性は肌がキレイになったり、メイクやファッションがキマると、自然と気分が上がる生きモノなんですよね。それはとても幸せな本能であり、疲れたときこそ頑張れば、赤ちゃんの前でも常に笑顔でいられるし、育児がもっと楽しくなる。この授乳ケープを作るにあたってファッション性にこだわった理由のひとつは、とにかくママがハッピーな気持ちで毎日を過ごしてほしいからなんですよ。

Products

smarbyでしか買えないアンジェリカさんのオリジナルデザイン授乳ケープ

DAD!!DON'T STEAL MY MILK!!
パパ!僕の(私の)ミルク盗まないで!
5,500円(税抜)
THIS MILK IS SOOO GOOD〜
このミルク最高〜
5,500円(税抜)

Information

道端アンジェリカ

1985年生まれ。福井県出身。
ファッションモデルとして様々な雑誌、広告にて活躍。
クリマクロビオティックス・コンシェルジュの資格を持ち、美容や健康についての情報発信も注目される。
2018年7月に第一子の男児を出産。
2018年12月に出版した妊娠から出産後のマタニティブック「無理をしない アンジェリカ流『ベビ活』」も話題。

smarby

smarby(スマービー)は、子供服・ベビー服を中心としたファッション通販です。
smarby は育児に忙しいパパ・ママの味方。
「忙しくてなかなか買い物に行けない」「せっかく行っても子供と一緒だとゆっくり選べない」そんな悩みをもつママにお買い物を楽しんでいただいています。

プチプラからデザイナーズまで、取り扱いブランド実績1000以上。普段はちょっと手が出ない国内外のおしゃれなブランド子供服を、店頭で購入するよりもお得なプライスで手に入れることができるタイムセールも毎日開催中!

ママのライフスタイルを豊かにするために、可愛くておしゃれな子供服・ベビー服はもちろん、マタニティからママのお洋服、インテリア雑貨までママ目線で納得いくものをセレクトしています。

smarby
https://smarby.jp/